新春恒例「箱根駅伝」の中継はラジコで聴こう!

新春スポーツの風物詩「箱根駅伝」(第96回東京箱根間往復大学駅伝競走)が、2020年1月2日(木)・3日(金)に開催されます。令和初となる「箱根駅伝」で健脚を競う21チームの中から注目大学や選手をピックアップ。また両日とも白熱のレースを実況生中継する文化放送とラジオ日本の箱根駅伝スペシャルプログラムもご紹介します。自宅にいる方も現地で応援している方も、ぜひラジコで中継をお楽しみください。

「箱根駅伝」とは?

東京箱根間往復大学駅伝競走、通称“箱根駅伝”は、学生長距離界最大であり、日本の学生駅伝の中でもっとも注目を集める駅伝競走のひとつです。

「世界に通用する選手を育成する」という目的のもと、1920年よりスタート。関東学生陸上競技連盟の加盟大学の中で、前年の大会でシード権を獲得した10校と、予選会を通過した10校、関東学生連合を加えた合計21チームが出場します。

往路・復路ともにスタート時刻は8時、ゴール時刻は13時頃を想定しています。

往復217.1km! 「箱根駅伝」コースの特徴まとめ

東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間を往路5区間(107.5km)、復路5区間(109.6km)の合計10区間(217.1km)に分け、選手たちがタスキをつなぎます。

区間ごとの特徴をまとめました!

1区(21.4km):ここで大きく出遅れないことが上位進出への必須条件。全体的にフラットなコースですが、区間残り3kmにある下りを使ってスパートをかける選手も多く、レースが大きく動きます。

2区(23.km):エースランナーが集まることから通称“花の2区”と呼ばれています。二つの上り坂があり、地形的にも非常に厳しいコース。駅伝のみどころの一つ・ごぼう抜きが多くみられる区間でもあります。

3区(21.4km):レースの流れが決まる区間といっても過言ではありません。海沿いの国道134号線を走るので強い海風がランナーたちを襲います。

4区(20.9km):2017年から区間距離が延長されました。細かいアップダウンの連続でペースを掴むのが難しい区間です。

5区(20.8km):箱根駅伝の象徴である“山登り”区間。標高差のある上り坂を駆け上った後、下り坂が続きます。“山の神”を生み出す区間でもあります。

6区(20.8km):5区とは対照的に“山下り”と呼ばれています。標高差が800m近くもある下り坂を駆け下りるので想像以上の負担が掛かり、ラスト3kmで失速する選手が多いのも特徴。自分のペースで走れるかが勝負の鍵です。

7区(21.3km):10区間の中で、気温がもっとも大きく変化する区間。スタート時は箱根の山から吹き降ろす風で冷え込みますが、中盤以降は気温が上昇していくので、晴天時にはかなりの暑さを感じるのだとか。しばらくはフラットなコースが続きますが、その後は細かいアップダウンが続くので、意外と走り難い区間と言われています。

8区(21.4km):最初はフラットなコースが続きますが、徐々に上り坂に突入します。最難関は15.5km藤沢橋交差点を過ぎてからの「遊行寺の坂」。急な上り坂が500m続きます。シード権争いも激しくなってくる区間です。

9区(23.1km):復路最長の区間。序盤からすぐに下り坂があり、自分のペースを保ちながら走れるかどうかが重要なポイントです。“花の2区”に続き、各校のエース級ランナーが多く出場する区間。

10区(23.0km):箱根駅伝を締めくくる最後の区間。フラットなコースが続くので速さ、持久力ともにバランスのいいランナーが出場します。最後の区間ということで、ランナーのプレッシャー、沿道の応援も一層熱を帯びます。

「箱根駅伝」注目の大学・選手は?

2020年の箱根駅伝のシード権を獲得しているのは、東海大学、青山学院大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、東洋大学、法政大学、國學院大学、順天堂大学、拓殖大学、中央学院大学の10校です。

注目大学は、2019年東海大学に敗れ、5連覇を逃した強豪・青山学院大学。前哨戦となる10月の出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)では5位、11月の全日本大学駅伝(秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会)では2位まで順位は上昇。青学大の原晋監督は「やっぱり強い! やっぱり勝てる! やっぱり青学大は強かったとアナウンサーに絶叫してもらいたい」と「やっぱり大作戦」を掲げて王座奪還を宣言しています。

昨年の総合優勝校・連覇に挑む東海大学は出雲4位、全日本1位と順調な仕上がり。ほかに箱根で往路2連覇中の東洋大学、出雲で優勝した國學院大学、箱根予選会1位、全日本では4位と好調な東京国際大学あたりが優勝争いに絡むと予想されます。

注目の選手は、東国大の4年生エースの伊藤達彦選手。予選会で日本人トップの5位、全日本では13人抜きで2区区間賞を獲得しています。また、2019年箱根往路5区の山登りで区間記録を塗り替えた3人も注目。浦野雄平選手(國學院大学)、西田壮志選手(東海大学)、青木涼真選手(法政大学)の走りにも期待しましょう。

「箱根駅伝」中継番組

『文化放送新春スポーツスペシャル 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走 実況中継』

2020年新春も文化放送では「箱根駅伝」をスタートからゴールまで完全実況生中継。箱根駅伝の歴史に名を刻んだ豪華解説陣を迎えて放送します。

1月2日(木)往路は、今回で7回目の解説担当となる柏原竜二さん(東洋大OB)が出演。“2代目山の神”で知られる柏原さんは、2019年10月にレギュラー番組『箱根駅伝への道』のナビゲーターに就任し、レースに出場するチームを取材。ゲスト解説の4年連続「花の2区」を走った"ミスター駒澤"ことコニカミノルタの宇賀地強選手(駒澤大OB)とともに、さらに深みを増した解説で中継を盛り上げます。

1月3日(金)復路の解説は、立教大学男子駅伝部監督の上野裕一郎さん(中央大OB)。ゲストはセルソースの神野大地選手(青山学院大OB)。2019年、マラソングランドチャンピオンシップにも参加した神野選手は今回で3回目の箱根解説となります。

箱根駅伝の全国フルネットでの実況中継は、今大会が初。総合実況は往路を寺島啓太アナウンサー、復路を長谷川太アナウンサーが担当します。

また、箱根駅伝の恒例特番『箱根駅伝への道 襷と絆の物語』は1月4日(土)午後6時から生放送。『箱根駅伝への道』のナビゲーター柏原竜二さんを迎え、駅伝の本戦の放送音源とともに振り返る内容です。

文化放送新春スポーツスペシャル 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継
放送局:文化放送
放送日時:2020年1月2日 木曜日 7時30分~14時30分
出演者:1月2日(木):柏原竜二、宇賀地強、寺島啓太アナウンサー 1月3日(金):上野裕一郎、神野大地、長谷川太アナウンサー
番組ホームページ

ハッシュタグは「#ekiden1134」

※放送情報は変更となる場合があります。

また文化放送では、毎年恒例の『箱根駅伝への道』もオンエア! 10月1日(火)よりはじまった『文化放送 スポーツDASH NEXT』(火曜日~金曜日 18時~18時45分)内で放送中です。

また、出雲駅伝の開催にあわせて、特設サイト「大学駅伝ラジオ独り占め」もオープンしました。毎年駅伝ファンから大好評の駅伝取材日記「箱根駅伝への道」や、各レースの見どころなど、中継や大会情報をお伝えしています!

特設サイトはこちら

『ラジオ日本新春スポーツスペシャル 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継』

ラジオ日本では、例年以上に大混戦が予想されている2020年新春の「箱根駅伝」の模様を完全実況生中継で放送します。

1月2日(木)往路の解説は、大東文化大学在学時に箱根駅伝に4年連続出場し、区間賞獲得経験もある只隈伸也さん(大東文化大スポーツ健康科学部教授)。ゲストに2019年の箱根駅伝で主将を務め、悲願の初優勝を成し遂げた東海大学OBの湊谷春紀選手(横浜DeNAランニングクラブ所属)を迎えて、後輩たちの走りを見守りながら伝えます。

1月3日(金)復路の解説は、“早大三羽烏”のひとり、早稲田大学在籍時に2年連続2区を走った櫛部静二さん(城西大学男子駅伝部監督)。ゲストには青山学院大学のエースとして活躍し、箱根駅伝では3年連続で8区区間賞を獲得した下田裕太選手(GMOインターネットグループ所属)が登場します。

連覇を狙う昨年優勝校・東海大学OBと5連覇を阻止された青山学院大学OBのゲスト解説は要チェックです。

ラジオ日本新春スポーツスペシャル 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:2020年1月2日 木曜日 7時30分~14時25分
出演者:1月2日(木):只隈伸也、湊谷春紀、木村季康アナウンサー 1月3日(金):櫛部静二、下田裕太さん、細渕武揚アナウンサー
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコで駅伝中継を聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンでラジオを聴くなら
http://bit.ly/29bpbNX

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ