障害者支援者団体「ジュンコ・フラサークル」主宰 小林順子さんが登場。厳しい現実に向き合いながらも家族の絆を深めた出来事とは?!

高島麻衣子がDJを務めるFMヨコハマ『プラする〜あなたにプラスするラジオ〜』 [10月15日(日)、10月22日(日)放送]は、障害者支援者団体「ジュンコ・フラサークル」を主宰されている小林順子さんをお迎えし、フラダンスの魅力はもちろん、最重度知的障害の息子さんと共に生き、現在行なっている活動や生きがいなどについてもお話を伺います。

小林順子さんは、現在55歳。神奈川県茅ヶ崎市出身。障害者支援者団体「ジュンコフラサークル」主宰する小林さんは、最重度知的障害で自閉症の息子さんの母で乳がんサバイバー。息子さんは重い障害ゆえの自傷行為やパニックの日々が続いていました。そんな中、小林さん自身が乳がんに罹患したことで、生きる上で大切なことに気づき家族全員の生活が激変。それらを書いた、手記「有難う」が第55回NHK障害福祉賞最優秀賞を受賞。闘病と障害児育児を支えてくださることに感謝し「皆さんの充電器になりたい」という思いで、Hula(フラダンス)を通してボランティア活動を実施、その活動は多くのメディアでも取り上げられています。

現在23歳になる息子さんが最重度知的障害の自閉症と診断されたのは3歳の時。医師から告げられた際、まずは納得する気持ちしかなかったそうです。というのも、それまでに息子さんの行動に不可解な点があったからだとか。そこから小林さんは事実を受け止め息子さんを守る日々を過ごしました。振り返って見ると今だからこそ「嬉しい」と思える事もあったものの、当時は嬉しい事もすぐに辛い出来事にかき消されてしまっていたとの事。

そんな中、小林さん自身が47歳の時に乳がんに罹患。進行性の早い乳がんだった為、見つかった時には早期発見とはいえない段階ですぐに抗がん剤治療を始めました。「これが息子と主人にとって良かったのです」との事。先に半年間自宅で抗がん剤治療を行う事によって、ご主人に息子さんのお世話の仕方を教える事ができ、何よりも息子さん自身が協力してくれるようになり、家族の絆がより深まったそうです。

乳がんの治療が落ち着き、何か運動を始めようと思い出会ったのがHula(フラダンス)。小林さんの人生を大きく変えることになったフラダンスですが、実は当初フラメンコを習いたかったそう?!「Hulaが私を選んでくれた」と笑顔で語る小林さん。その理由は?「フラメンコを踊る時、みんな険しい顔をしていませんか?フラダンスは笑顔で踊っていますよね」確かに!と高島さんも大きく納得。Hulaを踊る時、笑顔で居る事が最高の免疫力アップに繋がる。これは科学的根拠(エビデンス)に基づいたもので、1日約10分間笑顔でいると免疫力がアップするそうです。約10分というと2曲Hulaを踊ると免疫力がアップするのだとか。またHulaの練習中に笑顔でいる自分の姿を鏡で観るによって心が穏やかになり、美しい姿に喜びを感じる事も。また、Hulaは一人ではなく団体で踊る事が多い事から、仲間を作る事ができる。こちらもHulaを選んだ大きなきっかけとなったそうです。

Hulaを通してこれまでお世話になったか方々に恩返しをしたい!そんな思いからHulaの講師の資格を取得し、障害児者支援者(障害のあるお子さんの保護者の方やスタッフさん)、ピンクリボン(乳がん経験者)、高齢者など、団体ごとにレッスンを行っていらっしゃいます。高齢者の方には「ロコモフラ」というHulaから派生したものを取り入れていて、こちらは振り付けを覚える必要も無く、椅子に座ったままでも行う事ができるダンスで、曲も懐メロを使っているそうです。

これまで支えてくれた方々に恩返しをしたいという思いから「皆さんの充電器になりたい」を信念に活動する小林さん。「会うだけで元気になる!」そんなパワーを持つ素敵な女性です。ぜひradikoのタイムフリーでお聴き下さい!!

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ