『ビバリー昼ズ』にオードリー登場! 高田文夫と『オードリーANN』東京ドーム公演を振り返る

高田文夫さんがパーソナリティを務める『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)。4月15日(月)の放送は、オードリーがゲスト出演しました。(ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』2024年4月15日放送分)

高田文夫のラジオ番組はこちらでチェック!

オードリーのラジオ番組はこちらでチェック!

オードリー、約5年ぶりの『ビバリー昼ズ』出演!

2024年4月に放送35周年を迎えた『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(以下:『ビバリー昼ズ』)。毎週月曜日は、高田文夫さんと松本明子さんのコンビでお送りしています。スペシャルウィークを迎えた、4月15日(月)から19日(金)までの『ビバリー昼ズ』は、高田さんの座右の銘の1つ「人気とは高さではなく長さだ!」を体現するスペシャルなゲストが連日登場。15日(月)は、お笑いコンビ・オードリー(若林正恭さん、春日俊彰さん)をゲストに迎えました。

オードリーの『ビバリー昼ズ』出演は、2019年6月10日以来、実に約5年ぶり。2月18日(日)には『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜25時~、以下:『オードリーANN』)の番組イベント「オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム」で成功を収めたのも記憶に新しいところです。

芸能界にもリスナーが多いことで知られる『オードリーANN』。最年長"リトルトゥース"(番組リスナーの愛称)を自称する高田さんも、東京ドームで2人の雄姿を見届けた1人。松本さんは、イベント中の場面転換でサプライズ出演を果たし、自身のデビュー曲「♂×♀×Kiss(オス・メス・キッス)」を披露しました。

春日さんは登場早々に「人気者でございます。高さも長さもある、ね。両方持っている」と饒舌ぶりを発揮し、高田さんから「お前、昼しゃべるねえ!」、「デーゲーム強いんだな」とツッコミが入ります。若林さんも「ファンミーティングだもん、今日なんか」と口にするなど、テンポの良いやりとりが繰り広げられました。

「オードリー登場!」を3分お試しで今すぐ聴く↓

「オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム」では、5万3000人の観客を前に漫才を披露したオードリー。会場の広さを考慮して、テンポの遅いネタを作ったという若林さんは「(ネタが)速いテンポのでも良かったなあって、途中で思いましたね。だから『オードリーANN』のリスナーは頭が良いんだろうね。反応が早い」、「リスナーは"パーソナリティに似る"って言いますからね」とリトルトゥースをべた褒めすると、春日さんも「我々が15年育てたんでね。成果が出たという、花が開いたという。東京ドームで」と、自画自賛が止まりません。

今年10月で放送15周年を迎える『オードリーANN』。高田さんは「スタートした時、どうなることかと思った」と率直な感想を述べつつ、「若林が6、7年前から力強くなったよな。いろんな意味で」と若林さんの成長ぶりを評価しました。一方、春日さんには「(若林さんに)ついていくだけだろ?」と冗談を口にすると、春日さんも「たまに追い越す時ありますよ!ちょっと1回、前に出る時あります!すぐに飲み込まれますから!」と負けずに応酬するのでした。

「東京ドームで漫才」を3分お試しで今すぐ聴く↓

東京ドームの振り返りトークに多くの時間が割かれる中、後半ではオードリーの近況にも迫りました。最近気になっていることに「チャットGPTの進化」を挙げた若林さんは、「『ビバリー昼ズ』に出るんだけど、どうしたらいいか?」とチャットGPTに質問した結果、「高田先生に自分の持っているお笑い哲学を話すといいと思います」と返されたエピソードを語りました。

「最近気になっていること」を3分お試しで今すぐ聴く↓

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~金曜 11時30分~13時00分
出演者:高田文夫(月・金) アシスタント:(月)松本明子(火)東貴博、黒沢かずこ(水)春風亭昇太、乾貴美子(木)清水ミチコ、ナイツ(金)松村邦洋、磯山さやか
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#ビバリー昼ズ」

※放送情報は変更となる場合があります。

高田文夫のラジオ番組はこちらでチェック!

オードリーのラジオ番組はこちらでチェック!

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

アーチェリー女子・野田紗月選手 チアアップソングはUVERworldの楽曲「自分を励ましてくれる歌詞が多いので、けっこう好きな曲が多いですね」

2024年パリオリンピックでの活躍が期待されるアスリートが熱い想いを語るTOKYO FMのラジオ番組「Cheer Up Station~route de paris~」。

5月26日(日)の放送では、「アーチェリー女子」の競技に注目。野田紗月(のだ・さつき)選手が、オリンピックでのアーチェリー競技の見どころを語ってくれました。

野田紗月選手



◆野田紗月選手が思うアーチェリー競技の見どころ

アーチェリー女子日本代表の野田紗月選手は、2023年8月の世界アーチェリー選手権で女子リカーブ個人で日本勢初の銅メダルを獲得。パリ五輪の内定が決定し、自身初となるオリンピックに挑みます。

オリンピックでのアーチェリー競技の見どころについて「(的の)10点に矢が集まるところです。普段の練習でやっていることがいつも通りにできると、本番の試合でも真ん中を射抜くことができるので達成感があります」「アーチェリーは“対人”ではなく“対的”の競技になってくる」と野田選手は言います。「10点に入っている本数とか相手との点差をしっかり見ていくと競技が面白く見えるんじゃないかなと思います」と語りました。

番組では、野田選手のチアアップソングの1つとして、UVERworldの「One stroke for freedom」をオンエアしました。好きなポイントとして、歌詞の「才能だけじゃ努力に勝てない 努力なんかじゃ楽しむ奴には勝てない」を挙げます。

「努力しないと才能って続かないと思いますし、楽しみながらできないと勝てないと自分でも思っているので、そういう意味で好きな曲です。UVERworldの楽曲は自分を励ましてくれるような歌詞が多いので、それでけっこう好きな曲が多いですね」とコメントしました。



----------------------------------------------------
5月26日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月3日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Cheer Up Station~route de paris~
放送日時:毎週日曜8:55~9:00
パーソナリティ:TOKYO FMアナウンサー
番組サイト:https://audee.jp/voice/show/83072

Facebook

ページトップへ