福岡ソフトバンクホークス・川瀬晃選手がRKBラジオで本音を語る!

福岡ソフトバンクホークス・川瀬晃選手(右)ととらんじっとあらた ©RKBラジオ

シーズン中にもホークス選手に話を聞きたい!その強い思いから始まった、RKBラジオホークス応援団長のよしもと芸人・とらんじっとあらたがお送りする「ホークス、週刊実は…」。月ごとにホークス選手といろんな話をRKBラジオ「ホークスイニング0」で毎週木曜日に放送している。6月は、大分県出身で背番号0、川瀬晃選手に迫る。13日の放送では、グローブやバットなど道具へのこだわりを熱く語った。

グローブの中の薬指にリング!?同郷・源田選手の守備はマネできない

インタビューに答える福岡ソフトバンクホークス・川瀬晃選手 ©RKBラジオ

川瀬晃選手(以下、川瀬)どうも、福岡ソフトバンクホークス川瀬晃です。よろしくお願いします。

とらんじっと・あらた(以下、あらた)今週はですね、川瀬選手のグローブやスパイク含め、バットなど道具へのこだわりを聞いていきたいと思います。まずは「グローブ」から!

川瀬:グローブ、僕はZさんのグローブを使わせてもらっています。ひとつのこだわりは、グローブの中の薬指に「リング」をつけているんです。僕はグローブの中で手が動くのがめちゃくちゃ嫌で、キチキチにしたくて。そこで、西武の源田壮亮さんが薬指リングをつけているのを見て、…それをつけたらめっちゃしっくりきたんです!

あらた:それは具体的にどういった効果があるんですか?

川瀬:それこそ三遊間のゴロです。僕、手が動いてぶれるんでのが嫌だったのですけど、なんか素手で撮ってる感じなんですよね。

あらた:リングがあるのはストッパーというか、滑り止めみたいになっているってことですか?

川瀬:そうですね、そこが軸になって、グローブで取っているって感じです。

あらた:ちょっと今お名前出た同郷・大分の先輩、源田さんのプレー見て、どこが一番すごいと思われますか?

川瀬:いやもう全部の打球に対してバウンドがあっているんです。真似してもできないっすね。どうやったらそこの位置に入る?みたいな感じですね。

あらた:我々から見てると川瀬晃の守備もとんでもないものがありますけども、やっぱりグローブやスパイクは守備にものすごい影響を及ぼすものですか?

川瀬:もうやっぱり道具はこだわってやっていきたいですね。それが、直にプレーに関わるので、本当にそういうのを大事にしていますね。

あらた:ちなみにグローブのそのこだわりというのは幼い頃からあったんですか?

川瀬:高校時代とかは、ゼビオとかデポに行くじゃないですか。その時はメーカーのこだわりなかったんですけど、グローブをはめたときの自分の感覚やしっくりくるものがあったら「これがいい!!」っていうのはありましたね。

あらた:ということは、スポーツ店でグローブが合わないと思ったら買わなかったということですか?

川瀬:僕はもう、自分と合うものとしか買わないという感じでした。あとは、僕の兄が野球をやっていたので、やっぱり兄弟なのかグローバルがやっぱり合うんですよね。だから、お下がりを使ったりしていました。僕は、人生でグローブをお父さん・お母さんに2つぐらいしか買ってもらったことないですね。愛着をもってそのグローブも使っていたっていう感じ…

川瀬晃ではなく、グリップエンドを見て!

普段からコミュニケーションをとる二人 ©RKBラジオ

あらた:バットもちょっとだけ聞かせていただきたくて…

川瀬:僕のバットはグリップエンドが「こけし」みたいなってるんすよ。

あらた:ちょっと太いですよね、川瀬選手のグリップエンド。

あらた:え!気づいてました!?本当野球好きっすよね。タイカップみたいな感じ…

川瀬:タイカップだったんですけど、そのタイカップの形みたいな感じに、グリップエンドだけが太くなっていて…それによって、手元に重さがあるのでヘッドが効きやすくなって、速い球でも対応できるっていうバッドにしています。

あらた:僕が大学野球時代は、ちょっとそれが使いづらいタイプだったんですが、川瀬さんはそれとどこが相性いいですか?こけしみたいな感じのグリップが…

川瀬:それこそ出会いは今年なんですよ。オープン戦で調子悪くて、今宮さんがそのバットを持ってて。今宮さんから「どうせ打てんのやったら、いろんなバット使ってみろ」と言われて…

あらた:ヤナセのやつですか。

川瀬:はい。なんでそれを知っとるん!?そのバットを今宮さんのを使わせてもらった時に、試合でヒットがポンポーンと出たんですよ。もうすぐにメーカーさんに同じやつを作ってくださいとお願いしました。

あらた:だからこれからラジオで言われることはあまりないかもしれないですけども、映像で川瀬さんの打席見る時は、ぜひそのグリップにも注目していいですか?

川瀬:グリップだけ見てください!グリップが一番目立ってるんで(笑)見たことないようなグリップエンド使ってるんで(笑)結構面白いと思いますよ。

あらた:本当に楽しいお話でした。今日もありがとうございました!

川瀬:ありがとうございました。

あっという間のトークにもっと聞きたい…!と思ったそこのあなた!来週のRKBラジオ「ホークスイニングゼロ」ではこの続きを、さらには川瀬選手の素顔にも迫る。ウィークリープレゼントは、今週末からBOSS E-ZO FUKUOKAで開催される「魔法の美術館」ペア招待券 3組様に、マンスリープレゼントは川瀬選手のサイン付き、今年のピンクフルデーユニフォームを1名様に!

番組の感想や出演してほしい選手のリクエストなども含め、メールball@rkbr.jpで応募を。

#さえのわっふる
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~17時48分
出演者:とらんじっとあらた
番組ホームページ
公式X

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

友達からのバンドの誘い、楽器歴が浅いけれど挑戦してみたい…SUPER BEAVERが10代リスナーの悩みに答える

SUPER BEAVERがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! ビーバーLOCKS!」。7月12日(金)の放送では、生徒(リスナー)と直接電話を繋ぎ、バンド活動に関する相談に答えました。


SUPER BEAVER(左から上杉研太、藤原広明、渋谷龍太、柳沢亮太)



<リスナーからのメッセージ>

4人に相談したいことがあります。私は今、中学生の頃から念願だった軽音楽部に所属し、ベースを担当しています。ある日、同じクラスの友達から「ベース担当がいないから掛け持ちでバンドをやらないか」と誘われました。

誘ってくれたことはとても嬉しかったし、やりたい気持ちもあるけれど、4月からベースを始めた私なんかが掛け持ちをしていいものなのかと思い、答えを出せずにいます。

返事はゆっくりで大丈夫だよと友達は言ってくれましたが、そのことを考えるとモヤモヤしてしまいます。4人からバンド掛け持ちへの背中を押してほしいです(15歳)

――柳沢「友達に誘われるのも才能の1つ」

渋谷:4月ってこのあいだだよ? すごいことだなと思っております! 電話しながら直接相談に乗りたいなと思います! もしもーし! ありがとうね!

リスナー:こちらこそありがとうございます!

渋谷:めちゃくちゃハキハキしているから、掛け持ちに誘われている理由がわかるよ! 中学生の頃からやりたかった軽音部に入ったんだ? 楽しい?

リスナー:はい! 先輩も優しくて、理想の軽音部って感じがしています!

上杉:最高じゃない! 何にも言うことないですね~!

渋谷:ベースはいつからやっているの?

リスナー:ちょうど2ヵ月前にやり始めました!

渋谷:入ってからベースを始めて、掛け持ちに誘われているのね?

リスナー:はい!

藤原:もしかして、天才なのか!?

上杉:元々メンバーがいないから「あなたがベースをやって!」的な感じですか?

リスナー:そんな感じです(笑)。

上杉:だいたいみんなギターとかボーカル、ドラムとかで、最初からベースを弾いている人は少ないよね。要は、人口が少ないから強制的に始めましたっていうベーシストが今も周りにいますから。あるあるですよね。

リスナー:そうですね(笑)。

渋谷:でも、よかった! バンドを組んだり、誰かと音を出すってすごく楽しいでしょ?

リスナー:本当にすごく楽しいです!

渋谷:その楽しいっていう気持ちが一番大事だと思うからね。なるべく長く継続して楽しんでほしいなって思うんだけど、お悩みとしては「かけ持ちを誘われたけど、やっていいのかな?」っていうことでしょう? 「私なんかが掛け持ちしてもいいのかな」と思っている、悩みの根幹の部分は歴が浅いからなのかな?

リスナー:はい。周りのみんなは楽器経験者の子が多くて、私だけ始めたばっかりなので、浮いちゃうんじゃないかなって不安があります。

渋谷:そういうことね! ちなみにだけど、リスナー的にはやりたい気持ちはあるのかな?

リスナー:やりたいです!

上杉:それでいいじゃない!

柳沢:やっちまえ!

藤原:やっちゃえよ!

柳沢:誘われている時点で一緒にバンドやりたいんでしょ?

渋谷:歴以外に悩んでいることがないんだったら、やっちゃえって俺ら的には思うんだけど?

リスナー:やりたいです!

渋谷:オッケー! 俺もバンドを始めたときなんて、上杉に誘われて、人前で歌ったことなんてないような状態で始めてさ。今、20年目だぜ?

リスナー:すごいです!

渋谷:延長線上にいるんだぜ?

柳沢:この電話の最初にぶーやん(渋谷)が誘われた理由がわかるって言ってたじゃん? 仲がよくて、友達に誘われるっていうことが、もうすでに1個の才能だと思うけどね。

渋谷:本当にそうだと思う!

――上杉「緊張しないコツはないです」

渋谷:せっかくの機会だから、上杉に聞いておきたいことはある? ベースだし、何かあったりする?

リスナー:ステージのことを考えると弾くときに手が震えてきちゃうんですけど、緊張しないコツってありますか?

上杉:緊張しないコツはないです! 我々4人だって各々今でも緊張しているし、緊張するっていうことに対して、最終的にどういうふうに向き合っていくかってことになるだけで。緊張しないように人が成長していくことってたぶんないんですよね。

思いっきり準備してステージに立ったら緊張して手が震えちゃったとしても、「思いっきりやるんだ」って気持ちで挑むことを積んでいくことしかないと思うんですよ。だから、 頑張って練習して本番になったら、ドーンとやっちゃえばいいと思いますよ! それで終わったときに、一皮も二皮も剥けていくと思うんだよね。

渋谷:一生緊張するんだって思ったら、別に普通のことじゃない?

上杉:そうそう! (緊張は)あるものと思ってね。

渋谷:緊張することが特別なことでも、恥ずかしいことでもまったくないから。絶対に緊張するもんだと思って取り組めば大丈夫よ!

リスナー:はい!

藤原:楽しんでやってね!

渋谷:じゃあ、結果的には掛け持ちする方向に気持ちは傾いたかな?

リスナー:はい! やります!

上杉:素晴らしいですね~!


----------------------------------------------------
7月12日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年7月20日(土)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ