二宮和也『そもそもの話』にゲスト出演! 「嵐」デビューの裏側、「オフィスにの」近況を語る

麒麟・川島明さんがパーソナリティを務める『川島明 そもそもの話』(TOKYO FM)。4月20日(土)の放送は、嵐・二宮和也さんをゲストに迎え、デビュー当時の裏話や個人事務所「オフィスにの」の近況などを語りました。(TOKYO FM『川島明 そもそもの話』2024年4月20日放送分)

川島明のラジオ番組はこちらでチェック!

二宮和也のラジオ番組はこちらでチェック!

麒麟・川島明×二宮和也、1時間たっぷりトーク!

TOKYO FMを始めJFN37局ネットで放送中の『川島明 そもそもの話』。麒麟・川島明さんが、毎回多彩なジャンルのゲストを迎えて、意外と知らない"そもそもの話"を伺うインタビュー番組です。スペシャルウィークを迎えた4月20日(土)の放送では、嵐・二宮和也さんをゲストに迎えてお届けしました。

今回のゲスト出演は、2人の関係性を知った番組スタッフが、二宮さんの個人事務所「オフィスにの」の問い合わせフォームに出演依頼のメールを送ったことがきっかけでした。告知も特に無い中での出演に、川島さんは「1番引いてるのが僕とスタッフなんです」と語りました。

「ゲスト出演の経緯」を3分お試しで今すぐ聴く↓

番組前半は、二宮さんの芸能界入りから嵐としてデビューまでの話を中心に展開。事務所のオーディションは、いとこが二宮さんに内緒で応募したため、履歴書に何を貼られたかも分からず、自宅に1次試験の合格通知が来て、ようやく詳細が判明したエピソードが語られました。

2次試験は、当時行っていた野球の試合が重なったこともあり、オーディションの辞退を考えていた二宮さん。親からの「自分の人生において、人に評価をしてもらうタイミングなんてそうそう多くないんだから、行きなさい」という説得を受け、改めて野球がしたいことを告げると「5000円あげるから、行きなさい」と、お小遣いを条件にオーディションに参加したことを明かしました。

「オーディション裏話」を3分お試しで今すぐ聴く↓

その後、オーディションに合格し、1996年6月に事務所入りした二宮さんは、1999月9月に「嵐」でデビューを果たしました。二宮さんは当時、演劇の演出方面に進みたいと考えており、「デビューをして、いろんな人たちに出会ってから、"辞める"なんて簡単に言えるような空気じゃないな、ってところからのスタートなんだと思う」と当時の心境を語りました。

1999年の年始には、年末で事務所を辞めることを伝えていた二宮さん。事務所からは9月のハワイ行きを持ちかけられ、"卒業旅行"の気分で参加すると、そのままの流れで嵐のデビュー会見が行われることに。「"今度デビューする5人組はこいつらだ!!"ってなって。で、いたの。1、2、3、4、あれ…?」と、冗談交じりにデビュー会見を振り返りました。

「嵐デビュー会見の裏側」を3分お試しで今すぐ聴く↓

番組後半では、2023年11月に設立した個人事務所「オフィスにの」について語る場面も。2023年10月の独立以降、当初はマネージャーが不在のため、駐車場の申請やスタッフの連絡なども自ら行い、「仕事に対しての責任みたいなのが、すごくたくさん持つようになった」と語りました。

スケジュール都合で断った仕事も、台本や企画書には全て目を通しており、「極端な話、今まで出てきた分くらいの作品数を読んでるかも」と、環境の変化を振り返りました。

「「オフィスにの」の近況」を3分お試しで今すぐ聴く↓

川島明 そもそもの話
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 17時00分~17時55分
出演者:川島明(麒麟) ゲスト: 二宮和也
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#そもそもの話」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

川島明のラジオ番組はこちらでチェック!

二宮和也のラジオ番組はこちらでチェック!

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

BE:FIRST リーダーをつくらない理由とは? RYOKI「メンバーそれぞれが自立しているから、話し合いができる」

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」(毎週日曜12:30~12:55)。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。今回の放送では、7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTのJUNONさんとRYOKIさんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)JUNONさん、パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ、RYOKIさん



◆2人は似たもの同士?

BE:FIRSTのメンバーとは何度か会ったことはあるものの、面と向かってじっくりと話すのは今回が初めてというきゃりーは、2人の登場を前に「どんな話が聞けるのかとても楽しみです」と胸を躍らせます。

そして、JUNONさんとRYOKIさんの登場とともに、まずは自己紹介をしてもらうことに。

4月26日(金)に25歳の誕生日を迎えたばかりのRYOKIさんは、「20代後半になってきちゃうこともあり、やりたいことや叶えたい夢がたくさんあるので、若いうちにやりたいことをやっていきたいと思いながら最近過ごしています」と自己紹介。以前からずっとやりたいと思いつつも、まだ叶えられていないことのひとつとして「スカイダイビング」を挙げます。

とはいえ、もともと高いところが好きというわけではなく、「ジェットコースターも大人になるぐらいのタイミングでやっと乗れるようになったんです」と告白。「だけど、男たるもの“空を征服したい”みたいな(笑)」とその理由を明かします。

そんなスカイダイビングの話題から、知り合いがスキューバダイビングのライセンスを取得したことを思い出したというJUNONさんは、「ウミガメとかリアルで見てみたい」と願望を口にします。

和気あいあいとした雰囲気でトークが弾むなか、今回は「個性の磨き方」をテーマにトークを展開。

まずはお互いが思う魅力的な部分を尋ねると、JUNONさんは「彼(RYOKI)はすごく真っ直ぐなんですよね」と即答。対して、RYOKIさんは「JUNONは、7人を見たときに一番離れた性格のように見えるけど、実はすごく近いかもしれない」と言います。

どういう部分が“近い”と感じるかというと、「JUNONもすごく真っ直ぐ」と笑うRYOKIさん。そんな2人のやり取りに、思わずきゃりーは「何だよ、どっちも真っ直ぐなんじゃん(笑)。2人とも、(真っ直ぐすぎて騙されないように)気をつけて」と案じる場面も。

RYOKIさんいわく、“こう”と決めたら曲げない性格は2人して似通っていたこともあって、オーディションでの合宿で意気投合し、「JUNONは最初に仲良くなったメンバーですね。(グループ結成前から)2人でドライブに行ったりしていました」と話します。

そんな性格もあって、自身の強みについては「あまり人の意見を飲み込まないかも(苦笑)。そこは、良くも悪くも強みなのかもしれない」とJUNONさん。これを受けて、RYOKIさんは「良くも悪くもじゃなくて、良いんだと思う。結局、人生はその人の選択によると思うし、それが悪いって“誰が決めるの?”って。自分が後悔することがあっても、それはそれで学びになるし、何でもかんでも“ポジティブに捉えれば良くね?”みたいな。っていうのが、俺らじゃない(笑)?」と笑顔をのぞかせます。


(左から)パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ、JUNONさん、RYOKIさん



◆個性の強さが自分たち7人の強み

ここできゃりーから「メンバーが7人いて、それぞれの個性が強いと、グループをまとめたり、まとまったりするのは大変じゃないですか? みなさん、すごく仲が良いですけど、そこのバランスってどうしているんですが?」との質問が。

JUNONさんが「まとまってはいないですね。まとめないです、逆に」と答えると、RYOKIさんも「まとめたら終わりというか、まとめちゃいけないんだと思います」とうなずきつつ、そう語る理由について言及します。

RYOKIさんは、「それこそ最初にグループができたときもリーダーをつくらなかったし、(メンバー)それぞれが自立しているから、(リーダー的まとめ役がいなくても都度)話し合いができるというか。ちゃんと7人で話し合って、それをSKY-HIさんや会社に提出することが自前でできてしまうのが、僕たちの強みだと思う」と自己分析。

さらには「(メンバーそれぞれが)まとまらなかったとしても、各々をリスペクトするというか。全部がゼロヒャク(0-100)で答えを出す瞬間でないときもちゃんとつくるし、きちんと選択をしなきゃならないときは7人でちゃんと話し合っています」と明かしました。



また、フリートークでは、きゃりーが「もし、1日お休みだったらどう過ごしますか?」と質問を投げかけると、2人して「(1日だけじゃ)足りないよ~!」と本音が。

“自然が大好き”というRYOKIさんは、「温泉とか避暑地とか。(普段は)都心にずっといるから、人が少なくて自然のあるところでそっとしてほしい、みたいな(笑)。静かな場所で、川のせせらぎを聞きながら温泉に入りたい。ペットも一緒にコテージに連れて行くのもいいね」と話すと、JUNONさんも「(休みが1日だけなら日帰りで)温泉に行って星を見て帰ってくるのもいいかも」と次々に妄想が膨らんでいく2人でした。

2週に渡るJUNONさんとRYOKIさんとのトークを振り返り、きゃりーは「今回はいろいろとプライベートなお話が聞けてよかったです。2人ともアウトドアだったり緑が好きだったりと共通点もあって。(忙しそうなので)休めるときにゆっくり休んでほしいなと思いました」と話していました。

次回6月2日(日)のゲストは、女優の本田望結さんです。

<番組概要>
番組名:CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:きゃりーぱみゅぱみゅ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/heart/

Facebook

ページトップへ