『ナイナイANN』2020年最強の芸人を懸けて「岡-1グランプリ」開催!

12月17日(木)放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』は、「岡-1グランプリ」を開催! 優勝賞品のタラバガニ、毛ガニ、エビを懸けて、5組の芸人が熱い闘いを繰り広げました。(ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』12月17(木)放送分)

今年の「岡-1グランプリ」はイマジンスタジオで開催!

今年最後の放送となった『ナインティナインのオールナイトニッポン』は、スペシャルウィーク企画「岡-1グランプリ」を開催。今年で3回目となる今回は、ニッポン放送・イマジンスタジオで行われました。

矢部:うちの1番若いマネージャーがびっくりしてました。「めちゃめちゃ豪華ですねえ」って。で、「ああ、そう?」って言うたら、「"めちゃめちゃ"ではないですけど」って(笑)。一言余計な事を。「いや、めちゃめちゃ豪華でいいやんか」って。

岡村:めちゃめちゃ豪華ですよ。

矢部:「いや、めちゃめちゃじゃないですけど」って、すぐなんかノリ訂正してましたけどね。

岡村:めちゃめちゃ豪華になってますよ、今回も。

矢部:豪華やんな?

岡村:豪華ですよ〜。

審査員を務める岡村さんの審査と、厳しい予選(?)を勝ち抜いた芸人との掛け合いが人気の岡-1グランプリ。今年の出場者はミキ・昴生さん、インパルス・堤下敦さん、ぼる塾、トム・ブラウンの4組に加え、新設された敗者復活枠の計5組によって熱い闘いが繰り広げられます。優勝者にはタラバガニ、毛ガニ、エビといった豪華なプレゼント。

ネタが飛んだりハプニングが起きたりした場合は、岡村さんがベルを鳴らすシステムのもと、岡-1グランプリが始まりました!

トップバッターはミキ・昴生! 一人漫才を披露も…

トップバッターは、過去2年連続で優勝している昴生さん。3連覇を目指し、一人でミキの漫才を披露しようとするものの、開始直後に岡村さんからストップが入ります。

矢部:あら、"チン"出ましたね! どうしました!?

岡村:ちょっと、何で途中でヘラヘラしたんですか?

昴生:ちょっと……(笑)。

岡村:何で途中で歌い出した時、ヘラヘラしたんですか!

昴生:あの……1発目の曲、間違えたんですよ(笑)。

岡村:ちょっとやり直してください(笑)。

矢部:ほんまはそこでチンやったな。

(出囃子の音)

昴生:いや、ちょっと待って……! ちょっと……ストローク長いて、ここ!! それも緊張すんねん!

その後、体制を立て直した昴生さんは、勢いある一人漫才を披露しましたが…。

岡村:どうしたんですか? ミキ昴生さん。

昴生:これだけ言わせてくれ……。今年はやるな。今年、なに開催してんねん。

矢部:いや、でも決勝進出したんでしょ?

岡村:決勝進出しましたよ〜!

昴生:「決勝進出しましたよ〜!」じゃなくて、毎年言うてるけど、いつ予選行われてるねん!

岡村:ちょっと、準決くらいが危なかったみたいですよ、今年。

昴生:ど……誰の意見や、それは? 準決危なかってよう決勝来れたな、ほんまに!

矢部:普段見られてるんじゃない? もうそれが予選なんじゃない?

昴生:お……何言うてんねん自分。

矢部:普段の生活。

昴生:え!? びっくりしてる! 取り込まれてるやん、やべっち!

矢部:(『オールナイトニッポン』に)久しぶりに帰ってきて、たぶんこれ予選は普段やねんやわ。

昴生:何言うてんの、自分!?

岡-1グランプリのシステムや今回が初参加となる矢部さんの姿勢にキレ続ける昴生さんでしたが、矢部さんに結婚の内祝いを渡さなかった事を暴露されてしまい、タジタジとなってしまいました。

インパルス・堤下「昔のやべっち、そんなんじゃなかった!」

続いて、昴生さんと同じく3年連続出場、3連覇がかかる堤下さんの登場です。

堤下:どうも〜! こんばんは〜。いやいや、ありがとうございます。今年も呼んでいただきましてね。

岡村:(ベルを鳴らす)。

昴生:いや、早い早い。かわいそう。

岡村:何で堤下さん、もっとバーッと走って出てきてくれないんですか。

矢部:歩いたよねえ。

堤下:いや、それはだって、危ないって言われてるんで……。

岡村:いやいや、ちょっと……飲もう、牛乳。

堤下:いや、もう……(苦笑)。本当にこの牛乳の話してるの、岡-1だけですよね?

矢部:心配してんねん。

堤下:いや矢部さん、分かるんですけど、毎年ここの番組だけなんですよ! もう牛乳の話してるの。ほぼほぼ、他のところノータッチなんですよ。

スタジオに敷かれていた布団に寝るように促されながら、フリップ芸を披露した堤下さんでしたが、ネタの受けも悪く、不満を露わにします。

岡村:これはちょっと、あれやなあ……。昴生から堤下とちょっと続いてしもたなあ。このガンガン来るのが。

堤下:いや、違うんですよ! 僕、いいネタだったんですよ! これ本当に、珠玉の。ちゃんと全部やらせてくれたら。

岡村:いつもでも、ちゃんとしっかりやってくれてんのに。

堤下:だから今回もちゃんとやりたくてちゃんとフリップに書いてきたのに、最初から「ダメだ」とか言って「横になれ」とか言って。これ1年目にやりたかった事ですよ! もう3年目なんだからいいじゃないですか!

岡村:ちょっと、ほんまに牛乳飲んだ方がええと思う。

堤下:いや、本当に今年、矢部さんいてくれてるからこのネタ成立すると思ったのに、本当は違うネタ考えてた。矢部さんが帰ってきたからこっち側のツッコミ系のネタにしたのにさ!

矢部:いや俺、岡-1わからへんねん。初めてやから。

堤下:聴いてましたよ!! 2週前の(放送を)! 「岡-1って何ですか〜」って言って。

矢部:やろ?

堤下:その2週間までは勉強できるでしょう!! こっちは矢部浩之対策でこのネタ作ってるんだから!!

矢部:いや、「そのままで来てください」って言われて……。

堤下:矢部さんはそういう人じゃないと思ってた! 昔のやべっち、そんなんじゃなかった!

岡村:こんなに堤下って絡むやつやったっけ!?

ぼる塾・田辺、矢部にナンパされる!?

3番手は岡-1初出場のぼる塾。息の合ったトリオ漫才で、岡村さんのベルが鳴る事なくネタを最後までやりきりました。

岡村:何で、ぼる塾はちゃんとこうやって衣装着てくれてるの?

きりや:お仕事なので。

矢部:嬉しい。だからやっぱり唯一、コンテスト感出たもん。

岡村:そうやなあ。だって、ミキ昴生さんなんてもう完全にジャージやし。

昴生:女子高生みたいに呼ばんでええねん……。違う違う……。じゃあ、コンビで呼べよって! ちゃんとネタやるんだったら衣装着るよ。ぼる塾みたいに3人で呼ばれてね、やるんやったら。片っぽだけ呼ばれて、いつも何していいかわからんまま飛び出してねんから、ここに。

岡村:何で亜生は来てくれないの?

昴生:知らんがなっ、そんなもん!! スケジュール空いてんのに、あいつ! 来いよっ!! そもそも!

矢部:何してんの、今? 家におんの?

昴生:「何してる」って、あいつ家でしょ! 来いよっ!!

矢部:怖いなあ。

田辺:怖いねえ。

あんり:今日、昴生さん怖い〜。

また、田辺さんは収録現場で矢部さんと一緒になった時のエピソードを語りました。

田辺:こないだ、日テレのエレベーターで一緒になった時にナンパしてきた〜。

岡村:ナンパされたの!?

矢部:言わんといてよ〜。

あんり:なんか本当に矢部さん、目をトロンとさせて、エレベーターの角に寄りかかって、「目ぇ離せへんわあ」。

岡村:こんなんなかなか言わへんで! うちの相方は。

矢部:あら、恥ずかしいよ。マジなやつやから。

田辺:だってあの後、「おかしかったよねえ」って言ってて、「え〜、どうしよう。無理よ、私」って。

一同:はははは(笑)。

岡村:これはなかなかやで〜! うちの相方を振ってしまうっていうのは!

矢部:諦めたくないけどなあ。

田辺:でも揺らがないわよ、私。だってKAT-TUNの亀梨くんが好きなんだから。ごめんなさい。

矢部:亀梨くんは、ジャニーズは勝たれへんわ〜。

トム・ブラウン・布川「M-1の借りは岡-1でしか返せませんから」

4番手はこちらも岡-1初出場のトム・ブラウン。数字を使った完成度の高い漫才を披露し、会場を沸かしました。

矢部:すごいな、勢いやっぱり。

布川:いやあ、もう、絶対獲りたいんで。

岡村:本当に言うててくれましたもんね! Instagramとかでもね。

みちお:そうです。"粉骨砕身"の精神でやっていくという気持ちを込めてやってみました。

岡村:そうですよねえ。ちょっとこのラジオでもプチブーム来てましたから、トム・ブラウンは。

みちお:何回かお二人にもやっていただいて、すごく嬉しいですよ。

矢部:ネタハガキで。

布川:矢部さんが1回目より2回目が上手になってました。

矢部:ありがとう(笑)。

「今日はいつもの4倍くらいのパワーで叩いた」という布川さんは気合いが入り過ぎてしまい、ネタの受け具合を見てつかみの回数を増やしたそうです。

布川:M-1の借りは岡-1でしか返せませんからね。

昴生:そんな事ないねん。ほんまにそんな事ないねん。全然リンクしてないねん。

みちお:M-1の準々決勝で落ちた恨み、全部ここでぶつけましたからね。

岡村:いや、ほんまにぶつけてくれてる感じがした。

昴生:全然ぶつけるとこ間違えてるって……。

矢部:このモチベーションで来てほしいよね、やっぱり。昴生とか堤下に。

岡村:昴生なんて、トム・ブラウン観てる時にめっちゃ笑うてるやん!

矢部:お前、ゲラやな?

昴生:僕、トム・ブラウンさんめちゃくちゃ好きなんです……。

岡村:めちゃくちゃ笑うてるやんか!

昴生:笑うてもいいでしょ! だって別にそんな。

岡村:ネタ終わったら急にグッと顔戻すからやなあ。

矢部:笑った後文句言うから。

昴生:いやあ、もう1本くらいやってくれへんかなあ……。

布川:一応、あの……別に2本目も全然できますけど。

昴生:違うねん。そんなん違うねん。

その後、岡-1のラストを飾った敗者復活枠はまさかの人物が…!? 今年最後の放送にふさわしい盛り上がりを見せました。

ナインティナインのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之) ★出場者:堤下敦(インパルス)/昴生(ミキ)/トム・ブラウン/ぼる塾/敗者復活・特別推薦枠?
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ナインティナインann」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ