シンシア・エリヴォと共演!三浦春馬「まさか同じ舞台に立てるとは」

写真左から三浦春馬、Guy Perryman ©InterFM897

イギリス王室から大英帝国勲章を授与されたDJ・Guy Perrymanが、様々な国とジャンルの音楽、トレンドトピックス、ヘルス&ビューティー情報、ゲストインタビュー、そして東京に住む人々との交流をお届けするInterFM897のEnglishプログラム『THE GUY PERRYMAN SHOW』。12月17日は、俳優・三浦春馬さんのインタビューをお送りしました。

シンシア・エリヴォ来日コンサートにゲスト出演!!

三浦春馬:共演が決まった時に、まさか自分がシンシア(エリヴォ)さんと同じ舞台に立てるとは思ってもいませんでした。

以前シンシアさんが日本で公演をされた『4Stars』という舞台があるんですけど、そこで彼女のパフォーマンスを観た時に素晴らしいと思ったんです。歌ももちろんですがどこか神々しくて、それでいて自由でとても心動かされました。それで楽屋裏で彼女と話をさせてもらう機会があったんですけど、僕は当時『キンキーブーツ』の主人公をやらせていただいてたんですね。で、彼女はブロードウェイでそのオリジナルを演じたビリー・ポーターと友達だよってことを話してくださって。本当に日本バージョンおめでとう、ということを仰ってくださったので、とても人当たりの良い女性という印象でした。

僕は初めて『キンキーブーツ』を観たのが2013年のブロードウェイだったんですけど、その時に言葉にし辛いのですが、僕が演じたローラというキャラクターがステージに現れた瞬間、何か雷に打たれたような衝撃がありました。そこから3日間どうしてもこのキャラクターをやりたくて、もし日本にこの演目が来るのであればオーディションを受けたいなと思いました。

『ディアー・エヴァン・ハンセン』、『シークレット・ガーデン』は見たことがあります。『ディアー・エヴァン・ハンセン』はブロードウェイで観ていて、『シークレット・ガーデン』は日本のバージョンを観ています。それと『グレイテスト・ショーマン』は映画で観ているって感じでしょうか。

来年、僕は30歳を迎えるので、いろんな挑戦を一歩ずつ臆せずやっていければと思っています。渡辺謙さんや大沢たかおさん、真田広之さんのように日本の俳優でも努力をし続ければ、海外でも胸を張ってパフォーマンスできると証明してくださっているので、努力を重ね、日本での活動を大切にしながら一生懸命やっていければと思っています。以前、ショートタームではあったんですけど、イギリスに行かせてもらって。語学を勉強しながらむこうの知り合いの紹介で、ゴスペルのワークショップに参加させていただいたりしました。一人でレンタカーを借りて、その中で毎日発声練習をしたりだとか、すごく面白い経験だったなと思います。そしてイギリスでストーンヘンジ(Stonehenge:世界遺産)に友人と車で向かって楽しんだ経験が自分の中で輝かしいなと思ってますね。

今回僕は、シンシアさん、マシュー(モリソン:米俳優)さんと素晴らしい学びの場、そして日本にとっても大きな稀有なエンターテインメントを届けられるなと思ってワクワクしています。シンシアさんのサポートになるようにしっかり今から英語の発音とメロディを復習し、少しでもリハーサルから本番にかけて彼らのパフォーマンス、アクティングからたくさんのことを学びたいなと思っています。

絶対に今年(2020年)一番に観ておくべきコンサートになること間違いなしなので、是非是非、会場に足を運んでいただきたいと思っています。

シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬
THE GUY PERRYMAN SHOW
放送局:InterFM897
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~12時00分
出演者:Guy Perryman、渡辺麻耶
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

ハッシュタグ:#gps897
メール:gps@interfm.jp

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ