ピーター・バラカンに訊く!映画『ランブル』とその奥に潜む音楽エンターテインメントと人種差別問題

「Whole Earth Station FM COCOLO」ならではのコンセプトとメッセージを込めて、さまざまなトピックを取り上げていく日曜の朝6時からの1時間プログラム『Whole Earth RADIO』。グローバルも、ローカルも。歴史上の存在や出来事から、地元で/世界で現在進行形の取り組みまで、“Whole Earth”と“SDGs”の視点から紹介しています。

13日(日)はブロードキャスターのピーター・バラカン氏をお迎えしお届けした1時間。バラカン氏が字幕監修を担当した公開中の映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』とその奥に潜む、音楽エンターテインメントと人種差別問題について話を伺いました。

実は「Black Lives Matter」よりも深刻だとも言われる「インディアン」に対する差別問題。映画では、音楽をきっかけに人種・移民・難民問題を考え、音楽にできることは何か?を問いかけています。

1950年代後半、アメリカが保守的な時代にインディアンの血を引くリンク・レイによって生まれた曲「ランブル」は、インストゥルメンタルでありながら「少年犯罪を助長する」という理由で放送禁止に。ブルース、ジャズ、ロック、ヒップホップなど今私たちが聴いている音楽のルーツは、そこにあり、またイギー・ポップ、スティーヴィー・サラス、ジェフ・ベックらも多大な影響を受けたとされている音楽のルーツがインディアンの音楽であることは、あまり知られていない。

この映画は専門的な知識がなくても楽しめると語るバラカン氏の丁寧な解説をお楽しみください。
 

【お送りした曲】
Link Wray「Rumble」
Taj Mahal「Statesboro Blues」
Kora Jazz Band「Oye Como Va」
Bettye LaVette「Strange Fruit」
John Scofield「That's Enough」

 

Whole Earth RADIO
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週日曜 6時00分~7時00分
出演者:DJ:八木早希 ゲスト:ピーター・バラカン
番組ホームページ

※この番組は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ