山梨県内の経済について日銀甲府支店の水野支店長に訊く

FM FUJIの番組『Bumpy』木曜日のコーナー「CLOSE UP TODAY」(毎週木曜、17:35頃~)の6月23日のオンエアに日銀甲府支店の水野裕央支店長が出演。山梨県内経済の最近の状況について分析を紹介しました。

麻耶:水野支店長は日銀でどのようなお仕事をされているんでしょうか?

水野:まず、日銀の支店の仕事を簡単にご紹介させていただきますと、1つめは、お札に関する仕事です。皆さんの財布に入っておりますお札、良く見て頂くと日本銀行券と書いてあります。日本銀行はお札を発行し、お札が世の中で流通すると金融機関を通じて日本銀行に戻ってきます。戻ってきたお札は、偽札がないかをチェックし、汚れ度合いをみて再度流通してもよいかを確認します。また災害等で傷んだお札の引換えを実施しています。

2つめは、銀行の銀行や政府の銀行の仕事です。金融機関が日本銀行に当座預金を設けることで、日本銀行は、金融機関に資金を決済するサービスを提供しています。日本銀行には、政府の預金も設けられていて、国税や社会保険料などの国の資金の出納、計理、管理などを行っています。

3つめが、地域の金融経済動向の把握と情報発信です。4つめが、各都道府県に設置されている金融広報委員会の山梨県の事務局として、金融・金銭教育活動を行っています。

支店長は、これらの運営を統括していることに加え、地元の方々との間で財界の会合に出席したりして関係構築を図り、県内の金融経済情勢の情報を収集したり発信したりしています。

「金融経済概観」とは

麻耶:さて、日銀甲府支店では、6月22日に「山梨県金融経済概観」6月分を発表されましたが、この「金融経済概観」とは どのようなものですか?

水野:県内の金融経済動向の情報発信の1つでして、統計を分析したり、県内の企業の方々にお話しを伺ったりしながら、毎月1回「山梨県金融経済概観」という形でまとめて、公表しています。

麻耶:ホームページを拝見したんですけれども、県内の経済について天気マークやグラフを使ってすごくわかりやすく把握できるようになっていますよね。6月22日に発表した「金融経済概観」では全体として山梨県内の景気についてどんな判断になりましたか?

水野:いつも総括判断としてまとめた文章を書くのですが、「新型コロナウイルス感染症や資源価格上昇の影響などから一部に弱さもみられるが、基調としては持ち直している」という判断をしました。

麻耶:業種別ごとの好調・不調はいかがですか?どのような業種が好調といえるでしょうか?

水野:製造業、非製造業別にお話しをしますと、製造業については、全体としてみると、旺盛な需要の下、山梨県でウエイトの高い半導体関連や電子部品を中心に、業種間や協力会社などに裾野を広げながら回復を続けています。能力増強投資や生産性向上などの設備投資へも波及しており、現時点で前向きな流れが続いています。ただし、順風満帆かというと、企業の皆様は大変ご苦労されていて、半導体不足や中国のロックダウンの影響で、原材料や部品が調達できない状況が長引いています。また、原材料価格や資源価格を製品価格に転嫁できない中小企業や小規模企業の方も多く、収益面でご苦労されています。

非製造業については、資源価格上昇などのマイナスの影響を受けているのですが、一方で、感染症が落ち着いているため、プラスの影響もあります。これまで感染拡大下で抑制されていた旅行、外出や外食などの経済活動の動き出しにより、サービス消費を中心に持ち直しの動きが見られています。ただ、こちらも全てが良い方向に向かっているかというと、いくつかの分野では、コロナ前に比べ依然として弱さもみられています。例えば、自動車販売では、半導体不足に加え、中国ロックダウンの影響も加わり、自動車が納車されずに困っています。また、団体旅行を対象とした宿泊施設、貸切バス、大規模な宴会などの夜の飲食などでは、感染症が収束したわけではないので、元に戻るためにはもう少し時間がかかりそうです。

それから、県内よく見てみますと、畜産業では、ウクライナ情勢に伴う資源・穀物価格上昇から、飼料代や光熱費負担が上昇し、大変ご苦労されています。

今後の見通しは

麻耶:今後の見通しについてはいかがでしょうか?山梨県経済を左右するような要素としては どのようなものがありますか?

水野:持ち直しの基調にはありますが、いくつかの観点で慎重にみていく必要があろうかと考えています。1つめは、感染症の動向です。世の中の雰囲気はこれからがウィズコロナだという空気もありますが、感染症に振らされてきた2年間ですので、予断は許しません。2つめは、半導体などの部品不足、原材料不足などの解消がどうなるかという点です。3つめは、資源・穀物価格の上昇の影響です。最後に為替の影響です。こうして点に注意しながら、県内の企業の方などからお話しを伺い、これらを注意深くみていく必要があります。

麻耶:色々と課題はありますが、全体として持ち直しているということですから、これがグッと上がっていくといいですよね。

水野:そうですね。

日本銀行甲府支店

Bumpy
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~18時50分
出演者:渡辺麻耶
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ