ラジコでJクラブ応援番組を聴こう!【磐田・栃木・岩手】

3月も後半に入り、桜の開花ニュースも耳に入るシーズンになりました。2019明治安田生命Jリーグも開幕してからひと月経ち、ますます盛り上がりを見せていますね。この記事では、地域ごとにさまざまな特色があって奥が深く、地元密着型という共通点があるJリーグと、ラジオの魅力がつまったJクラブ応援番組を紹介します。

今回は、中村俊輔選手、大久保嘉人選手をかかえるJ1のジュビロ磐田、現役選手がクラブ応援番組DJを務めているユニークなJ2の栃木SC、今季からクラブ名が変更になったJ3のいわてグルージャ盛岡をピックアップします!

ラジコでJクラブ応援番組を聴こう!【神戸・横浜FC・讃岐】

サッカー Jリーグ開幕直前! ラジコでJリーグクラブ応援番組を聴こう!

「デジっち」で垣間見えたベテラン選手と監督の団結力 ジュビロ磐田

昨シーズンのジュビロ磐田の成績は、主力選手を怪我などで欠いたため低迷。残留争いの末、東京ヴェルディから勝利し、J1に残ることができました。

そんな苦いシーズンを経ての2019年J1リーグホーム開幕戦「松本山雅FC戦」のチケットは全席が完売。サポーターの今季への期待の高さがうかがえます。

ジュビロ磐田といえば、サッカー番組「やべっちF.C.」内のJリーグ公認クラブ紹介コーナー「デジっちが行く」が話題になりました。放送当時、J1最年長の中村俊輔選手や、J1通算最多得点者の大久保嘉人選手、サッカー日本代表経験のある川又堅碁選手に加え、名波浩監督が出演。お笑いコンビ・にゃんこスターのダンスを表情豊かに披露しました。

ベテラン選手と名指揮者の渾身のパフォーマンスは、新たなファン層に響き、開幕戦完売につながったのかもしれません。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J1リーグ 第5節
3月30日(土)15時 鹿島アントラーズ @ヤマハスタジアム(磐田)

クラブ応援番組『Ole Ole Jubilo』

26年目のシーズンを迎えたジュビロ磐田を年間通して応援しているサポートプログラム『Ole Ole Jubilo』。

シーズン中は、試合を終えた選手や監督のインタビューなどを放送し、ミックスゾーンでの声や息づかい、間合いから、気持ちやテンションがダイレクトに感じ取れます。

シーズンオフには、話題になった「デジっち」の裏側や仲良し同期トークバトルといったスペシャル企画も。東京五輪世代の注目若手、小川航基選手と大南拓磨選手が「好きな女性のタイプ」や「お互いの素顔プチ暴露」などの気になるテーマで盛り上がります。

番組のすぐ後に、清水エスパルスの応援番組『ISSO! S-PULSE』が始まる編成は、サッカー王国静岡ならではです!

Ole Ole Jubilo
放送局:K-MIX SHIZUOKA
放送日時:毎週金曜 21時00分~21時15分
出演者:新井真奈美

※放送情報は変更となる場合があります。

目指すはJ2定着とクラブ観客動員数最多記録の連続更新! 栃木SC

昨シーズン3年ぶりにJ2リーグに復帰した栃木SC。J3降格、J2復帰、そして残留という激動の3年間を指揮した横山雄次監督に代わり、田坂和明監督が招き入れられました。過去、大分トリニータをJ1に導いた戦術家の指揮官のもと、J2復帰2年目を戦います。

栃木SCのホームスタジアムである栃木県グリーンスタジアム(通称“グリスタ”)に来たら、一度は訪れたいのが昨季リニューアルしたスタジアムグルメ「BISTRO TOCKEY」。今季は「メガ盛り」メニューを販売し、約26cmの巨大バケットサンドや、重さ800gもあるバケツ入りジェラート(通常の5倍の大きさ!)などが多数展開されています。そのほかにも名産のいちごを使ったメニューや、創業70年の玉子屋の玉子焼きなどもあって大充実!

昨季の1試合平均の観客動員数がクラブ史上過去最多となったのは、グルメ改革もひとつの要因と言えるでしょう。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J2リーグ 第5節
3月24日(日)16時 レノファ山口FC @維新みらいふスタジアム

・明治安田生命J2リーグ 第6節
3月30日(土)14時 モンテディオ山形 @栃木県グリーンスタジアム

クラブ応援番組『SCFM ラジカン』

サッカー選手のラジオ出演は、試合後のインタビューや電話がスタンダード。しかし、『SCFM ラジカン』は違います。

DJは、2012年から栃木に在籍している現役栃木SCの背番号7・菅和範選手。ピッチでは相手のキーマンの動きをつぶすディフェンダーですが、ラジオではアシスタント無し! 番組の担当は今年で6年目で、シーズン中も毎週オンエアしています。ラジオでは攻めのプレースタイルです!

毎回栃木SCの選手やスタッフを招いてのゲストトークも安定感抜群。募集テーマもサッカー以外の恋愛や仕事の悩みもOKというオールマイティーさで、菅選手のクラブ愛、栃木愛、ラジオ愛があふれている番組です。ぜひ、一度お聴きください!

SCFM ラジカン
放送局:RadioBerry
放送日時:毎週火曜 20時00分~20時30分
出演者:菅和範
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

インパクトあり過ぎのマスコット・キヅールで注目! いわてグルージャ盛岡

今季からクラブ名が「グルージャ盛岡」から「いわてグルージャ盛岡」に変更されました。昨年は、J3リーグワーストの失点数を記録したこともあり、リーグ13位。今シーズンは失点を減らして勝ち点を積み重ね、上位に食い込みたいところです。

クラブを語る上で欠かせないのが、折り鶴をモチーフにしたクラブ公式マスコットキャラクター「キヅール」。グルージャはスペイン語で「鶴」を意味します。デビュー時には、その独特のフォルムとユニークなキャラ設定でネットを賑わせました。折りたたみ式の直線的な翼と、長い首があるシャープな上半身からにょきっと人間のものに似た黒い脚が……。設定が「笑福亭仁鶴さんや鶴瓶さん、落語が好き」ということから、座布団にも座ります。

先日、岩手県知事への表敬訪問にも同行した「キヅール」は、今季もますます活躍の幅を広げそうです。

《試合スケジュール》
・明治安田生命J3リーグ 第3節
3月24日(日)13時 ブラウブリッツ秋田 @いわぎんスタジアム

・明治安田生命J3リーグ 第4節
3月31日(日)13時 ロアッソ熊本 @いわぎんスタジアム

クラブ応援番組『やるJ!グルージャ』

シーズン開幕の春からリーグ戦が終了する冬まで、毎週月曜日19時から放送している『やるJ! グルージャ』。クラブ応援番組の多くは、収録スタイルで長さも15分程度が定番ですが、この番組は“生放送”で、 さらに“30分”も選手やクラブスタッフのゲストトークを聴くことができます。

生放送中は、メールも紹介しつつ進行するので、サポーターにとっては読まれるかどうかドキドキです。選手やスタッフと同じ時間を共有しているというライブ感がたまりません。

今季第1回目の放送では、ユースコーチと強化育成担当の方がゲスト出演。今季の展望や気になるJ3クラブなどを話題にしながらアットホームな雰囲気の放送でした。クラブ公式Twitterのスタジオ写真からもそのあたたかな空気感が伝わってきます。

やるJ! グルージャ
放送局:FM岩手
放送日時:毎週月曜 19時00分~19時30分
出演者:山本大一、松本奈菜
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

今回はジュビロ磐田栃木SCいわてグルージャ盛岡の応援番組を紹介しました。気になる番組があったら、ぜひラジコで聴いてみてください。

日本全国には特色のあるJリーグクラブ、そしてラジオの応援番組がまだまだあります。次回も注目クラブをピックアップして紹介していくのでお楽しみに! ラジオを聴いて、ぜひ気になるJリーグの試合へも足を運んでみてくださいね。

この記事を書いた人

高田りぶれ

ライター。ドラマとプロレスとサッカーとお笑いが好き。

Twitter

ラジコでサッカー中継を聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

民事裁判IT化 何が変わるの?

TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』毎週月曜日~金曜日 朝6時30分から放送中!(5月25日(水)放送分)

7時30分過ぎからは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」

先週水曜日、民事訴訟法と言う法律の改正案が、国会で可決・成立しました。2025年までに民事裁判を完全IT化するということですが、ではこれで何が変わるのか?

民事裁判IT化!?

詳しいお話しを、この件に詳しい、札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士に伺いました。

今まで紙で裁判所に書類を提出していたものを、インターネットで提出できるようにすると。裁判所の法廷に、例えば自宅のインターネット、法律事務所のインターネットを通じて参加をすると。そういったことですとか、裁判の記録に関しても紙で管理するのではなくて、電子データで管理できるようにすると、そういった内容が含まれる改正法が成立したと。
(札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士)

今回の民事裁判のIT化は、大きく分けて、今お話があった3つ。

文書を提出する際、紙ではなく電子データを活用。
裁判官以外は、法廷に出向かずウェブ会議などを通じて裁判に参加可能。
裁判の記録も紙ではなく電子データにより管理。
メリットの一つとしては審議の時間が短くなること。海外から見ると、日本の民事訴訟は判決が出るまで時間がかかり過ぎるとして、海外企業が日本での取引を嫌うケースもあるそうで、そういう点は、改善される可能性がある。

また、もう一つのメリットとしては、裁判自体が利用しやすくなること。特に遠方の裁判所に出向かなくてはいけない場合には、当事者や弁護士含め、時間や費用的負担が大きかったものが、軽減される見込み。

さまざまメリットがありそうですが、特に離婚調停のケースでは、メリットが感じられているようです。

離婚調停におけるメリット

離婚調停などに詳しいフェリーチェ法律事務所の後藤千絵弁護士のお話しです。

今まで離婚調停では、電話会議というシステムも導入されていたんですが、最終的な離婚の意思確認だけは、本人が裁判所に出廷して対面で行う必要がありました。離婚事案というのは、感情的な対立が激しいですし、DV事件というのもあります。相手方が裁判所にいるだけでも過呼吸やパニックになる方もいらっしゃいますし、相手がDV加害者だと現実的に危険もあります。ただ、オンライン化によって裁判所に出廷しなくてもよくなることによって、当事者の安全確保が図れますし、当事者の方の不安の解消も図れます。それが一番のメリットだと思います。
(フェリーチェ法律事務所の後藤千絵弁護士)

離婚というのはご本人の戸籍・立場を変える重大な決定なので、最終的な真意の確認は慎重にすべきという理由から、本人が出廷する必要があったのですが、今回は離婚の意思確認もウェブですることが可能になった。

ドメスティックバイオレンスやモラハラなどが原因の離婚調停の場合は特に危険で、実際に、2019年には、東京家庭裁判所の玄関前で、離婚調停中の妻が、夫に待ち伏せされて刺殺されたという事件もあったそう。

民事裁判のIT化により、直接顔を合わせずに裁判を済ませることが出来るのは被害者にとっては精神的にも安全面においてもかなり大きなメリットになりそう。

ここまで聞くと今回の民事裁判のIT化はメリットが大きいと感じますが、何かデメリットはないのか、再び加藤弁護士に伺いました。

デメリットは?

裁判官と画面でしか会うことができないということになった時に、その画面上にいる裁判官が書いた判決、あるいは画面上にいる裁判官が話しかけていることっていうものに対して、ご本人の方が納得できるのか、満足できるのかっていうところはあるかもしれないですよね。我々、今までの裁判のやりとりっていうのは、裁判所に実際に行って、言葉だけじゃなく、表情だとか、声の色みたいなようなものだとか、感じ取りながら、今、この裁判官はこんなこと考えてるんじゃないかっていうことを考えたりするっていうところがあります。やはりそういった、なんていうか、現場の空気感だとか、そういったものっていうのは、ウェブではなかなか伝わりにくいところがあるので、それが今後、裁判の中でどうなっていくのかなっていうところは、私も注目しているところです。
(札幌学院大学准教授でもある加藤正佳弁護士)

大きな課題がウェブ会議。実際法廷に立たれてきた弁護士さんの意見としては、現場で実際に顔を合わせないと分からない表情や声、現場の空気感なども非常に大切な要素であり、それがウェブ上でわからなくなっても大丈夫なのか?

また、判決を受ける側も、人間味のない画面上の登場人物からの言葉が、胸に響くのかどうか、など、デジタルならではの悩みもあるそうです。

その他、電子データで全て管理となると、データの改ざんや本人のなりすましなども起こる可能性があるので、そのあたりのセキュリティ対策も必須と指摘していました。

Facebook

ページトップへ