山田裕貴のラジオ番組『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』

俳優・山田裕貴さんは、ドラマ『特捜9』シリーズ(テレビ朝日系)や『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)、映画『東京リベンジャーズ』など、数多くの話題作に出演。2021年には、月刊情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2021年 今年の顔」に選出されました。現在はNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演中で、2022年12月には主演映画『夜、鳥たちが啼く』の公開を控えています。

本記事では、山田さんにとって初のレギュラーラジオ番組『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』(ニッポン放送)をご紹介します。

山田裕貴出演 ニッポン放送『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』

山田さんは、2021年12月13日放送の『菅田将暉のオールナイトニッポン』にゲストとして出演。2022年1月11日には、単発で『山田裕貴のオールナイトニッポン』のパーソナリティを務め、2022年4月より『オールナイトニッポンX(クロス)』(毎週月曜~金曜24時)の月曜パーソナリティに就任しました。山田さんがラジオのレギュラーパーソナリティを務めるのは、この番組が初めてです。

番組では、仕事やプライベートの話題、リスナーとの交流など、人気俳優として注目される山田さんの素の部分を堪能できるのが魅力です。

山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 24時00分~24時58分
出演者:山田裕貴
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#山田裕貴ANNX」

※放送情報は変更となる場合があります。

『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』コーナー紹介

サクリファイス
テレビアニメ『かつて神だった獣たちへ』のオープニング曲として使用された、まふまふさんの『サクリファイス』に"魂の叫び"を感じる山田さんが、声を大に出して言いたいリスナーの「魂の叫び」を楽曲とともに紹介。6月13日の放送では、ゲストで登場した勝地涼さんがメールを読む「勝地ファイス」が放送されました。

日常ゲートウェイ
空間に穴を空けて行きたい場所へ瞬間移動する魔法「ゲートウェイ」を操る、マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ(Dr.ストレンジ)」が逃げ出したかもしれない、何気ない日常のワンシーンを紹介。

誰も知らない名言たち
まだ誰も知らない"あなただけが知っている名言"を紹介。

第一声
山田さんが4月4日の初回放送で、記念すべき第一声に「最初の一言、何て言っていいかわからん!」と発したことから、次回以降の第一声をコーナー化。リスナーが「声を大にして言いたいこと」を番組の第一声として紹介。

過去の放送エピソード紹介

レギュラー放送スタート! 小栗旬の言葉に胸キュン(2022年4月4日放送)

レギュラー放送の記念すべき初回は、「最初の一言、なんて言っていいか分からん!」の叫びからスタート。「新たに自分のことを知ってもらえる場があるのは、本当にありがたいことだと思う」と、自己紹介を中心としたトークを繰り広げました。

テレビCM「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」で共演した小栗旬さんと初対面を果たしたエピソードも披露。映画『東京リベンジャーズ』で、山田さんが不良組織の副総長・ドラケンを演じていたことから、小栗さんに「ドラケン!」と声をかけられ、「胸がキュンとする出来事だった」と嬉しそうに語りました。

山田裕貴が2人!? セルフ・アシスタントラジオ(2022年5月9日放送)

事前収録で放送されたこの回では「いつもの生放送とは違った回にしたい」という趣旨のもと、「アシスタント・山田裕貴」を迎えた特別企画を実施。山田裕貴のトークを山田裕貴がアシストする、番組史上初の"セルフ・アシスタントラジオ"をお送りしました。

本番前、リスナーから送られた「アシスタントの山田裕貴に言ってほしいセリフや相槌」を収録し、山田さんのトークに合わせて音声を送出する形式で、番組はスムーズに進行していくかと思いきや……。「うんうんうんうん」や「パッキャオ!」、「僕が本物の山田裕貴ですけどね」など、トークとは全く噛み合わない相槌に「これ、すげえうぜえ!」と困惑しながらも、無事に1時間の放送を終えたのでした。

勝地涼と芸能界入りのきっかけを語る(2022年6月13日放送)

2021年末に放送された『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ系)で初共演を果たした、勝地涼さんが番組初のゲストとして登場。芸能界に入ろうとしたきっかけや、お互いの第一印象にまつわるトークで盛り上がりました。

勝地さんは、芸能界に入ったきっかけにKinKi Kidsに強く憧れていたことを挙げ、母親の経営する花屋で行われた堂本光一さん主演のドラマ『P.S.元気です、俊平』(1999年、TBS系)の撮影を見学していたところ、瀬戸朝香さんの事務所にスカウトされたエピソードを語りました。

プロ野球選手の父親(山田和利さん)を持つ山田さんは、父親の影響で始めた野球を辞めた後に「何でこういう風に思うんだろう」、「人間の心を調べる仕事をしたい」と心理学に興味を示したことや、「俳優さんも人の人生を生きる仕事だから、いろんな人生を学べるかも」と、最終的に俳優業を目指したことを明かしました。その話を聞いた勝地さんも「ちゃんと悩みながら選んでいる。思いが一本あるから続けられている」と感心していました。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko社員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ