山崎まさよし、主演映画『影踏み』を振り返る「泥棒役だったらいけるんじゃないか(笑)」

ライムスター宇多丸さんがパーソナリティを務めるTBSラジオ『アフター6ジャンクション』。11月25日(月)の放送では、ゲストアーティストがスタジオライブを行う「LIVE & DIRECT」のコーナーに山崎まさよしさんが登場。現在公開中の主演映画『影踏み』について語りました。(TBSラジオ『アフター6ジャンクション』11月25日(月)放送分)

原作者のお墨付きで主演を務める

14年ぶりに映画の主演を務めるた山崎さん。まずは出演が決まった当時を振り返りました。

山崎:映像的な活動も10何年やってなかったんで、大変は大変だったんですけど、ただまあ泥棒とかそっちだったらいけるんじゃないかなっていう(笑)。偉い人は無理だけど、民間の底辺で税金をなんとか払うみたいな人だったらいけるかなと。

宇多丸:山崎さんのようなプロの役者さんとは違う存在感じゃないと、この役は難しくて。逆に、山崎さんだからできる役だと思うんですよ。

山崎:原作の横山秀夫さんから「『影踏み』という小説は山崎さんはどうだろうか?」って推薦していただいたんですよ。

宇多丸:原作者のお墨付きだからハマるわけですね! 山崎さんはすごい影のある表情というか、色気がおありですよね。想像していた方向と全然違う話というか、ネタバレになっちゃうから言えないんですけど、すごくおもしろかったです。

一場面だけ出演した映画『黒い家』について語る

山崎さんが一場面だけ出演している映画『黒い家』の監督・森田芳光さんと山崎さんは、モントリオール映画祭で出会って意気投合したそう。その当時のエピソードも紹介されました。

宇多丸:森田さんとはどんな感じでお話されたんですか?

山崎:「僕の作品にも出てよ」って言われたときに、森田さんの助監を篠原さんがやってはったんですよ。それで森田さんの作品に僕の作品が写り込んでるんですよ。それはわざとやっていただいたらしくて。そこから「今度僕の作品に出てよ」って言われて、そば屋の出前役をやりました。

宇多丸:正直、あってもなくてもいいと(笑)。でもそこで急に山崎さんが出てくるから、今度お会いしたときに聞いてみたいと思ってたんですよ。その写り込んでる作品ってどれですか?

山崎:鈴木京香さんの『39 刑法第三十九条』に僕のファーストアルバムが写り込んでます。

宇多丸:その場面をちゃんとチェックしておきます。失礼しました。

圧倒的な歌の力やグルーヴ感を披露

主演映画『影踏み』の主題歌も交えた山崎まさよしさんのスタジオライブは宇多丸さんも感動! ぜひタイムフリーでチェックしてみてください。

アフター6ジャンクション
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 18時00分~21時00分
出演者:ライムスター宇多丸
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ