【ラジオな人】山口智充、中川家、原田龍二、安東弘樹出演! ニッポン放送『DAYS』プロデューサー・ 柴田篤さんインタビュー(前編)

ニッポン放送では、今年4月1日から新しい午後ワイド番組『DAYS』(月曜日〜木曜日 13時〜16時)がスタート。「働く人を応援!」というコンセプトで、山口智充さん、中川家、原田龍二さん、安東弘樹さんが日替わりでパーソナリティを担当しています。

今回は番組プロデューサーである、編成部長(※)・柴田篤さんにインタビュー。前編では、番組作りやパーソナリティ起用のポイントなどをお聞きしました。

※6月5日(水)取材時点。7月1日(月)よりニッポン放送編成部は、コンテンツプランニング局コンテンツプランニング部に変更となり、現在はコンテンツプランニング部部長。

インタビュー後編はこちら

働く人を応援する番組

ーー『DAYS』のコンセプトは「働く人を応援する」ですが、なぜこのコンセプトにされたんですか?

以前から番組の色やコンセプトは、きちんと明快にしたほうがいいと感じていました。ワイド番組は「音楽&トーク」や、「スポーツ&バラエティ」など、比較的漠然としたものになりがちなので、より具体的にしたいという思いがありました。

また平日の午後1時から4時という時間帯は「どういう方々が聴いているんだろう?」と改めて考えた時に、肌感覚や経験則からも「仕事をしながら、車で移動しながら」とか、「何かをしながら」とか、そういう方々が多いだろうなと思いました。

実際にその時間帯のリスナープロフィールや数字を見てみたら、やはり給料生活者と自営業、自由業の方が75%ぐらいなので「昼間の時間帯で働く人を応援する、そういう方々に聴いてもらえるような番組にしたいな」と考えました。

世代を意識しすぎない番組づくり

ーー私も仕事しながらラジオを聴いています。イメージしているリスナー層や、また具体的にターゲットとしている年代などはありますか?

あまり世代で切ろうとはしていないですね。「ラジオリスナーは年々高齢化している」という点は各局ともに実感しているのではないかと思うのですが、その中でニッポン放送としても、リスナーの若返りという部分は意識しています。しかし、それを意識するあまり今聴いてくださっているリスナーにとって退屈な放送になることは避けたいので、世代に関してはあまり意識しないで作っています。

例えば、今の50代は、10年前と20年前では、全然感覚が違うと思うんですよね。僕も50歳手前なんですけど、ロックライブを観に行くし、SNSも利用しますしYoutubeも利用します。

パーソナリティは全員アラフィフ!

50代・60代という年代からイメージするものと、実際のところはだいぶ変わってきているだろうと。だから「あまり年代にはこだわらないようにしよう」と考えました。ただ「若い人にも受け入れられつつ、上の世代にも受け入れられつつ」という部分を意識して、山口智充さん、中川家、原田龍二さん、安東弘樹さんの4組のパーソナリティをキャスティングしました。

実は全員、アラフィフなんです。一番若いのが中川家の礼二さんで、彼は47歳で僕と同い年です。ぐっさん(山口さん)は今年50歳、原田さんと剛さんは48歳、安東さんが53歳なので、ほぼ同世代。彼らの話を聴いて、みなさんが想像する50代の人たちとは感覚などが違うと思いますし、彼らよりも若い人が4人の話を聴いても面白く聴けて、共感できる部分もたくさんあるんじゃないかなと思います。

「ほぼトラ」はそもそもあり得ない? アメリカ大統領選挙の現状に迫る

4月17日「長野智子アップデート」(文化放送)、午後4時台「ニュースアップデート」に、上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんが登場。アメリカ現代政治が専門の前嶋さんに、今年11月に迫っているアメリカ大統領選挙について話を伺った。

前嶋和弘「アメリカって投票率がOECD加盟国、先進国の中でいちばん伸びているんですね。1996年の選挙で50%いくかどうかだったのが、2020年の選挙では65%までいきました。理由は何かというと期日前投票、これもしっかりやって、みんなを行きやすくさせた。いろんな努力をしています。あと近年、大混戦です。僅差の中で『自分の1票は大切だ』と思うところも増えた、ということもありますね」

鈴木敏夫(文化放送解説委員)「二極分化している中で、なんとしてでもバイデンに当選させてなるものか、なんとしてでもトランプはイヤだ、という人が『行かなきゃ!』となるんですか?」

前嶋「そうですね。あと選挙戦術もそうなんですよ。長野さんは何度もアメリカ大統領選挙を取材なさっていますけど、90年代ぐらいは真ん中に人がいた。いまは右と左に分かれて、バイデン応援団とトランプ応援団。よくバイデンさんの支持率が悪い、悪いと言います。バイデンさんの支持率、全体の40%ぐらいですけど、民主党支持者の支持率は85%ぐらいなんです。共和党支持者の支持率は5%ぐらい。やっぱり分かれていて、バイデン再選、絶対だ、と思っているほうと、いやいやトランプだ、と思うほうがかなり分かれてしまっている。それだけの熱意がある中で、引っ張られて選挙に行く、という人も多いわけですが、行かない人もいる。そこが問題ではあります」

長野智子「本当に二極化していて日本では『ほぼトラ』(ほぼトランプで決定)みたいな言葉をメディアでも、永田町でもよく聞くんですけど、どうですか?」

前嶋「そもそもアメリカっていま、2つの大きなことが起こっています。史上最悪の分断、もうひとつは史上最も厳しい僅差。この2つが一緒にあって、最も厳しい僅差なので、『ほぼトラ』ってそもそもあり得ない」

長野「はい」

前嶋「それと今年の選挙って予備選は基本的に共和党の戦いで、民主党側は、やっていたけど注目が集まらないので、トランプさんが勝っているシーンばかり見られている。また勝ったぞ、やっぱりトランプだ、みたいな話になるけど、それはおかしい。最近あまりニュースが日本で流れなくなって『いま、何?』みたいな状態ですけど、バイデン、トランプ、どっちが勝っているかというと、この2週間ぐらいでワッとバイデンが上がっていて、ほぼ並んでいる。このままずっといくんだと思います」

長野「へえ~!」

前嶋「なぜかというと、メディアにトランプが裁判の話で出てくる。選挙の話ではあまり出なくなったので、並んでくるんですね」

長野「露出が影響あるんですね」

前嶋「そして近年の選挙って最後の最後まで決まらない。2000年選挙から、どちらが勝ってもおかしくない、というのが続きました。今年もそうだと思います。秋ぐらいまで決まりません」

Facebook

ページトップへ