いきものがかり・水野、MステSP「空白の5分間」の裏側を語る

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜ナビゲーター:水野良樹)。10月21日(月)のオンエアでは、10月18日(金)放送の『ミュージックステーション』3時間SPで行われた楽曲制作の裏側について語ったほか、デビュー当時のリアルなお金事情を明かした。


■水野、MステSP「空白の5分間」を語る

水野は、10月18日(金)に放送された『ミュージックステーション』の3時間SPに出演。番組エンディングに用意された「空白の5分間」に披露する楽曲を、生放送中に制作するという難題に挑戦した。歌手の一青窈が作詞と歌唱を担当したオリジナル楽曲『きりん』の制作の裏側とは?

水野:本当にガチなんすよ。一青窈さんが事前に歌詞を書いてきてくださって。その歌詞も事前に書いたにも関わらず、本当に見てないの(笑)。本当に見せてくれないの。一緒にやってくれたサポートミュージシャンの皆さんも「ちょっとパクってこようか」みたいな(笑)。「事前に見たほうがいい」って言って、「一青さんの楽屋から取ってくるよ」って言った人も何人かいたんです。

結局、水野は事前に歌詞を見ることができなかったそう。オープニング終了後の楽屋で、一青窈が書いた歌詞を初めて見たという。

水野:楽屋に戻って、そこで初めて一青さんに歌詞を渡されて。2パターンくらいある歌詞を見て「どっちにする?」みたいなところから始まって。いやー本当にね、危なかったね。行きかけたね(笑)。どこかへ行きかけたね。


■初めて印税が入ったときの思い出

水野は他にも、リスナーから届いた「自分の欲望のために100万円使うなら何に使う?」というメッセージに回答。水野は、デビュー当時にもらった、初めての印税の思い出を語った。

水野:印税って、曲が出てから結構後に来るのよ。半年とかもっと先とか、システム上ね。デビュー曲『SAKURA』の印税が来るのが半年後くらいなのね。その間が1番きつかったね(笑)。

デビュー曲『SAKURA』で注目を集めた頃も金欠で苦労していたという水野は、初めて印税を手にした当時の状況を明かす。

水野:お給料が入って、ウキウキしながらATMに行きましたよ(笑)。これでお金を下ろせると思ってね。そしたらね、印税が入ってたの! そのときは20~30万円だったかな。2000円しかないところから30万って、もう回復ですよね(笑)。それで少ない額ですけど、親に借金を返すわけよ。そうすると、(お金が)無くなっていってね、また極貧を迎えるわけですよ(笑)。

そして翌月の給料日、水野は支給された金額に衝撃を受けたという。

水野:通帳を見たら、頭に1っていう数字が見えたのよ。「あれ、10何万か?」って思ったら、桁がひとつ多かったのよ。「おおあぁ!」みたいな。その衝撃たるやないよ。10万の桁だと思ったのが、100万の桁だったんだよね。もう衝撃よ、衝撃。

突然の大金を手にした水野。しかし、100万円の使い道は意外にも......。

水野:何に使ったのかな? 滞納してた家賃とか、返済するものばかりだったね(苦笑)。でもなんか、スッキリしていくのが良かったのかな。

ほかにも、水野は両親にプレゼントを贈ったという。

水野:たまたま両親の結婚記念日が、ちょうどその月の後だったのよ。しかも25周年で。でね、息子はね(笑)、ペアの時計を買って贈ったんですよ。初印税みたいなもので。キレイなことも一応ね。あのときの衝撃っていうのはすごかったですよ。

水野良樹の『SPARK』は毎週月曜の24時から。お楽しみに!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

タグ

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ