ジビエがSDGsの課題解決につながるのはどうして?

渡辺麻耶が木曜日のDJを担当するFM FUJIの番組『Bumpy』(毎週月曜~木曜、13:00~18:50)で新コーナー「やまなしジビトーク」(木曜、16:35~)がスタート。FM FUJIでは「みんなの2030 つくるみらい・つなぐみらい」の取り組みの一環として、山梨でジビエにかかわるみなさんとともに、魅力的なジビエの商品開発をスタートさせることになりました。この新コーナーでは商品開発を進めるとともに、ジビエに詳しい方にいろいろなお話を伺っていきます。10月7日のオンエアには山梨県農政部畜産課の金高弘志課長補佐が電話出演。山梨県がジビエを推進する理由を紹介しました。

麻耶:山梨県ではどうしてそのジビエの生産や消費を拡大しようとしているんでしょうか? 

金高:野生鳥獣による農林業への被害っていうのがある中で、被害防止や個体数調整のために山梨県内でも野生鳥獣を捕獲しています。で、特に山梨県では捕獲等数の多いニホンジカについてなんですが、命を無駄にせずに貴重な天然資源として捉えて活用を推進しているところです。「ワイン県山梨」としてワインによく合うジビエを、新たな食文化としてジビエ料理や加工品などの素材に有効活用することで地域資源の好循環の実現、SDGsにも合致する取り組みとして、県としては推進しているところです。 

麻耶:なるほど。ジビエをいただくことが良い循環にもつながるんですね。先ほど鳥獣被害の話も出ましたが、例えば具体的には現状どのような鳥獣被害が出ているんでしょうか? 

金高:そうですね。鳥獣被害としては山梨県は果樹も多いということもありまして金高:そうですね。鳥獣被害としては山梨県は果樹も多いということもありまして果樹とか野菜などを食い荒らしてしまいまして、商品として出荷できなくなったりということと、あと林業の方においても木々の皮を食べてしまいまして、枯らしてしまうなどの被害が出ています。捕獲によって被害額の方は減少傾向にあるんですけれども、令和2年度でもシカによる農林業被害だけで約1億4000万円と農林業に与える被害はとても大きなものになっております。

麻耶:1億円を超えてるんですね!そう考えると、大きな被害ですもんね。

ジビエの生産はどのようなことが求められるの?

麻耶:ジビエを生産するためには、どんなスキルを持った方や、どんな設備であったり、仕組みが必要なんでしょうか? 

金高:捕獲した野生鳥獣をジビエとして食肉利用する為には衛生的な取り扱いを行う事が大切なことになります。そのため、解体処理は食品衛生法での食肉処理業の許可を得た施設で行うことになっています。時間が経つと傷みが進んで食肉に適さない肉になってしまうというところから、施設に捕獲した個体をできるだけ早く搬入することも大切になっています。また、施設においてジビエを生産する方、この方々は食肉処理する段階で一頭一頭病気がないかとか、異常がみられないか確認する、そういったスキルが必要になってきます。 

麻耶:スピード感だったりとか、肉処理の仕方で美味しさも変わるって言いますもんね。ヨーロッパでも、すごくジビエって愛されていて、いろんな意味で「贅沢」っていう表現をされるんですけど、その理由が分かる気がしますね。 

金高:さらに山梨県ではジビエを消費者や飲食店、食品業界の方に安心して活用していただくために、平成29年に鹿肉の安全安心を担保する山梨県独自の認証制度を創設しています。この認証制度では、より安全で高品質なジビエを供給する仕組みとなっていまして、定期的な微生物検査や放射性物質検査、そして野生動物ということで狩猟の流れ弾とかが当たっている可能性もあるので、そういったものが混入していないか、金属探知機による検査を行うこととしています。 

麻耶:厳しいチェックがあるからこそ美味しく安全に山梨県内のジビエがいただけるんですね。そんな県内のジビエなんですが、生産体制はどれくらいできてるんでしょうか? 

金高:今お話しした県でやっている認証制度、「やまなしジビエ認証」というんですが、こちらの認証を受けている施設は5カ所あります。これらでは年間最大で約1000頭の処理を行っています。 

麻耶:ジビエの生産や消費の促進のために県としては、どのようなことを行っているんですか? 

金高:県ではジビエ処理を行う施設の整備についても支援をしたり、生産拡大するとともに、これまでジビエの取扱店に参加してもらったジビエフェアやジビエの料理コンテストを開催するなどして消費拡大にも取り組んできました。 

麻耶:いろんなジビエ料理が、今アイディアとして生まれているわけですね。 ジビエの生産や消費の拡大に関して、県民の皆さん・県外の方にどんな事を呼びかけたいですか? 

金高:県では「美味しく楽しく、ワインによく合う」ということをコンセプトにジビエの生産消費拡大に取り組んでいます。ジビエは美味しいだけでなく被害防止や個体数調整の為に捕獲した命を無駄にせずに活用するというSDGsに合致した取り組みでもありますので、県内にもジビエを取り扱う飲食店が数多くありますので、ぜひ一度お試しいただいてリピーターになっていただけたらと思っております。 

麻耶:ワインも、そしてジビエもさらに山梨の魅力になっていってくれたらうれしいですよね。 

Bumpy
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~18時50分
出演者:鈴木ダイ(月)、上野智子(火)、石井てる美(水)、渡辺麻耶(木)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ダイピー」(月)、「#ばんぴーのとも」(火)、「#てるぴー」(水)、「#ばんまや」(木)

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

【みかんジュース飲み比べ】オレンジ不足の今、美味しい“みかんジュース”を探せ!

ニュースでも話題になっていますが、実はいま、オレンジジュースが世界的にも危機的な状況になっているのを
ご存知でしょうか?一部のメーカーでは、値上げをしたり、一部サイズの販売を休止にしたり、さらには、原料がなくなり次第、販売自体を休止するといった事態にまで追い込まれています。

なぜ、オレンジジュースが危機的なのか?
オレンジの主要な輸入先であるブラジルでの不作が原因の一つにあるそう。特に2021年以降、ハリケーンや大雨など悪天候が重なった上、カンキツグリーニング病のまん延などの影響で不作が続いているんだそう。世界的な果汁不足に加え、日本では円安が重なって、販売休止や価格の高騰が相次いでいます。

こうした状況を踏まえ、「みかん果汁」がブレンドされたものも発売されているんです。
例えば、セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランド、セブンプレミアムからは、みかん果汁と混合した「オレンジとみかん果汁100%」が発売されています。

こちらは、オレンジにうんしゅうみかんがミックスされた果汁100%の濃縮還元ジュースで、お値段は税込203円。

果汁100%と一口に言っても、「濃縮還元」と「ストレート果汁」と2種類がある!
まず、「ストレート果汁」とは・・・搾った果汁を加熱殺菌し、そのまま詰めたもの。

「濃縮還元」とは・・・
搾った果汁を、加熱したり、真空状態にしたり、凍結させたりするなどして含まれる水分を飛ばし、ペースト状に濃縮させた後、再び水分を加え元の濃度へと還元させたもの。
⇨濃縮してペースト状にすることで、輸送コストを抑えることができる上、長期保存が可能になったり、味の調整ができるため、年間を通して一定の品質を保つことができるんだそう。


「えひめ飲料から発売。ポンジュース!!」

愛媛を代表するお馴染みの「ポンジュース」!
うんしゅうみかんとオレンジをミックスした果汁100%の濃縮還元ジュース。
・・・なんですが、実は、果汁100%ジュースになってから、55周年を迎えた今年4月にリニューアルをしていたんです。どこをリニューアルしたかというと、みかん果汁の甘みをプラスし、みかんのおいしさをより引き立て、まろやかに仕上がるよう柑橘ブレンドを追求したそうです。

実は、パッケージも少しリニューアルしていて、パッケージの下の方に「オレンジみかんジュース」と表記していたんですが、リニューアル後は、みかん果汁の配合の方が増えたので、「みかんオレンジジュース」となっているんです!800mlでお値段は、税込430円ほどです。

「ポンジュース の裏切らなさがすごい!美味しい!」


「無印良品から発売。果汁100%ジュース みかん」

うんしゅうみかんを使った果汁100%の濃縮還元ジュースです。
195gでお値段は、税込140円です。

「うまい!身近なみかんの味がする!」

「愛工房から発売。宇和島みかん!」

うんしゅうみかんを使った果汁100%のストレートジュースです。
成城石井などで購入することができて、125mlでお値段は税込161円です。

「美味しい!友達にちょっとプレゼントするのにちょうどいいかも!」

「ワオコールドプレスオーチャードから発売。マンダリン!!」

マンダリンは、日本でいう「みかん」のことだそう。
こちらも果汁100%のストレートジュースです。
成城石井やマルエツなどで購入することができ、215mlで税込388円ほどです。

「美味しい!けど、知っているみかんの味というより、“マンダリン”って感じ!」

2人「幸せになれるのは、宇和島みかん!!」

皆さんもお気に入りのみかんジュースを見つけてみてはいかがでしょうか?

Facebook

ページトップへ