深夜に頑張っている人におすすめのラジオ番組!

2017年、新年早々お仕事で大忙しという方も多いのではないでしょうか? そんなみなさんの眠気も吹き飛ばす、聴いていて元気になれる番組をセレクトしました。いずれも生放送の番組なのでパーソナリティと同じ境遇を味わえます。全国ネットを行っていない、その放送局の独自の番組もありますので、ぜひラジコ(プレミアム)で聴いてみてください。

TOKYO FM『やまだひさしのラジアンリミテッドF』(金曜 25時~29時)

前身の番組「やまだひさしのラジアンリミテッド」を聴いて育った社会人も多いのではないでしょうか? 生放送でリスナーに電話をつないで相談に乗った時の、10代のリスナーへの懐の入り具合はもはや名人芸です。コーナーは、アーティストが初めて行ったライブがどのアーティストだったかを当てる「クイズ! はじめてのチューン」をはじめ、ゲストコーナーやネタコーナーも充実。ネタ職人番付で上位になったリスナーは、スタジオに招待されます!

ちなみに、やまちゃんは「言霊が大事なので、志望校や叶えたい夢は声に出して言った方がいい」ということを提唱していて、リスナーが志望校を宣言することがあり、清々しいものがあります。下ネタが多いのも特徴の一つですが、金曜の深夜にゲラゲラ笑ったり、やまちゃんの話に頷きながら聴きたい番組です。既に大人になった人にもおすすめ。

bayfm78『MOZAIKU NIGHT』(月曜~木曜 25時30分~29時)

月曜日のDJは「見ればどんな男子もムラムラするマジック」でおなじみの中村愛さん。「MOZAIKU NIGHT」の「月曜日」ならぬ「ゲス曜日」と呼ばれるほど、笑えるゲスの嵐です。個人的には「早口ゲス言葉」のコーナーがお気に入りです。「ゲスいことでも早口で言ってしまえば大してゲスく聞こえないかも」というコンセプトの元、リスナーから投稿された早口言葉が続々と紹介されます。

中村さんは「細かすぎて伝わらないものまね選手権」(フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」)に出演して、女子アナに関するネタ等を披露していますが、この番組でもものまねネタが炸裂します。深夜に働いている男性リスナーが多く、「お仕事頑張って!」の思いを込めて、かける曲は明るめの曲を選曲しているそうです。なお、番組が始まる20分ほど前からはツイキャスを行っています。週によってはセクシーな水着姿で登場することも!?

NACK5 『FANTASY RADIO』(金曜 26時~29時)

可愛らしいルックス…ながら、実はプロレスラーの春日萌花さん(通称「はるひー」)の番組です。声はアニメに出てくるキャラクターのような声をしていて、アニメ好きでもあります。主なコーナーは、おすすめのアニメ作品を紹介する「ファンラジ・アニメランド」、リスナーから寄せられた””告白”を紹介する「真夜中の告白」、さらに、気象予報士の資格を持っている春日さんが、身近に感じられるお天気の話を紹介する「お天気チョットいい話」などです。

ちなみに、気象予報士資格の取得は超難関で、合格率は5%といわれています。春日さんは3年半の勉強の後、取得したとか。特技は落語(新作落語創作、古典「子ほめ」「死神」「松竹梅」)だそうで、マルチな才能の持ち主です。

FM802『LNEM-エルネム-』(月曜~土曜 27時~29時)

『LNEM』は「Late Night Early Morning」からとったもの。DJオーディションで選ばれた女性6人のDJが、日替わりで担当します。曜日によってトークの雰囲気や得意なジャンルが異なりますが、共通していることは明るくて楽しいところ。月曜を担当している若手DJの板東さえかさんは、現役の「タワーレコード」のスタッフでもあります。実際に、番組に遊びに来たゲストにまつわるPOPを書くことも! 火曜を担当している河嶋奈津実さんは、高校2年生の頃に吹奏楽部の海外遠征でオーストラリアに渡り、現地でのコンサート全公演にて英語でMCを担当したことがあるそうです。木曜担当は、生放送直前にツイッターで予告の動画を公開している豊田穂乃花さん。水曜担当の高樹リサさん、金曜担当の田淵麻里奈さん、土曜担当の田中乃絵さんは10月から担当し始めたばかりです。

 

さらに、月に一度だけ放送される番組もあります。

ニッポン放送『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』(月1回 日曜 27時~29時)

2013年スタート。あの伝説の番組「中島みゆきのオールナイトニッポン」が復活すると知って、大喜びしたファンも多いのではないでしょうか? 放送は日曜日の深夜3時からですが、もちろん生放送です。日曜深夜は民間の放送局は放送機器メンテナンスのため、深夜から朝までは放送をお休みするため、その時間に仕事をしている人や起きている人にとってはありたがい番組です。「ネガティブ川柳」「白い選曲」などのコーナーのほか、実際に仕事をしている人からのメールを紹介する「真夜中に働いています!」のコーナーもあります。

聴きどころの一つは、みゆきさん自ら、ネット局の各地の天気を紹介する天気予報。「STVラジオがあります札幌地方のお天気は…」といった具合で紹介しますが、この時のみゆきさんの言い回しやコメントが好評です。ちなみに、昨年春に放送された「細かすぎて伝わらないものまね選手権」(フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」)では初出場の中垣みなさんが「中島みゆきのオールナイトニッポン」で「ラジオの天気予報の言い回しが独特すぎる中島みゆき」をまねして爆笑を誘っていました。

個人的には、秋川雅史さんが歌ったカヴァーソングを紹介する「今月の秋川雅史」(コーナーは終了)のコーナーが好きで、”衝撃的な曲”が毎回紹介されていました。コーナーの存在を知った秋川さんご本人からメッセージが紹介されたことも。みゆきさんは「げげげ!」「失礼いたしました!」と驚いていましたが、内容は実に”大人なコメント”でした(笑)。

KBCラジオ『オールナイトKBC マントル宮本の××(チョメチョメ)祭りだよ カーニバロー』(月1回 日曜 25時35分~27時)

こちらは生放送ではありませんが、「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」が始まったことに伴い、放送を休止していた時間帯に「何かやろう」ということでスタートした番組です。「マントル宮本」こと宮本けいすけアナウンサーはトークに定評があり、ウッドペッカーのような笑い方も、一度ハマるとクセになります。ちなみに、宮本さんは、当時アナウンス部所属の和田安生アナウンサーと共にワイド番組「びっくり! パワーシャベル」(2000〜2003年)を担当していて、2001年度日本民間放送連盟賞ラジオ生ワイド部門優秀賞を受賞しました。

「オールナイトKBC」は良い意味で「緩い番組」で、時間が空いているアナウンサーやパーソナリティーを自由に招き入れて雑談をしています。収録中はスタジオの外に「収録しているので手が空いている方はお入りください」と書いた紙を貼っているそうです。

ちなみに、マントル宮本さんは「男の夢と野望と欲望を、お腹いっぱいに詰め込んだ宮本けいすけ80キロ」というフレーズで紹介されますが、ウォーキングのおかげで80キロを切ったとか。途中で坂のある道を歩くと良いそうで「福岡良い坂 痩せる坂」を書いたら売れるかも…と言っていました(笑)。

 

今回紹介した番組は、いずれもテンションが高めで楽しい番組ばかりです。お仕事のお供にぜひ!

この記事を書いた人


やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ