フジファブリック・山内総一郎×DJ・飯室大吾 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

山内:志村君(志村正彦)が亡くなったことですね。それが5周年の時で、そこから15周年という今年を迎えられたというのは、周りの方に感謝の言葉しかないですね。

飯室:そこでフジファブリックというバンドが止まらなかったのがすごいことやと思うんですよね。

山内:このバンドで生きていこう!って決めて、ずっとやってきたので、やはりなくしたくないっていう気持ちが強かったですね。レディクレ(年末恒例のFM802のイベント「RADIO CRAZY」)直前に志村君が亡くなって……そういう時もFM802の方々は力になってくださいました。

飯室:出演が決定していたんですよね。

山内:リハーサルもやっていました。だから当日はDJの土井ちゃん(土井コマキ)のMCで、(用意していた)セットリストどおりにいろんな会場の過去の映像をつないで流させていただいて……。そういうのがあっての15周年だなって思いますね。

飯室:忘れもしないです。いわゆるフィルムライブの感じでやったんですよね。今に至るまでのそういうことも含めて、この15年の思いやストーリーをフジファブリックの音楽をずっと愛しているファンのみなさんは共有している……すばらしい環境だと思います。

山内:本当に感謝です。自分たちも頑張って音楽を作っているんですけど、作ってもそれを届けられなければやっぱり独りよがりになってしまうし、それではいけないと思うし……。聴いてくれる人がいるっていうことが、15年の重みをさらに感じさせてくれますね。僕らも30周年を目指してこの先もやっていきますけど、そういう気持ちは絶対に忘れずにいたいなと思います。

君は勝てるか!?少女マンガを愛してやまない坂口カンナが熱く語る「少女漫画」だけの30分間

毎週ディレクターやパーソナリティが実験的な試みをしている『日曜oR。』。7月10日(日)深夜1時からの放送は、『坂口カンナの少女マンガ語り』をお送りする。RKBラジオ『GotManyTunes』やFMラジオ局で音楽番組のナビゲーターを務めているタレント・坂口カンナが、愛してやまない“恋愛系少女漫画”について熱く語る30分間。

Facebook

ページトップへ