「エリザベス女王杯2023」radikoで秋の競馬中継を聴こう

3歳牝馬と古馬が一堂に会する頂上決戦「第48回エリザベス女王杯」(3歳以上牝・芝2200m)が、11月12日(日)に京都競馬場で開催されます。秋の女王に輝くのはどの馬なのか? ラジコで中継をお楽しみください。

「エリザベス女王杯」とは?

前身は、1970年から1975年にかけて開催された牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」。当時は、京都競馬場の「芝2400m・外回り」で行われ、4歳(現3歳)牝馬三冠競走の最終戦として位置付けられていました。1976年にエリザベス女王の来日を記念して、現在の「エリザベス女王杯」が新たに創設され、競走条件もビクトリアカップを踏襲しました。

1996年、牝馬競走体系の整備に伴い、競走条件を「4歳(現3歳)牝馬」から「4歳以上牝馬」へと変更、施行距離も2200mに短縮されました。同年には、エリザベス女王杯に代わる4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設され、秋華賞の創設以降は"3歳以上の女王決定戦"として、牝馬三冠路線と古馬牝馬が集うレースとなっています。

4年ぶりに京都開催となる今年のエリザベス女王杯。芝2200m・外回りのコースは、スタンド前からのスタートで外回りコースを一周するレイアウト。バックストレッチ半ばから3コーナーにかけて上り勾配になっており、残り800m地点の標識付近まで上り坂が続きます。ゴール前の直線は398.7m(Bコース使用時)、中盤の起伏が大きな影響を与え、直線ではトップスピードに乗っての追い比べが待っているため、長く脚を使える持続力と切れ味が必要です。

「エリザベス女王杯」注目馬は?

これまで重賞未勝利ながら、キャリア5戦目でのG1制覇に挑むブレイディヴェーグ(3歳、美浦・宮田敬介厩舎)。1番人気で支持された前走のローズSは、JRAレコードで勝ったマスクトディーヴァと0秒2差の2着に終わりましたが、出走馬中最速の上がり3ハロン32秒9(推定)を記録。脚質は広い外回りに向いており、資質も十分です。

牝馬3冠戦に全て出走し、桜花賞4着、オークス2着、秋華賞3着と、同世代で際立った存在感を放つハーパー(3歳・栗東・友道康夫厩舎)。前走の秋華賞は、勝負どころで厳しい状況になりながらも、3着まで押し上げて地力の高さを示しました。古馬とは初対戦となる今回のレース、念願のG1タイトル奪取に向けて、強豪相手に立ち向かいます。

昨年の本レースを制したジェラルディーナ(4歳・栗東・斉藤崇史厩舎)。続く有馬記念では3着、今年の宝塚記念では4着と、実績は今回の出走馬の中でも最上位といえます。前走のオールカマーは6着でしたが、持ち前の末脚は健在。2019年、2020年のラッキーライラック以来、史上5頭目のエリザベス女王杯連覇に期待がかかります。

「エリザベス女王杯」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜 9時30分~16時30分
出演者:解説:佐藤直文 境和樹
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#ラジオ日本競馬」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、中野広大(MBSアナウンサー)、三宅秀一郎、中西則善、奥村麻衣子、青木行雄、丹羽崇彰
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#GOGO競馬」

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「音楽」は“歌詞 or メロディー”どっちから好きになる? 津田健次郎「完全にリズム、もしくはメロディー派」

声優・俳優の津田健次郎がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新ラジオ番組「津田健次郎 SPEA/KING」(毎週日曜 12:00~12:30)。声優として数々の人気アニメ作品、俳優としても話題のドラマ・映画に出演。今もっとも注目を集める才能・津田健次郎のパーソナルな一面が知れるレギュラーラジオ番組です。5月12日(日)の放送では、20代の女性リスナーから届いた「音楽」に関する質問に答えました。


パーソナリティの津田健次郎



◆「リズム or 歌詞」どっちから好きになる?

<リスナーからのメッセージ>
「毎週(番組内で)津田さんが選曲されている素敵な音楽に関して質問があります。津田さんが音楽を聴くとき、リズムから好きになるか、歌詞から好きになるか、どっちが多いですか? ちなみに私は、リズムやメロディーを聴いて好きになるパターンが多いです」

津田:僕は完全にリズム、もしくはメロディー(から好きになる)派で、その後に歌詞を知ることもすごく多いです。音楽をよく聴いていた頃は洋楽のほうが多かったので余計にそうだったのかもしれないですけど、(歌詞の内容を知って)“こんな歌詞だったんだ!? 全然印象が違うじゃん”っていう曲もあるし、“メロディーにドンピシャに合ってるね”もあるし、“あれ? 意外とエッチなのね”もあるし(笑)。

メロディーから入る派としては“歌詞を後から知る”っていうのも1つの面白い楽しみ方ですよね。もちろん、歌詞から入る方もいらっしゃるでしょうし、そこからまた曲の世界が広がっていくと、すごく面白いでしょうね。

<番組概要>
番組名:津田健次郎 SPEA/KING
放送日時:毎週日曜 12:00~12:30
パーソナリティ:津田健次郎
番組Webサイト:https://15audee.jp/articles/news/arzGScruNeYzMYs9hC6vN9xF

Facebook

ページトップへ