LiSA、リスナーと生電話で激励のメッセージを贈る!「ありったけかっとばせ!」

“未来の鍵を握るラジオの中の学校”をコンセプトに、グランジ・遠山さんが「とーやま校長」としてメインパーソナリティを務めるTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK』。3月12日(木)の放送では、歌手のLiSAさんが担当する「LiSA LOCKS!」で、リスナーと直接電話をつなぎ、激励のメッセージを贈りました。(TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』3月12日(木)放送分)

元野球部の高校生と筋肉トーク!「一番良い背筋ってどんな感じ?」

この日行ったのは、LiSAさんが組掲示板に書き込まれたメッセージの中から気になる生徒(リスナー)に電話をかける「LL逆電」。電話の相手は、この春高校を卒業し4月から理学療法士を目指して大学に通うという元野球部の高校生。「大学で楽しみにしていることは?」という質問から、いつの間にかLiSAさんが大好きだという筋肉の話題へ……。

LiSA:楽しみなことは何ですか?

リスナー:高校までの勉強では出来なかった新しい専門的な勉強が増えるので、そこはすごく楽しみです。

LiSA:なるほど! ちなみに、私は筋肉がすごく好きなので聞きたいんですけど、筋肉の勉強もしているんですか?

リスナー:はい、してます。

LiSA:ちなみにどこの筋肉が好きですか?

リスナー:個人的には背筋とか……。

LiSA:あー背筋! ちなみに一番良い背筋ってどんな感じなの?

リスナー:やっぱり逆三角形とかになるじゃないですかね。

LiSA:えー逆三角形! 見たい! ちなみに、逆三角形ですか?

リスナー:野球部現役の時は、一応そんな感じでした……(笑)。

LiSA:かっこいい!

自身の曲を引用して新たな場所へ旅立つリスナーへメッセージ「ありったけかっとばせ!」

理学療法士を目指そうと思ったきっかけや、今不安に思っていることなど、リスナーに質問しながら話を聞いていったLiSAさん。最後は電話をつないでいるリスナーはもちろん、この春から新たな場所へ旅立つ人へ向けて、自身が作詞した曲「Rally Go Round」の一部を引用してメッセージを伝えました。

LiSA:「ありったけかっとばせ!」野球ってこともあったし、理学療法士さんになるために、また新しい一歩を踏み出す君に、思いっきりそのまま突っ走って、ありったけかっとばして欲しいです!

リスナー:はい、ありがとうございます!

LiSA:頑張ってね!

リスナー:はい頑張ります!

「LiSA LOCKS!」は4月以降も引き続き放送!

今回の「LiSA LOCKS!」は、新たな場所へ旅立つ全ての生徒(リスナー)に向けて、LiSAさんが激励のメッセージを贈りました。

『SCHOOL OF LOCK!』は、3月いっぱいで現体制からの変更が発表されましたが、LiSAさんの担当する「LiSA LOCKS!」は、4月から別の時間帯に移り、引き続き放送されるとのこと。今後もLiSA先生の授業をどうぞお楽しみください!

SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 22時00分~23時55分
出演者:とーやま校長
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#SOL」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ