フジファブリック・山内総一郎×DJ・飯室大吾 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

今年30周年を迎える大阪のラジオ局FM802が6月1日(土)・2日(日)に縁ある豪華アーティストを招き、メモリアルイヤーを飾る「FM802 30PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」を大坂城ホールにて開催する。そこで、同イベントに出演するアーティストとFM802のDJによる緊急対談を実施!

「FM802 30PERTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」の初日6月1日(土)はホストバンドとして複数のボーカリストを迎えて演奏するフジファブリック。

毎週金曜12時からオンエアの『FRIDAY Cruisin' Map!!』を担当するDJ・飯室大吾と同番組内で「総ちゃん通信」という不定期コーナーを持つ、フジファブリックのVo&Gtで大阪出身の山内総一郎のコンビで対談を実施!

気心しれた、そして昔からFM802リスナーの2人だからこその“大阪ネタ”も飛び出す。

飯室:今年はFM802が開局30周年、フジファブリックがデビュー15周年というどちらも節目の年ですね!

山内:そうですね!

飯室:今年は15年間を振り返える機会が多いんじゃないですか?

山内:そうですね。今ツアーをやっているので各地で振り返りながら、メンバーとも思い出話をしてます。

飯室:どんな話になるんですか?

山内:このステージで盛大にコケたよねとか、ここで朝まで飲んだよねとか(笑)。

飯室:メンバーの誰かは覚えてるけど、誰かは覚えてないこともあったりするんでしょ?

山内:いっぱいありますね。ほとんどそんな感じです。FM802の30年間の思い出はもっといろいろ出てくるんじゃないか?と思いますよね。

飯室:確かに(笑)。開局の頃から、今でも第一線でやっている人もいます。僕はそういう人の開局の頃の話を聞くのが好きですね。昔はこんなことやってたとか、あの人はロン毛だったとか(笑)。

山内:僕、30年ぐらい前は大阪にいて一番FM802を聴いてる時期。学生の時も聴いたし、車の免許を取ってからは車の中でずっと聴いてて、すごい近い存在でした。

飯室:その頃のFM802の印象は?

山内:やっぱり“FUNKY 802 ”(FM802のキャッチフレーズ)な感じ。

飯室:それは今も言ってますからね。

山内:当時はウルフルズがよく流れてましたね。FM802で「ガッツだぜ!!」を聴いて、生まれて初めて自分のお金で買ったCDが「ガッツだぜ!!」の入った「バンザイ」っていうアルバムでした。

飯室:「ガッツだぜ!!」はヘビーローテーション(1996年1月)でしたね。あの曲を初めてラジオで聴いた時のインパクトはすごかったですね。

山内:ラジオだけじゃなく街中でかかってましたよね。商店街とかでもラジオを流している商店があるから、みんなが“なんやこの曲!”みたいな……。

飯室:わかる!

山内:あとスガさん(スガ シカオ)とかもそうですよね。「黄金の月」がヘビーローテーション(1997年6月)だったかな。だからヘビーローテーションにすごい憧れがあったんですよ。選ばれたい!って思ってました。どれだけ(曲が)かかるかを知ってたし、そこを目指してましたね。あと、15年前のデビューした時の思い出だと、そこの……(取材場所から見えるFM802のフロア)。

飯室:「FUNKY BAR」っていう名前ついてますね。

山内:そこで、2ndシングルの「陽炎」をヘビーロ-テーション(2004年7月)に選んでいただいた時に、アコースティックライブをやらしてもらったんですよね。でもデビューしたてでしたので、インディー時代の曲をやったんです。

飯室:FUNKY BARは、昔からFM802の方々とミュージシャンやプロダクションの方々が言葉を交わす大事な場所ですよね。

山内:開けた場所なんで“あ!どうも”みたいな。今はミュージシャンならフェスとかで年に2回、“久しぶり!”みたいな感じになりますけど、ここは年中そういう感じなんでしょうね。プロモーションにきているほかのアーティストの方々にも会えるし、そういう場所ってすごいなと思いますね。

飯室:30年の歴史を作った大事な場所。我々もミュージシャンを“お帰り”って迎えて、それに“ただいま”みたいな……。そういう気持ちできてくれるのがありがたい。そんな場所でフジファブリックもアコースティックライブをしたんですね。

山内:やりましたね。スタジオのブースじゃなくてブースの外にある『FUNKY BAR』でやるのがおもしろいですよね。あまりほかではないんじゃないですかね。

飯室:「FUNKY BAR」でのライブの歴史をひも解くだけでもおもしろいと思う。海外のアーティストもよくやってましたからね。

山内:え、見たい! FM802で働けばそれが見られるということですね(笑)。

飯室:そう(笑)。過去にはフルバンドでのライブもありましたね。怒髪天はフルセットで、ガチでやりましたからね(笑)。

山内:マジすか(笑)?

飯室:いわゆる客席エリアみたいな所には、我々DJが拳を上げて“オイ!オイ!”ですよね(笑)。で、フジファブリックの15周年に話を戻しまして、例えば15年間でターニングポイントをあげるとすれば?

昆夏美3年ぶりのソロコンサート開催「Kon Natsumi Concert 2024 - moi –」ゲストに小野田龍之介、ソニン、愛希れいか 9/14(土)~16(月祝)よみうり大手町ホール


昆夏美3年ぶりのソロコンサート『Kon Natsumi Concert 2024 - moi -』を、文化放送主催で、9月14日(土)~16日(月・祝)に、よみうり大手町ホールにて開催することが決定した。

2011年『ロミオ&ジュリエット』ジュリエット役のデビューから『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』、『マリー・アントワネット』など数々の大作で主要キャストを歴任し、ミュージカル界を牽引する歌姫として注目されている昆夏美。ソロコンサートの開催は実に3年ぶり。今回はこの3年間でさらに磨きのかかった歌声を生演奏に乗せ、約500席の贅沢な空間で余すところなく届ける。

各公演には、彼女と親交のある豪華ゲスト4名の出演も決定。
14日は『ミス・サイゴン』、『マチルダ』で共演の小野田龍之介、15日は、『マリー・アントワネット』でWキャストを務めたソニン、『トッツィー』で共演の愛希れいからがステージを華やかに彩る。

本公演は6月25日より、チケットぴあでプレイガイド最速抽選先行を開始。

コンサートタイトルの「moi」の意味はフランス語で“わたし”。
王道ヒロインから個性的なキャラクターまで幅広く演じ分ける、変幻自在な彼女が魅せる新しい表情に注目だ。

【昆夏美よりコメント】
「皆さまこんにちは。この度よみうり大手町ホールにてコンサートを開催することになりました。
コンサートに出演させていただく度に、歌だけでそのシーンを思い出していただけるような歌を歌うことを目標にしています。今回もどの曲でもそれぞれの役を思い出していただけるような、皆さまの心に届くような歌をお届けできたらなと思っています。
ゲストにも私の尊敬する大好きな方々をお招きさせていただきました。良い時間だったと思っていただけるコンサートにしたいです!」

■昆夏美(こん なつみ)プロフィール
 東京都出身。2011年『ロミオ&ジュリエット』で数多くの候補者の中からジュリエット役を射止め、メジャー作品プロデビュー。その後も『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役、『ミス・サイゴン』キム役など数々の大作に出演し、今年5月には『この世界の片隅に』で主演として公演を成功に導いた。活躍はミュージカルの舞台にとどまらず、映画『美女と野獣』ベル役の吹き替えにも抜擢された。日本を代表するミュージカル女優として多方面で活躍の場を広げている。

【公演概要】
■タイトル:『Kon Natsumi Concert 2024 - moi -』
■日時: 9月14日(土)18時00分
     9月15日(日)13時00分 / 17時00分 
9月16日(月・祝)13時00分 
3日間全4公演 ※開場は開演の45分前を予定しています。
■出演: 昆夏美
■ゲスト: 9月14日 小野田龍之介
9月15日 昼公演:ソニン / 15日夜公演:愛希れいか
9月16日 Secret
■音楽監督: 西寿菜
■会場: よみうり大手町ホール
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル(東京メトロ・都営地下鉄「大手町駅」C3番出口)
■チケット: 全席指定 11,000円 / U-25席  7,700円
※未就学児入場不可
※公演中止を除き、お買い求めいただきましたチケットのキャンセル・変更はできません。
※車いすをご利用のお客様はチケットをご購入いただき、事前に読売新聞東京本社 エンターテインメント室(t-entertainment@yomiuri.com)へご連絡ください。また、車椅子スペースには限りがございますため、ご購入のお座席でご観劇いただく場合もございます。予めご了承ください。
※全て税込み。U-25席は一般発売以降の取り扱い予定です。
※やむを得ない事情により、出演者が変更となる場合がございます。
※未就学児入場不可となります。
※チケットはお一人様1枚必要です。

<U-25席 注意事項>
※観劇時25歳以下の方が対象です。入場時に同行者含め身分証明書を確認します。
※お席はお選びいただけません。お連れ様とお席が離れる場合がございます。
※ご年齢確認時に26歳以上であった場合は、一般席(¥11,000)との差額を頂戴します。
※引換券ではご入場いただけません。
※公演当日、各公演の開場時間よりチケット受付にて座席指定券とお引換えします。

チケットぴあ/プレイガイド最速抽選先行(6月25日(火)10:00~7月2日(火)23:59)
チケットぴあ https://t.pia.jp/
*そのほかのプレイガイド先行販売や一般発売のスケジュールは随時発表。

■公式HP: https://www.toho-ent.co.jp/actor/63319
■主催: 読売新聞社/文化放送
■企画・制作: 東宝芸能
■お問い合わせ: 読売新聞東京本社 エンターテインメント室 (t-entertainment@yomiuri.com

Facebook

ページトップへ