「ジャパンカップ」2019! 秋の競馬中継はラジコで聴こう

11月24日(日)に東京競馬場で、第39回「ジャパンカップ」が開催されます。世界の強豪の中で、芝2400メートルでの頂上決戦を制するのはどの馬なのか? 現地に行かれる方も、行かれない方もラジコで中継をお楽しみください!

「ジャパンカップ」とは?

ジャパンカップは「世界に通用するような、強い馬を作りたい」という思いのもと、1981年に創設されました。日本で初めて出来た国際招待競走であり、有馬記念と並ぶ国内で最高額の賞金レースとしても知られています。

開催から1997年までは外国招待馬が強さを見せていたものの、それ以降は日本馬の活躍が目立つようになってきました。

コースは「JRAのチャンピオンコース」と言われる東京競馬場の芝・2400m。直線でのスピード、スタミナ、インコースでの操縦性など、さまざまな能力が必要となるコースです。

「ジャパンカップ」注目馬は?

レイデオロは、2017年「日本ダービー」、2018年「天皇賞(秋)」とGⅠ2勝を挙げている現役屈指の実力馬。前走のオールカマー(4着)は、1番人気の支持に応えられず不本意な結果となったものの、2017年「ジャパンカップ」2着時と同じ中8週のローテーションで巻き返しを図ります。

前走の「天皇賞(秋)」は勝利したアーモンドアイが別格の強さでしたが、2着ダノンプレミアムとはクビ+クビ差の4着まで追い上げており、目下の充実ぶりは顕著なユーキャンスマイル。「菊花賞」3着、「ダイヤモンドS」優勝と長距離での良績があり、400メートルの距離延長はプラス材料となるでしょう。

一昨年の「ジャパンカップ」でGⅠタイトルを獲得したシュヴァルグランは、今年は海外を転戦し、「ドバイシーマクラシック」(G1・UAE。芝2410メートル)で2着に入って地力健在をアピールしました。今回は帰国初戦で仕上がりが鍵ですが、本レースに照準を合わせており、力を発揮できる態勢が整っていそうです。

「ジャパンカップ」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬ニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 14時30分~16時00分
出演者:清水久嗣、堀江ゆかり
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#jolf」

※放送情報は変更となる場合があります。

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時30分
出演者:長谷川仁志、武井友彦、佐藤直文
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#jorf」

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、青沼稔、三宅きみひと、武田英子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ラジオ大阪」

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之、仙田和吉、河本光正、三宅秀一郎、奥村麻衣子、青木行雄、西村敬
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時45分
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコで競馬の実況中継を聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ