「ジャパンカップ2023」radikoで秋の競馬中継を聴こう

秋の東京競馬を締めくくるビッグレース「第43回ジャパンカップ」(3歳以上・2400m)が、11月26日(日)に東京競馬場で開催されます。国内外の強豪馬が揃い踏みするレースを制するのはどの馬なのか? ラジコで中継をお楽しみください。

「ジャパンカップ」とは?

1970年代後半から提唱されてきた「世界に通用する強い馬作り」を目指すべく、1981年に創設された日本初の国際GIレースです。毎年11月下旬、東京競馬場・芝2400mを舞台に行われ、現在は天皇賞(秋)・有馬記念とともに"秋古馬三冠"のレースとして位置付けられています。

第1回は北米とアジア地区から招待馬を選出、翌年からはヨーロッパ、オセアニアにも範囲を広げ、1983年からは地方競馬の所属馬も招待対象に加えられました。創設から10年間、日本馬はカツラギエース(1984年)とシンボリルドルフ(1985年)の2勝に留まりましたが、その後は日本馬の活躍が目立つようになり、昨年までの成績は外国招待馬14勝に対し、日本馬は28勝と形勢が逆転しています。

舞台となる東京競馬場・芝2400mのコースは、日本ダービー、オークスといった主要なGIレースが行われ、「JRAのチャンピオンコース」とも称されています。最後の525.9mに及ぶ直線では高低差2.0mの上り坂があり、鋭い瞬発力や持続力といった総合的な能力が問われるレースです。

「ジャパンカップ」注目馬は?

前走の天皇賞・秋を1分55秒2のJRAレコードで連覇を果たしたイクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)。独走状態で連覇を成し遂げ、世界トップクラスの実力を示すとともに、"国内敵無し"を改めて印象付けました。今や日本競馬史上最強の呼び声もある実力馬が、日本ダービー2着以来となる東京・芝2400mでも強さを見せつけます。

史上7頭目の三冠牝馬となったリバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)。2着に敗れたアルテミスSを含め、ここまで6戦全てで抜群の末脚を発揮しています。オークスでの勝ち時計は、翌週の日本ダービーより2秒1も速く、世代最強の声も上がっているほどの脚力の持ち主。その快勝の舞台で、初の他世代との対戦ですが、戴冠の可能性は十分にあります。

昨年の牝馬二冠馬・スターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)。今年初戦の大阪杯では、ジャックドールとハナ差の2着に入り、牡馬相手でも互角に戦えることを証明しました。昨年の桜花賞とオークスを好時計で勝った逸材は、デビュー以来10戦全てで3着以内の堅実派。上位争いに名乗りを上げます。

「ジャパンカップ」出走馬はこちら

競馬の中継番組まとめ

日曜競馬実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:毎週日曜・土曜 9時30分~16時30分
出演者:解説:佐藤直文 境和樹
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#ラジオ日本競馬」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

GOGO競馬サンデー!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~16時30分
出演者:佐藤哲三(元JRA騎手)、来栖正之(MBSアナウンサー)、中野広大、三宅秀一郎、中西則善、奥村麻衣子、青木行雄、広瀬健太
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#GOGO競馬」

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCドラマティック競馬
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週日曜 10時00分~16時30分
出演者:西村寿一、濱野圭司、田辺大介、三宅きみひと、松下翔、武田英子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週日曜 14時00分~16時45分
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

中央競馬実況中継
放送局:ラジオNIKKEI第2(RaNi Music♪)
放送日時:毎週日曜・土曜 9時00分~16時45分
番組ホームページ

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#keiba_radio」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

夏川椎菜「最難関を更新した1枚」ニューシングル『シャドウボクサー』に込めた想い!


声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
4月13日のゲストは夏川椎菜さん!
ニューシングル『シャドウボクサー』について伺いました。

「シャドウボクサー」は夏川さんの名前にちなんで毎年イベントを開催している「417の日」、4月17日に発売!作曲はUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんです。「今まで私と田淵さんで作ったものよりも、ちょっと攻撃的だったり、皮肉が効いた感じの曲にしたいとお願いしたんです。エッジのある曲が来るのは予想していました」

歌詞は夏川さんが書いています。「自分で書いて良かったと思うことの方が多かったですね。自分で歌いながら歌詞をつけるから歌いやすい母音と子音の並びに自然にするんですけど、 人に書いてもらっていたらちょっと覚えるの遅かっただろうなと。最終的には自分が歌いやすい並びになっています。作詞する時はなるべく外に出て、人の雑踏とかちょっとした雑音が聞こえる場所でやると1番集中出来る。ちょっとざわざわしてるぐらい」

かなり早口で歌い続ける『シャドウボクサー』、レコーディングはどうだったのかというと「何度も何度もブツブツ言いながらカフェで歌詞を書いていたので、改めて練習ということもなく、作詞をして流れるようにレコーディングみたいな感じでした。歌入れも最近はお任せ頂けるというか、1回考えてきたことを録音して、それを基準に膨らまして録っていくような感じです。レコーディングはスッと行きました」

ただスンナリと行かない部分もあったようです。「仮歌を自分の家で録ったんですけど、スタジオで歌った時に“ちょっとここ口が回らないな”とか“逆の方が意味的にいいな”と思ったりして、修正したりしました」

MVは夏川さんの想いを反映して、予定していたストーリーから変更されていました。「最初にアイデアを頂いた時は、勝てないから努力してどんどん強くなってって、最後強くなって勝ちますというストーリーになっていたんですけど、“勝ちたくない、最後まで負けたい”と思って変更してもらいました。『シャドウボクサー』は負け犬に対しての応援歌というか、手応えなくたっていい、ブザマな姿を晒しても挑戦し続けることに意味があるということを一番伝えたかったので、勝ってしまうとそこで終わっちゃう、それ以上ない感じがしたので“負けたい”と言ったんです」

カップリングの『労働奉音』は「ふざけました!メタルなのかなというくらいダークな印象。ライブを想定して書いた曲です。私のバックバンドを“ひよこ労働組合”と呼んでいて、バンドのテーマソングみたいになればいいなと思って。音に奉公をするために労働するという意味でタイトルを付けました。ぜひクラップなどで参加して頂きたいですね」

自分が担当していたラジオ番組に雨宮天さんから「あらやまみそ」というラジオネームでメールを送られたことがある夏川椎菜さん。ニューシングル『シャドウボクサー』は夏川椎菜さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「どちらも最難関を更新した曲、1枚になったと思っております。この2曲をうまく乗りこなせる、そんなアーティストになれたらいいなと思っております!」

Facebook

ページトップへ