TVアニメ化記念! 『波よ聞いてくれ』原作のゲリラ放送を実施!

札幌のFMラジオ局が舞台の漫画『波よ聞いてくれ』が、2020年4月からのTVアニメ化を記念して、AIR-G'(FM北海道)とスペシャルコラボ! 

原作第2巻での主人公によるゲリラ放送を予告なしで実施しました。この貴重な放送はぜひタイムフリーでお聴きください!(AIR-G'(FM北海道)『サウンドハイタイド』10月7日(月)放送分)

『波よ聞いてくれ』とは?

『波よ聞いてくれ』は、『無限の住人』の作者・沙村広明氏の最新作。北海道札幌市を舞台に、スープカレー屋に勤務する主人公・鼓田ミナレ(以下:ミナレ)が、ひょんなことからラジオディレクターと出会い、業界に巻き込まれながら、ラジオDJとして活躍していく物語です。現在講談社「アフタヌーン」にて連載され、単行本は6巻まで刊行されています。

10月8日(火)には、TVアニメ化され、2020年4月より放送されることが決定! 第1弾キービジュアル、PV、スタッフおよびキャスト情報、キャラクタービジュアルが解禁されました。また、ミナレは、作品の舞台となる札幌市の“札幌観光大使”に就任し、観光大使としてのビジュアルも公開されています。

主人公・ミナレのゲリラ放送を予告なしで放送!

AIR-G'(FM北海道)では、TVアニメ化発表前(10月7日(月)27時30分〜)に、原作第2巻のミナレによるゲリラ放送を予告なしで実施。当日の番組も原作のMRS(藻岩山ラジオ局)のタイムテーブル通りに、原作登場番組である『Jヒッツプラネット』、『サウンドハイタイド』を再現し、制作チーム全面協力のもと実現しました。

放送内容は、ミナレが正式な仕事としてのラジオデビューを果たす、架空実況のシーン。「自分を裏切って逃げた男をたった今殺してきた女」という設定で迫真の演技を披露します。

タイトルコールもスポンサー紹介もスポットCMも一切なし! 告知もなしのワンマンショーは、『サウンドハイタイド』冒頭の音楽が流れている中、原作通り27時32分から突如スタートします。

ミナレ:……やったー……ついに殺してやったよ、光雄の野郎!

原作をお持ちの方はぜひ同じページを開いて聴いてみては?

惜しくも放送を聴き逃した方、もう一度聴きたい方は、ラジコタイムフリーで前代未聞のゲリラ放送をお楽しみください!

「波よ聞いてくれ」のゲリラ放送、詳細はこちら

サウンドハイタイド
放送局:AIR-G'(FM北海道)
放送日時:2019年10月7日 月曜日 27時30分~28時00分
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

栗にイガイガがあるのは「動物に食べられないため」ではない?

栗はブナ科の木の一種です。いちばん外側にあるトゲトゲは『イガ』と言います。内側の薄い皮のことを『渋皮』、外側の固い皮のことを『鬼皮』と言います。

この渋皮や鬼皮の部分が、栗の実にあたります。そうなると「私たちが普段食べている、黄色い部分は何なの?」と思いますが、これは『種』なのです。そして栗のイガの部分が『皮』にあたります。

このイガですが、どうしてトゲトゲしているのでしょうか? その理由ですが、詳しいことはわからないそうです。

『動物に食べられないため』という説がありますが、栗の場合、一般的には地面に落ちた段階で割れていて、実の部分…正確には種ですが、それがむき出しになっています。そのため、この説は違うのではないかと言われています。

現在、最も有力な理由は『虫から守るため』という説です。そうは言っても栗を茹でたとき、なかから小さい虫が出て来ることがあります。この虫は『ゾウムシ』という虫の仲間で、イガがあっても関係なく、栗のなかに卵を産みつけてしまうそうです。

それでも、イガがなかったらゾウムシ以外にもたくさんの虫に食べられていたと考えられるので、イガは“身を守る働き”をしていることになるそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ