山崎まさよし、主演映画『影踏み』を振り返る「泥棒役だったらいけるんじゃないか(笑)」

ライムスター宇多丸さんがパーソナリティを務めるTBSラジオ『アフター6ジャンクション』。11月25日(月)の放送では、ゲストアーティストがスタジオライブを行う「LIVE & DIRECT」のコーナーに山崎まさよしさんが登場。現在公開中の主演映画『影踏み』について語りました。(TBSラジオ『アフター6ジャンクション』11月25日(月)放送分)

原作者のお墨付きで主演を務める

14年ぶりに映画の主演を務めるた山崎さん。まずは出演が決まった当時を振り返りました。

山崎:映像的な活動も10何年やってなかったんで、大変は大変だったんですけど、ただまあ泥棒とかそっちだったらいけるんじゃないかなっていう(笑)。偉い人は無理だけど、民間の底辺で税金をなんとか払うみたいな人だったらいけるかなと。

宇多丸:山崎さんのようなプロの役者さんとは違う存在感じゃないと、この役は難しくて。逆に、山崎さんだからできる役だと思うんですよ。

山崎:原作の横山秀夫さんから「『影踏み』という小説は山崎さんはどうだろうか?」って推薦していただいたんですよ。

宇多丸:原作者のお墨付きだからハマるわけですね! 山崎さんはすごい影のある表情というか、色気がおありですよね。想像していた方向と全然違う話というか、ネタバレになっちゃうから言えないんですけど、すごくおもしろかったです。

一場面だけ出演した映画『黒い家』について語る

山崎さんが一場面だけ出演している映画『黒い家』の監督・森田芳光さんと山崎さんは、モントリオール映画祭で出会って意気投合したそう。その当時のエピソードも紹介されました。

宇多丸:森田さんとはどんな感じでお話されたんですか?

山崎:「僕の作品にも出てよ」って言われたときに、森田さんの助監を篠原さんがやってはったんですよ。それで森田さんの作品に僕の作品が写り込んでるんですよ。それはわざとやっていただいたらしくて。そこから「今度僕の作品に出てよ」って言われて、そば屋の出前役をやりました。

宇多丸:正直、あってもなくてもいいと(笑)。でもそこで急に山崎さんが出てくるから、今度お会いしたときに聞いてみたいと思ってたんですよ。その写り込んでる作品ってどれですか?

山崎:鈴木京香さんの『39 刑法第三十九条』に僕のファーストアルバムが写り込んでます。

宇多丸:その場面をちゃんとチェックしておきます。失礼しました。

圧倒的な歌の力やグルーヴ感を披露

主演映画『影踏み』の主題歌も交えた山崎まさよしさんのスタジオライブは宇多丸さんも感動! ぜひタイムフリーでチェックしてみてください。

アフター6ジャンクション
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 18時00分~21時00分
出演者:ライムスター宇多丸
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

名門復活へ! 大東文化大学・真名子監督「すべてを変えるつもりでやった」~箱根駅伝への道~


9月27日から毎週火曜日~金曜日「おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)の中で、18時30分頃に放送中の「箱根駅伝への道」(文化放送)11月16日から11月18日の放送では、4年ぶりの箱根駅伝出場を決めた大東文化大学の特集をお届けしました。

真名子監督「(就任時は)どの練習も質が低かった」

真名子監督に大東文化大学の監督に就任した際のチームの印象について訊くと「どの練習も質が低かったので、本当に初歩的なジョッグであったり、フィジカルといったことから、スピード練習まで全てを変えるつもりでやった」とのこと。

質の低さとはどういったところなのか?「スピードもそうだが、練習に対しての考え方や意識。なぜやっているのかわからないという感じで、何も目的のないまま練習をしている雰囲気があった。そういったところに質の低さを感じた」と教えてくれた。

この他にも真名子監督は、仙台育英で指導をすると決めた時のことや仙台育英時代の教え子吉居大和選手のことも語ってくれた。

 

「箱根駅伝への道」は火曜日~金曜日「おいでよ!クリエイティ部」の中、18時30分頃~文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
ナビゲーターを務めるのは東洋大学OBで二代目・山の神として活躍した柏原竜二さん。4年目になる今シーズンも熱心な取材をもとにした解説、コメントに期待してください。

Facebook

ページトップへ