「エリザベス女王杯」2021! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

秋の女王を決める「エリザベス女王杯」が、11月14日(日)に阪神競馬場で開催されます。3歳牝馬と古馬が一堂に会する頂上決戦を制するのはどの馬なのか? ぜひラジコで中継をお楽しみください。

「エリザベス女王杯」とは?

1970年から1975年にかけて開催されていた牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」が前身です。当時は京都競馬場の「芝2400m・外回り」で行われ、4歳(現3歳)牝馬三冠競走の最終戦として位置付けられていました。1976年、エリザベス女王の来日を記念して、現在の「エリザベス女王杯」が新たに創設され、競走条件もビクトリアカップを踏襲しました。

1996年、牝馬競走体系の整備に伴い、競走条件が「4歳(現3歳)牝馬」から「4歳以上牝馬」に変更、施行距離も2200mに短縮。併せて同年より、エリザベス女王杯に代わる4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設されました。以降、牝馬三冠路線と古馬牝馬が集うレースへと位置付けが大きく変わり、現在は"3歳以上の女王決定戦"として親しまれています。

京都競馬場の整備工事による開催日程の変更により、昨年に続いて今年も阪神競馬場で行われます。宝塚記念と同じ芝2200m・内回りのコースは、1コーナーまでの距離が約525mと長く、スタート直後は下り坂のため前半はペースが速くなる傾向にあります。脚が溜めにくくタフな馬場になる事も多いため、コーナーワークでの器用さや機動力、末脚の持続力が要求されるレースです。

「エリザベス女王杯」注目馬は?

先日の秋華賞を制し、GI連勝を狙うアカイトリノムスメ(3歳、美浦・国枝栄厩舎)は、2枠3番からの出走です。初めての古馬挑戦に非根幹距離とハードルは高いものの、最終追い切りでは余裕の手応えを見せました。3冠牝馬の母・アパパネが成し遂げられなかった統一女王の座獲得に向けて、意欲を燃やします。

牡馬混合の大阪杯でコントレイル、グランアレグリアらを4馬身差で破ったレイパパレ(4歳、栗東・高野友和厩舎)。今回と同距離だった前々走の宝塚記念は3着、前走のオールカマーでは4着と、2200mの壁を押し切れるかがポイントとなります。坂路での最終追い切りでは軽快な動きを見せており、2つ目のGIタイトルを狙います。

前走のオールカマーではレイパパレらを下して重賞3勝目を挙げたウインマリリン(4歳、美浦・手塚貴久厩舎)。レース後に持病の右肘腫が悪化し、熱発するアクシデントがあったものの、最終追い切りではゴール前で本来の切れも見せています。4着に終わった昨年のエリザベス女王杯よりもパワーアップしており、初のGI制覇を目指します。

「エリザベス女王杯」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 9時30分~16時30分
出演者:長谷川仁志、佐藤直文、境和樹
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、河本光正(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、石井健太郎
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ