フジファブリック・山内総一郎×DJ・飯室大吾 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

今年30周年を迎える大阪のラジオ局FM802が6月1日(土)・2日(日)に縁ある豪華アーティストを招き、メモリアルイヤーを飾る「FM802 30PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」を大坂城ホールにて開催する。そこで、同イベントに出演するアーティストとFM802のDJによる緊急対談を実施!

「FM802 30PERTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」の初日6月1日(土)はホストバンドとして複数のボーカリストを迎えて演奏するフジファブリック。

毎週金曜12時からオンエアの『FRIDAY Cruisin' Map!!』を担当するDJ・飯室大吾と同番組内で「総ちゃん通信」という不定期コーナーを持つ、フジファブリックのVo&Gtで大阪出身の山内総一郎のコンビで対談を実施!

気心しれた、そして昔からFM802リスナーの2人だからこその“大阪ネタ”も飛び出す。

飯室:今年はFM802が開局30周年、フジファブリックがデビュー15周年というどちらも節目の年ですね!

山内:そうですね!

飯室:今年は15年間を振り返える機会が多いんじゃないですか?

山内:そうですね。今ツアーをやっているので各地で振り返りながら、メンバーとも思い出話をしてます。

飯室:どんな話になるんですか?

山内:このステージで盛大にコケたよねとか、ここで朝まで飲んだよねとか(笑)。

飯室:メンバーの誰かは覚えてるけど、誰かは覚えてないこともあったりするんでしょ?

山内:いっぱいありますね。ほとんどそんな感じです。FM802の30年間の思い出はもっといろいろ出てくるんじゃないか?と思いますよね。

飯室:確かに(笑)。開局の頃から、今でも第一線でやっている人もいます。僕はそういう人の開局の頃の話を聞くのが好きですね。昔はこんなことやってたとか、あの人はロン毛だったとか(笑)。

山内:僕、30年ぐらい前は大阪にいて一番FM802を聴いてる時期。学生の時も聴いたし、車の免許を取ってからは車の中でずっと聴いてて、すごい近い存在でした。

飯室:その頃のFM802の印象は?

山内:やっぱり“FUNKY 802 ”(FM802のキャッチフレーズ)な感じ。

飯室:それは今も言ってますからね。

山内:当時はウルフルズがよく流れてましたね。FM802で「ガッツだぜ!!」を聴いて、生まれて初めて自分のお金で買ったCDが「ガッツだぜ!!」の入った「バンザイ」っていうアルバムでした。

飯室:「ガッツだぜ!!」はヘビーローテーション(1996年1月)でしたね。あの曲を初めてラジオで聴いた時のインパクトはすごかったですね。

山内:ラジオだけじゃなく街中でかかってましたよね。商店街とかでもラジオを流している商店があるから、みんなが“なんやこの曲!”みたいな……。

飯室:わかる!

山内:あとスガさん(スガ シカオ)とかもそうですよね。「黄金の月」がヘビーローテーション(1997年6月)だったかな。だからヘビーローテーションにすごい憧れがあったんですよ。選ばれたい!って思ってました。どれだけ(曲が)かかるかを知ってたし、そこを目指してましたね。あと、15年前のデビューした時の思い出だと、そこの……(取材場所から見えるFM802のフロア)。

飯室:「FUNKY BAR」っていう名前ついてますね。

山内:そこで、2ndシングルの「陽炎」をヘビーロ-テーション(2004年7月)に選んでいただいた時に、アコースティックライブをやらしてもらったんですよね。でもデビューしたてでしたので、インディー時代の曲をやったんです。

飯室:FUNKY BARは、昔からFM802の方々とミュージシャンやプロダクションの方々が言葉を交わす大事な場所ですよね。

山内:開けた場所なんで“あ!どうも”みたいな。今はミュージシャンならフェスとかで年に2回、“久しぶり!”みたいな感じになりますけど、ここは年中そういう感じなんでしょうね。プロモーションにきているほかのアーティストの方々にも会えるし、そういう場所ってすごいなと思いますね。

飯室:30年の歴史を作った大事な場所。我々もミュージシャンを“お帰り”って迎えて、それに“ただいま”みたいな……。そういう気持ちできてくれるのがありがたい。そんな場所でフジファブリックもアコースティックライブをしたんですね。

山内:やりましたね。スタジオのブースじゃなくてブースの外にある『FUNKY BAR』でやるのがおもしろいですよね。あまりほかではないんじゃないですかね。

飯室:「FUNKY BAR」でのライブの歴史をひも解くだけでもおもしろいと思う。海外のアーティストもよくやってましたからね。

山内:え、見たい! FM802で働けばそれが見られるということですね(笑)。

飯室:そう(笑)。過去にはフルバンドでのライブもありましたね。怒髪天はフルセットで、ガチでやりましたからね(笑)。

山内:マジすか(笑)?

飯室:いわゆる客席エリアみたいな所には、我々DJが拳を上げて“オイ!オイ!”ですよね(笑)。で、フジファブリックの15周年に話を戻しまして、例えば15年間でターニングポイントをあげるとすれば?

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ