サカナクション・山口一郎、北海道の音楽性を語る「反響するものに対してすごく敏感なサウンド」

極楽とんぼ・加藤浩次さんとサカナクション山口一郎さんが出演! 小樽出身の2人がパーソナリティを務め、10月からレギュラー放送が開始したSTVラジオ『加藤さんと山口くん』。11月1日(日)は、山口さんが北海道の音楽文化について熱く語りました。(STVラジオ『加藤さんと山口くん』11月1日(日)放送分)

サカナクション・山口「土下座させられた」下積み時代の苦労を語る

事務所でサッカー勝負? Instagramも開設

今年7月の特別番組を経て、10月からレギュラー化された『加藤さんと山口くん』。今回は、山口さんが自ら事務所に加藤さんを呼び出すところからスタート。雨のため予定を急遽変更し、「加藤さんを癒す会」と題して、山口さんが加藤さんにサッカー勝負を持ち掛けます。

加藤:サッカーで? どこで?

山口:ここでですけど。

加藤:へへへへ……(笑)。ここでサッカーできないでしょ。

山口:一応、ゲームなんですけど。

加藤:サッカーゲーム? できるの?

山口:僕、ちょっとたぶんできると思うんですけど……。やった事ありますか?

加藤:昔やってた。

山口:僕も相当昔やってたんですけど。

加藤:ウイイレ(※「ウイニングイレブン」)……2とか3とか、すっげぇ昔。

山口:ははは(笑)。それ昔過ぎますね(笑)。

続けて山口さんは、番組公式のInstagramを開設した事やフォロワーをもっと増やしたい旨を加藤さんに伝えました。

山口:北海道に今すぐ行かなくても、番組が続く限り、北海道の魅力を興味を持ってもらうっていう意味でも……。

加藤:そこ、だからやっぱり1番このラジオの、そこ何にも俺らやってないから、まだ。ふふふ(笑)。

山口:いや、僕らが小樽出身っていうところで、ある種一つのテーマだったり大儀は達成してるんですけど、さらにね。

加藤:そうだね。能動的ね。

山口:そうです。

加藤:やっぱ、ちょっとそれ足りてないなあっていうのは、俺もなんとなく薄々気付いてたの。北海道を全国の方に知ってもらうとか「こんな良いところあるよ」とか、そういうのを怠ってるなっていうのを……(笑)。特番も含め、前回もこうやって録ったんだけど。

山口:でもまあ、楽しいじゃないですか、結構。今日もだから本当は釣りに行きたかったんですよ。

加藤:だって、あそこにあるもんね。あれ、釣りの道具じゃないの?

山口:どれですか?

加藤:あの白いの。あのクーラーボックス。

山口:あれはなんか普通に書類とか入れてる……(笑)。

加藤:はははは…(笑)。

番組公式のInstagramはこちら

サカナクション・山口が欲しいもの

加藤さんから「今欲しいもの」について訊かれた山口さんは、「一軒家が欲しい」と答えました。

山口:基本的に歌詞を書いたり曲書いたりする上で、東京で書くっていう事は結構やりきったなと思って。次は違う街で、海の見える釣りが行ける場所で曲作ろうかなって思って。

加藤:え、作る場所によって、全然(曲の)でき方違うの?

山口:家でも変わりますよ。

加藤:あ、そう。

山口:変わりますよ。だって日常なんで。だから、たとえば加藤さんと会って話したのもちゃんと音楽になるし。どう過ごすかっていう事でやっぱり作るものが変わりますから、ライフスタイルが変わると、やっぱり毎日波の音を聴いてたらちょっと緩い曲になったりしますよね。

加藤:おぉ、まあそうか。まあ、でも確かにそうだよね。暑いところの国の音楽とか、寒いところの国の音楽って、やっぱ全然違うもんね。

山口:気候はめちゃくちゃ音楽に影響出ますよ。だから、北海道でレゲエ流行ったの知ってます?

加藤:知らないよ!(笑)。いつ頃?

山口:僕が18~19(歳)ぐらいから流行り始めて。

加藤:何で? よさこいソーランのノリ?

山口:じゃなくて。たぶん南国への憧れなんですよ。南国への憧れがレゲエっていうものを北海道人に浸透させたんですよ。

山口、演歌のルーツを掘り下げる

山口さんは北海道出身のミュージシャンが多い事について、東京への劣等感がクリエイティブに繋がっているのではと自らの見解を示しました。

山口:たとえば、海外ミュージシャンが来日しましたってなると、聴きに行けないじゃないですか。しかも聴けないし、「新曲出ました」って雑誌の内容を見ても聴くのに時間がかかるじゃないですか。だから、想像を働かせるっていう1個のレイヤーがある分、手を加えるじゃないですか。そういう文化なのかなって僕は思うんですけどね。

加藤:自然は関係ある?

山口:雪が降るっていうのはめちゃくちゃ影響あると思います。雪が降ると音が反響しなくなるじゃないですか、街が。音が反響しないって事は、音に対してすごくクリアに音を聴けるじゃないですか。

加藤:ああ、そうか。そこまでか……?(笑)。

山口:いや、ありますあります。だから音に対してかけるエフェクトの種類とか、そういうのは北海道ってのは独特ですよ。リバーブの種類とかディレイとか、反響するものに対してすごく敏感なサウンドになりますよ。

また山口さんは北海道の独自の音楽性が演歌の拳にも共通している点を挙げ、演歌のルーツについて語りました。

山口:漁師町っていうのは、やっぱり民謡とか童謡があるんで、ルーツとしてはやっぱり演歌がすごく近いところにあります。

加藤:すっごい調べてるね、そういうのも。

山口:一応、ミュージシャンなんで。演歌は必ず"別れ"とか"悲しい"、あと"漁師町"とか、そういうルールがあって。だから、短歌とか俳句でいう季語ってあるじゃないですか。ああいうような事が演歌には必ずあるんですよ。

加藤:え、それがないと演歌って言わないの?

山口:演歌って呼んじゃいけないんですよ。

加藤:ああ、そうなんだ。

山口:だから、そこから外れる演歌をたとえばいろんな言い方があるんですけど、わからないですけど"ネオ演歌"なのか、なんか別の言い方があるんですよ。

加藤:ああ、そうなの。演歌とかって、何で北海道の人……。あと、あれは? 相撲取りで横綱とか多かったじゃん、北海道。あれ何でなの?

山口:いやあ……そこわかんないっすねえ。

加藤・山口:はははは(笑)。

北海道の民謡・童謡の発祥は…

山口さんの音楽論は、漁師町から北海道の訛りまで深く掘り下げる形で続きました。

山口:きっと、漁師町の人たちってローカリズムがすごく濃く残ってて、東京とか都会のものに対しての距離感がすごくあるからだと思うんですよ。そもそも日本語を話せるアイヌ人の人たちが増えてきた時に、アイヌの人がしゃべってる日本語を聞いたんですけど、めちゃくちゃ北海道訛りの漁師訛りだったんですよ。

だから、たぶん元々北海道での北海道弁っていうのは、漁師訛りのあのきつい感じだったんですね。なので民謡・童謡とか、要するに発祥はあの訛りでたぶん出てきてたんで、漁師町はそこがしっかり残ってると。そういう事だと思うんですけどね。

加藤:へ~、でもそういう流れがあるんだね。でも、ポップスも北海道の人多いじゃん。ドリカムさんにしてもGLAYにしてもさ、山口くんもそうだし、いっぱいいるでしょ。

山口:いますね。でもそれはね、札幌の街の構成上そうだと思うんですよね。

加藤:どういう事?

山口:要するに、北海道って札幌が1番デカいじゃないですか。旭川とか帯広とか、函館、釧路とか、北見もそうですけど、中でも北海道の札幌が1番大きいですよね。すすきのが中心になるじゃないですか。すすきのが中心にあるっていう事で、昔キャバレーとかライブバーが、めちゃくちゃすすきのにあったんですよ。R&Bブームが北海道のすすきのであったんですよ。

加藤:1960年代から?

山口:大黒摩季さんとか。まさにR&Bブームの真っ最中なんですけど、やっぱりああいう場で歌うのが一つ、北海道の中で流行るルーツになったんじゃないかなと。

加藤:それは元々、そういう文化になってたって事?

山口:なっていったんじゃないですか。

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 12時00分~12時30分
出演者:加藤浩次、山口一郎
番組ホームページ
公式Instagram

Twitterハッシュタグは「#加藤さんと山口くん」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

朝ドラ「ブギウギ」大阪弁指導担当・一木美貴子 主演の趣里は「大阪弁が天才的だった」

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」(毎週日曜15:00~15:50)。5月12日(日)の放送は、女優で大阪ことば指導者の一木美貴子(いちき・みきこ)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)小山薫堂、一木美貴子さん、宇賀なつみ



◆「ブギウギ」主演・趣里の大阪弁は「天才的だった」

一木さんは女優として活動する傍ら、NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」をはじめ、「カムカムエヴリバディ」や「マッサン」など、これまで数多くのドラマで大阪弁の方言指導を担当しています。

そこで一木さんに、「ブギウギ」で主人公・福来スズ子役を演じた趣里さんへの方言指導について尋ねてみると、「趣里さんは(東京都出身なのに)天才的だったので、(撮影が)始まる前に3時間のあいだに5回くらいガーッとお稽古をして、その後は特別に何もしていないです。音源をお渡しするだけでした」と明かします。

厳密にいえば、大阪弁と関西弁でも異なり、「関西弁は関西全域ですね」と一木さん。また、大阪と神戸でも違いがあり、「神戸は『~してる?』のことを『~しとう?』とか言わはるんです。京都は『~してはんの?』。大阪は『何してんの?』とストレートですね」と例を挙げます。

それを聞いた東京都出身の宇賀が「近いのにそれぞれ違うんですね」と驚いていると、一木さんは「地域性でしょうね。大阪はやっぱり商人の町ですし、神戸は港があるので外国に文化が入ってきていて、わりと異文化にも強いですね。おしゃれやしね。大阪の人は『自分、神戸違うん?』とか言われると、ちょっと嬉しなるらしいです(笑)」と解説します。

また、一木さんいわく、大阪弁だけでも大きく4つくらいに分類され「摂津とか泉南、河内。あとは船場。船場は商人の町で100年くらい続いているんですけど、社員教育として言葉教育があったんです。例えば、丹波篠山とか播州のほうから出てくると、『ほうやんけ』とか、語尾に『け』が付くのをお客さんには失礼だ、ということで『そうだすなあ』とかにしっかり直されるんです。私の説ですけど、船場の教育が大阪弁をわりと残しているのではないか」と推察します。

ここで小山からは、「今まで一木さんがドラマの方言を指導したなかで、役柄がどの地域から来ているかによって微妙に変えていたりするんですか?」との質問が。一木さんは、「台本をいただいたら、まずは時代ですよね。明治や昭和のはじめでだいぶ違うし、どこ出身で、どんな生活環境やったんかとか、全部そういったことを聞いて『こんな言葉にしましょうか』って言うて、ディレクターとかプロデューサーと相談して決めていきます」と答えます。

ドラマで大阪弁の方言指導を担当する際、実際に撮影現場に足を運び、その場で演者に指導をすることもあるという一木さん。そこでこの日スタジオでは、「ブギウギ」の台本をもとに、小山と宇賀が方言指導を受けてみることに。

小山は、柳葉敏郎さんが演じた花田梅吉役、宇賀は、水川あさみさんが演じた花田ツヤ役になりきります。2人で読み合わせをし、一木さんから方言指導を受けた小山は「これ、パニックになりますね。そもそものセリフも覚えなきゃいけないのに、イントネーションばっかり考えていると、セリフが飛びますね」と感想を語ります。

一木さんが、2人が演じたシーンをお手本として1人で読み上げると、宇賀は「高低が全然違う」と感心しきり。一木さんは「大阪弁は『ジェットコースターみたい』って皆、言わはりますね」と話していました。

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

Facebook

ページトップへ