アンタッチャブル柴田が明かす コンビ復活の裏側

お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、相方・山崎弘也とのコンビ復活の裏話を明かした。

昨年11月29日に放送されたバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)で、サプライズ登場した山崎とともに、約10年ぶりとなる漫才を披露した柴田。

ニッポン放送『高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ』に出演した柴田は、「いや〜、よかったよ!」と高田から絶賛された漫才について、「『アンタッチャブルです。よろしくお願いします』って言っちゃったら、テンション上がっちゃいましたね」と振り返り、改めてコンビ復活を報告した。

この事前告知なしのサプライズ演出は、実は柴田本人も全く知らないまま漫才がスタートしたそうだが、「山崎の喋りだしで、何のネタかはわかりましたね」と柴田は回想。スタッフの大半もそのことを聞かされていなかったことから、「カメラマンさんもビックリして、カメラが揺れちゃったりしてるんですよ」と当時の状況を語った。

さらに、突然のコンビ復活ということもあって、視聴者だけでなくテレビ業界でも大きな話題を呼んだという。

柴田:事務所もパニックになるぐらいの反響があったんですけど、年末年始のネタ番組に一切呼ばれてないですからね。

高田:爆笑問題ばっかり出てるんだよ。

柴田:楽屋で太田さんから『お前。山崎が出ること知ってただろ! じゃないとあんなリアクションできないだろ』って言われたんですけど。本当に知らなかったんですよ!

柴田にとっても「10年乗ってない列車が急に発進した」と語るほどの出来事だったというが、実はコンビ復活前に山崎と何度か飲みに行っていたことを告白。そこで「復活するならどんな感じでやりたい?」といった話題になり、「若手の賞レースに出て、予選で負けるとかも面白いなって(笑)」と、お互いにネタを提案し合っていたことを明かした。

(ニッポン放送『高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ』2月10日放送分より)

「第1波は乗り切れたが、今後も長い戦いになる」感染症専門医と辛坊治郎が新型コロナの今後を対論

7月13日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する番組再スタートの2週目に突入した。

この日の番組では、急増している東京都のコロナウィルス感染者数について感染症の専門家である寺嶋毅氏(日本感染症学会専門医・日本歯科大学呼吸器内科教授)に電話インタビューを敢行。

まず現状について寺嶋氏は「第1波は日本としては乗り切れた。ただ、思ったより早く患者が増えてきているので、やはり今後も長い戦いになる」と分析した。

辛坊が、重症者数が一時期に比べてだいぶ少なくなっている(東京都の重症者数:7/12時点で5名)原因について聞くと、「大部分は若い人の感染者だということで、無症状や症状が軽い方が多いためだと思うが、高齢者施設や医療機関のクラスターも発生している。この方々の経過を見なければならないこと、若い人でも7日~10日後に重症化するケースもある。感染者の数より遅れて出てくる数字なので」と注意を促した。

今後に関して辛坊が「劇的に効くワクチンや薬が開発されない限り、毎年一定数が感染してしまうインフルエンザのような病気になっていくのでしょうか?」と聞くと「そうなっていくと思います」と答えた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ