公開録音ライブ&トーク!和田唱「父親サンタとの思い出」

写真左から和田唱、渡辺麻耶 ©InterFM897

様々な国とジャンルの音楽、トレンドトピックス、ヘルス&ビューティー情報、ゲストインタビュー、そして東京に住む人々との交流をお届けするInterFM897、週日あさのEnglishプログラム『THE GUY PERRYMAN SHOW』。11月14日は、和田唱をゲストに迎えて先日おこなった「たま△ありタウン けやきひろばイルミネーション2019-20 FANTASTICS CARNIVAL~音と光で奏でる、星降る森のカーニバル~ InterFM897公開収録 SPECIAL LIVE & TALK」の模様をお送りしました。聞き手は、渡辺麻耶です。

サンタさんから直筆の手紙?クリスマスの思い出

渡辺麻耶(以下、渡辺):素敵なイルミネーションが輝く中でのライブでしたが、いかがでした?

和田唱(以下、和田):なかなかこういうのないですからね。ちょっと夢の世界にいるような感じというか、曲の世界に入り込める感じでね。よかったです。

渡辺:景色と音楽がリンクするとより響くところってあるじゃないですか。

和田:すべてのライブ会場にイルミネーションつけたいなって今、思ってますね(笑)。

渡辺:クリスマス近づいてきたなって季節ですけど、この埼玉けやきひろばのイルミネーションはバレンタインまで開催しています。あちらのマジックボックスのプロジェクションマッピング見ました?

和田:見ました。ここからでも見えますし、映像でも先ほど見させていただきました。

渡辺:ストーリ仕立てになってまして、男の人が子どもの頃に戻って、っていうちょっとノスタルジックな感じの。

和田:僕がいつもやってるやつだ(笑)。時代はプロジェクションマッピングですもんね。

渡辺:そうですね。子どもの頃といえば和田さんの子どもの頃の話も伺いたいんですけど。お母さん平野レミさんなので、料理とか美味しそうですよね、クリスマス。

和田:それは言われますね。クリスマスにチキンとか出てきたんでしょう?とか。それが、あんまりイメージが湧かないんですよね。意外と普通だったんだと思うんですよ。それよりも僕や弟は、ご飯よりもサンタクロースが来るってことに夢中だったんです。そっちの印象しか残ってないですよね。

渡辺:何度も夜中に確認した思い出とか、皆さんあるんじゃないですかね。

和田:僕もね、絶対見てやろうと思うんですよ。でも不思議と一回も起きないんです。

渡辺:そうなんですよね。私も一回も見られず。

和田:僕なんてね、今なんてしょっちゅう目が覚めますよ(笑)。

渡辺:朝なんかもね、早く目が覚めて(笑)。

和田:そうそう(笑)。

渡辺:もらったプレゼントで思い出深いものあったりします?

和田:一回すごいものをお願いしちゃったんですよ。当時BMXって自転車が流行ってて。BMXが欲しいと思ってお願いしたんですね。朝起きたらそれはないわけですよ。おかしいぞと思ってたら、二段ベッドの下のところに手紙が貼り付けてあったんですよ。英語ですよ。どうもサンタクロースの手紙っぽいんですよ。それで下に降りていって「お父さん!こんなのあったよ。なんて書いてあんの!」って言ったら親父は、辞書持ってきて辞書引きながら「自転車は私の袋には入りきらなかった。その代わり君にはこれをプレゼントするよ」って隣の部屋にちっちゃいラジコンカーをプレゼントしてくれました。代わりに。英語でしたから。

渡辺:それは絶対サンタさんですよ。

和田:親父も親父で、辞書持ってきてやってましたから。すごく子どもに夢を与えてくれたって意味では感謝ですね。

渡辺:今もやりとりを鮮明に覚えているくらいその瞬間の思い入れって一緒に作っていくものですもんね。

和田:でも、やっぱり自転車はやりすぎだったなっていう教訓もいただきつつ(笑)。

和田唱 ©InterFM897

渡辺:そして今ではご自分もご家族をお持ちですけど、ご夫婦とかではどんなふうにお祝いされてるんですか?

和田:あんまりどこかクリスマスだからって景色の見えるところ予約してとかじゃなく、家で食べます。ご飯作って乾杯してって。

渡辺:わかります。歳重ねるごとにおうちでゆっくりって幸せ感じますよね。

和田:僕もそんな感じです。

渡辺:音楽の話に参ります。トライセラ(トップス)の20周年を機にソロ活動をスタートしたんですよね。

和田:ここらでいいんじゃないかなあと思って直感が働いてやってみたんですけど、勉強になることがいっぱいで、すごく刺激的ですね。なかなか一人ってないですからね。

渡辺:曲作りやライブのスタイルもソロだと違いますよね?

和田:全然違います。MCで振れないっていうのは辛いですね(笑)。それもだいぶ鍛えられて。何しろソロツアーをやる前まではワンマンライブのサイズって一人でやったことなかったので不安でしたけど、一人でここまでできるんだって自信になりましたし、ミュージシャンとしてひと回り大きくなれたんじゃないかなって気はしてます。

渡辺:今日もループペダルを使っての演奏でしたけど。難しそうですね。音をその場で重ねていくので、ある意味鮮度じゃないですけども、ものすごくライブ感がありますよね。

和田:そうなんですよ。多重録音してますけどライブなので、毎回マジで気が抜けないですね。

渡辺:そうですよね。もちろんソロツアーの時も使ってらっしゃいますもんね。他にもソロツアーの時の楽器は。

和田:後はピアノとか。並べといてあっちいったりこっちいったりしてますね。

渡辺:ライブといえば、2ndソロアルバムからの先行シングル「さよならじゃなかった」がライブ会場限定で販売中なんですよね。この曲、冬のテーマソングになっていて毎回番組でも流れていて。大切な人の顔が思い浮かぶ一曲ですよね。

和田:ありがとうございます。全部一人で録音しました。

渡辺:この曲をライブ会場限定で、っていうのはなんか思いがあったんですか?

和田:ライブに足を運んでる人にまずは聴いて欲しいと思って。ライブに来てくれる人って自分に一番近いお客さんって感じがするし。

渡辺:あと気になるのは2ndソロアルバムですよね。こちらリリースはいつ頃とかご予定は?

和田:合間を縫って作ってるんですが、今回も全部一人で楽器やってるんで時間かかるんですよね。まあ来年中、来年の前半に出せるようには頑張ります。

渡辺:最後に、けやきひろばに集まってくれた皆さん、ラジオのリスナーの皆さんに一言お願いします!

和田:まず、ラジオのリスナーの皆さんに。今この現場、とっても綺麗ですよ!本当にインター(FM897)の皆さんお世話になっています、引き続きよろしくお願いします。ここにいる皆さんには、本当に今日はめちゃ嬉しかったです、みんな歌ってくれて。すごくハッピーです。なのでライブぜひいらしてください。お会いできる日を楽しみにしています。

写真左から渡辺麻耶、和田唱 ©InterFM897
THE GUY PERRYMAN SHOW
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~12時00分
出演者:ケリー隆介、渡辺麻耶
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

ハッシュタグ:#gps897
メール:gps@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ