フジファブリック・山内総一郎×DJ・飯室大吾 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

飯室:FM802のイベントそしてワンマンと、大坂城ホールでずっと終わらずに続いていくのがワクワクしてしゃ~ないですね。

山内:そう言っていただけると……。もちろんその後もバリバリ新曲を作って頑張るつもりなんですけど、やっぱり今、全力疾走の状態で、これが終わったらどうなるかがちょっと想像できないです(笑)。

飯室:燃え尽きるかもしれないですね(笑)。

山内:10周年の時は武道館でやらせしていただいたんですけど、その時は1週間ぐらい涙ぐんでました(笑)。

飯室:ロス(笑)?

山内:光景がよみがえるんですよ。拍手の音量とか音色とかが頭を離れなくて、ふと思い返すと涙ぐんでたり……。だから、終わったあとはどうなるかはわかんないですけど、6月1日(土)も10月20日(日)も人生で何度もないような経験をさせてもらえるんじゃないかなって思ってますね。楽しみです。

FM802ほどミュージシャンと近いラジオ局はないと思うんで、僕らもいろんな形で音楽が生まれるのを期待してますし、本当に音楽のことが好きなFM802の方々ともっともっとご一緒できたらいいなと思います。

飯室:まずは6月1日(土)のライブが終わった時の、ミュージシャンとDJとFM802のスタッフがワッシャーッてなって“お疲れさんでした~!”っていう光景を目指して……(笑)。

山内:そうですね! なぜかわかんないけど、そのイメージだけはできてるんですよね(笑)。

飯室:大事、大事(笑)。みんなで泣きそうな笑顔になって締めくくりたいですね。

山内:ホントに! 宜しくお願いします!!

■Text by 服田昌子
■Photo by 日吉“JP”純平

PROFILE

アーティスト情報

山内総一郎

2004年フジファブリックのギタリストとしてメジャーデビュー。
現体制となってから、ボーカル&ギター作詞作曲を手掛ける。
バンドは今年デビュー15周年を迎え10枚目となるFull Album『F』を発表。10月20日(日)には【フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」】を開催する。

DJ情報

飯室大吾

2006年、FM802のオーディションに合格し、同年DJデビューを果たす。
現在は『FRIDAY Cruisin' Map!!』(金曜12:00~18:00)と『802 MORNINGSCAPE』(日曜29:00~30:00)を担当。

番組内容

FRIDAY Cruisin' Map!!
放送局:FM802
放送日時:毎週金曜 12時00分~18時00分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

【イベント情報】FM802 30 PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC

●日程:2019年6月1日(土)開場=16:00/開演=17:00
6月2日(日)開場=16:00/開演=17:00
●会場:大阪城ホール
●出演:【6月1日】 阿部真央/HY(新里英之&名嘉俊&仲宗根泉)/エレファントカシマシ
クリープハイプ/SHISHAMO/Nulbarich(JQ)/スガ シカオ/KANA-BOON(谷口鮪)
東京スカパラダイスオーケストラ/NICO Touches the Walls(光村龍哉&対馬祥太郎)
フジファブリック/フレデリック
【6月2日】 AI/絢香/Official髭男dism/KREVA/JUJU/清水翔太/スキマスイッチ/高橋優/BEGIN
●料金:指定席 8,020円(全席指定/消費税込)※未就学児童入場不可
サイドバック席 7,500円(全席指定・税込)
※ステージに向かって、横~後方からの視点となる、お席になります。
※通常のお席とは異なった角度や距離で、コンサートをお楽しみいただけます。
※お席によってはステージ機材などにより、出演者およびステージが見えづらい場合がございます。予めご了承の上お買い求め下さい
●発売:チケット一般発売 4月27日
●主催:FM802
●協賛:ラビーズホーム/アークレイ/日本旅行/AAA (Act Against AIDS)
●協力:OUTDOOR PRODUCTS/radiko
●企画制作:FM802/キョードー関西
●お問い合わせ:FM802リスナーセンター info@funky802.com
●チケットに関するお問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

詳細

FM802 30周年記念ページ

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

【西武】西口文也ファーム監督インタビュー オフに手術をした森脇、佐々木健両投手のリハビリは「今のところは順調に進んでいる」

2月2日放送のライオンズエクスプレスでは前日に引き続き、埼玉西武ライオンズの西口文也ファーム監督にインタビューした模様を放送した。キャンプに先立って発表された班分けについて、そしてファーム監督としての来シーズンへの思いを訊いた。

――新人選手では武内夏暉投手、宮澤太成投手、糸川亮太投手がA班スタート。上田大河投手のB班スタートの理由は?
西口「最初から無理させて故障させてもいけないというところだと思います(新人合同自主トレでも別メニュー)。」

――昨年の1年目はA班スタート、シーズン中も一軍に居続けた青山美夏人投手もB班スタートですが理由は?
西口「はっきり言っていいのか分かりませんけど、今年は先発をやってみようというのでB班スタートになりました」

――じっくりと調整しなおすということ?
西口「元々大学の時に先発はやっていましたし、先発としてやってみようじゃないかと。中継ぎから先発をやるのは長いイニングを投げたりで違う部分はあるが、先発をやっていれば中継ぎもできる。投げるスタミナをつける部分で、A班よりもB班の方が取り組みやすいからではないですかね」

――A班では焦ってしまうからB班という心遣いもある?
西口「そこもあると思います。B班の方が投げさせやすい。A班だと他の投手の調整も考えないといけないので」

――青山投手の台湾ウィンターリーグでの投球はどうだった?
西口「まあまあ、ぼちぼちというところじゃないですかね(笑)」

――海外でプロのユニフォームを着て野球をするという経験は大きい?
西口「そうですね。違う環境で野球をするのはもちろんですし、どういうバッターか分からない状況で投げる経験ができたと思います」

――育成選手では唯一、タイシンガー・ブランドン大河選手がA班でキャンプインしますが、その理由は?
西口「元々ポテンシャルが高い選手で魅力もある。ちょっと怪我は多かったですけど、それも癒えて万全の体調で臨めるので、もう一度挑戦してもらおうというところです」

――本人は張り切りますね?
西口「やはりそこでしっかりとアピールしてもらって、支配下に戻ってもらいたい。ポテンシャルは高いので」

――ブルペンを支えた森脇亮介投手、佐々木健投手はオフに手術をして育成選手としてのスタートですが、リハビリは順調?
西口「今のところは順調に進んでいる。焦らずにやってほしいと思います」

――新人選手、昨年から育成の選手、支配下から育成になった選手と様々な選手がいますが、二軍と三軍ではどのような連携を取っていく?
西口「普段から連携は取れているのであえてという部分はないですけど、支配下から育成になった選手はどれだけもう一度支配下選手になりたいという強い気持ちを持てるか。それを持って練習に取り組むことが大事になってくる。どうやって声掛けしていくかは私たちにとって大切な部分だと思うので、気をつけながらやっていきたい」

――イースタンリーグ優勝、狙いにいきますか?
西口「上の方から今年は狙いにいけと言われている(笑)。もちろん狙いにいきたいと思っています」

※インタビュアー:文化放送・斉藤一美アナウンサー

Facebook

ページトップへ