『ナイナイANN』2020年最強の芸人を懸けて「岡-1グランプリ」開催!

12月17日(木)放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』は、「岡-1グランプリ」を開催! 優勝賞品のタラバガニ、毛ガニ、エビを懸けて、5組の芸人が熱い闘いを繰り広げました。(ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』12月17(木)放送分)

今年の「岡-1グランプリ」はイマジンスタジオで開催!

今年最後の放送となった『ナインティナインのオールナイトニッポン』は、スペシャルウィーク企画「岡-1グランプリ」を開催。今年で3回目となる今回は、ニッポン放送・イマジンスタジオで行われました。

矢部:うちの1番若いマネージャーがびっくりしてました。「めちゃめちゃ豪華ですねえ」って。で、「ああ、そう?」って言うたら、「"めちゃめちゃ"ではないですけど」って(笑)。一言余計な事を。「いや、めちゃめちゃ豪華でいいやんか」って。

岡村:めちゃめちゃ豪華ですよ。

矢部:「いや、めちゃめちゃじゃないですけど」って、すぐなんかノリ訂正してましたけどね。

岡村:めちゃめちゃ豪華になってますよ、今回も。

矢部:豪華やんな?

岡村:豪華ですよ〜。

審査員を務める岡村さんの審査と、厳しい予選(?)を勝ち抜いた芸人との掛け合いが人気の岡-1グランプリ。今年の出場者はミキ・昴生さん、インパルス・堤下敦さん、ぼる塾、トム・ブラウンの4組に加え、新設された敗者復活枠の計5組によって熱い闘いが繰り広げられます。優勝者にはタラバガニ、毛ガニ、エビといった豪華なプレゼント。

ネタが飛んだりハプニングが起きたりした場合は、岡村さんがベルを鳴らすシステムのもと、岡-1グランプリが始まりました!

トップバッターはミキ・昴生! 一人漫才を披露も…

トップバッターは、過去2年連続で優勝している昴生さん。3連覇を目指し、一人でミキの漫才を披露しようとするものの、開始直後に岡村さんからストップが入ります。

矢部:あら、"チン"出ましたね! どうしました!?

岡村:ちょっと、何で途中でヘラヘラしたんですか?

昴生:ちょっと……(笑)。

岡村:何で途中で歌い出した時、ヘラヘラしたんですか!

昴生:あの……1発目の曲、間違えたんですよ(笑)。

岡村:ちょっとやり直してください(笑)。

矢部:ほんまはそこでチンやったな。

(出囃子の音)

昴生:いや、ちょっと待って……! ちょっと……ストローク長いて、ここ!! それも緊張すんねん!

その後、体制を立て直した昴生さんは、勢いある一人漫才を披露しましたが…。

岡村:どうしたんですか? ミキ昴生さん。

昴生:これだけ言わせてくれ……。今年はやるな。今年、なに開催してんねん。

矢部:いや、でも決勝進出したんでしょ?

岡村:決勝進出しましたよ〜!

昴生:「決勝進出しましたよ〜!」じゃなくて、毎年言うてるけど、いつ予選行われてるねん!

岡村:ちょっと、準決くらいが危なかったみたいですよ、今年。

昴生:ど……誰の意見や、それは? 準決危なかってよう決勝来れたな、ほんまに!

矢部:普段見られてるんじゃない? もうそれが予選なんじゃない?

昴生:お……何言うてんねん自分。

矢部:普段の生活。

昴生:え!? びっくりしてる! 取り込まれてるやん、やべっち!

矢部:(『オールナイトニッポン』に)久しぶりに帰ってきて、たぶんこれ予選は普段やねんやわ。

昴生:何言うてんの、自分!?

岡-1グランプリのシステムや今回が初参加となる矢部さんの姿勢にキレ続ける昴生さんでしたが、矢部さんに結婚の内祝いを渡さなかった事を暴露されてしまい、タジタジとなってしまいました。

インパルス・堤下「昔のやべっち、そんなんじゃなかった!」

続いて、昴生さんと同じく3年連続出場、3連覇がかかる堤下さんの登場です。

堤下:どうも〜! こんばんは〜。いやいや、ありがとうございます。今年も呼んでいただきましてね。

岡村:(ベルを鳴らす)。

昴生:いや、早い早い。かわいそう。

岡村:何で堤下さん、もっとバーッと走って出てきてくれないんですか。

矢部:歩いたよねえ。

堤下:いや、それはだって、危ないって言われてるんで……。

岡村:いやいや、ちょっと……飲もう、牛乳。

堤下:いや、もう……(苦笑)。本当にこの牛乳の話してるの、岡-1だけですよね?

矢部:心配してんねん。

堤下:いや矢部さん、分かるんですけど、毎年ここの番組だけなんですよ! もう牛乳の話してるの。ほぼほぼ、他のところノータッチなんですよ。

スタジオに敷かれていた布団に寝るように促されながら、フリップ芸を披露した堤下さんでしたが、ネタの受けも悪く、不満を露わにします。

岡村:これはちょっと、あれやなあ……。昴生から堤下とちょっと続いてしもたなあ。このガンガン来るのが。

堤下:いや、違うんですよ! 僕、いいネタだったんですよ! これ本当に、珠玉の。ちゃんと全部やらせてくれたら。

岡村:いつもでも、ちゃんとしっかりやってくれてんのに。

堤下:だから今回もちゃんとやりたくてちゃんとフリップに書いてきたのに、最初から「ダメだ」とか言って「横になれ」とか言って。これ1年目にやりたかった事ですよ! もう3年目なんだからいいじゃないですか!

岡村:ちょっと、ほんまに牛乳飲んだ方がええと思う。

堤下:いや、本当に今年、矢部さんいてくれてるからこのネタ成立すると思ったのに、本当は違うネタ考えてた。矢部さんが帰ってきたからこっち側のツッコミ系のネタにしたのにさ!

矢部:いや俺、岡-1わからへんねん。初めてやから。

堤下:聴いてましたよ!! 2週前の(放送を)! 「岡-1って何ですか〜」って言って。

矢部:やろ?

堤下:その2週間までは勉強できるでしょう!! こっちは矢部浩之対策でこのネタ作ってるんだから!!

矢部:いや、「そのままで来てください」って言われて……。

堤下:矢部さんはそういう人じゃないと思ってた! 昔のやべっち、そんなんじゃなかった!

岡村:こんなに堤下って絡むやつやったっけ!?

ぼる塾・田辺、矢部にナンパされる!?

3番手は岡-1初出場のぼる塾。息の合ったトリオ漫才で、岡村さんのベルが鳴る事なくネタを最後までやりきりました。

岡村:何で、ぼる塾はちゃんとこうやって衣装着てくれてるの?

きりや:お仕事なので。

矢部:嬉しい。だからやっぱり唯一、コンテスト感出たもん。

岡村:そうやなあ。だって、ミキ昴生さんなんてもう完全にジャージやし。

昴生:女子高生みたいに呼ばんでええねん……。違う違う……。じゃあ、コンビで呼べよって! ちゃんとネタやるんだったら衣装着るよ。ぼる塾みたいに3人で呼ばれてね、やるんやったら。片っぽだけ呼ばれて、いつも何していいかわからんまま飛び出してねんから、ここに。

岡村:何で亜生は来てくれないの?

昴生:知らんがなっ、そんなもん!! スケジュール空いてんのに、あいつ! 来いよっ!! そもそも!

矢部:何してんの、今? 家におんの?

昴生:「何してる」って、あいつ家でしょ! 来いよっ!!

矢部:怖いなあ。

田辺:怖いねえ。

あんり:今日、昴生さん怖い〜。

また、田辺さんは収録現場で矢部さんと一緒になった時のエピソードを語りました。

田辺:こないだ、日テレのエレベーターで一緒になった時にナンパしてきた〜。

岡村:ナンパされたの!?

矢部:言わんといてよ〜。

あんり:なんか本当に矢部さん、目をトロンとさせて、エレベーターの角に寄りかかって、「目ぇ離せへんわあ」。

岡村:こんなんなかなか言わへんで! うちの相方は。

矢部:あら、恥ずかしいよ。マジなやつやから。

田辺:だってあの後、「おかしかったよねえ」って言ってて、「え〜、どうしよう。無理よ、私」って。

一同:はははは(笑)。

岡村:これはなかなかやで〜! うちの相方を振ってしまうっていうのは!

矢部:諦めたくないけどなあ。

田辺:でも揺らがないわよ、私。だってKAT-TUNの亀梨くんが好きなんだから。ごめんなさい。

矢部:亀梨くんは、ジャニーズは勝たれへんわ〜。

トム・ブラウン・布川「M-1の借りは岡-1でしか返せませんから」

4番手はこちらも岡-1初出場のトム・ブラウン。数字を使った完成度の高い漫才を披露し、会場を沸かしました。

矢部:すごいな、勢いやっぱり。

布川:いやあ、もう、絶対獲りたいんで。

岡村:本当に言うててくれましたもんね! Instagramとかでもね。

みちお:そうです。"粉骨砕身"の精神でやっていくという気持ちを込めてやってみました。

岡村:そうですよねえ。ちょっとこのラジオでもプチブーム来てましたから、トム・ブラウンは。

みちお:何回かお二人にもやっていただいて、すごく嬉しいですよ。

矢部:ネタハガキで。

布川:矢部さんが1回目より2回目が上手になってました。

矢部:ありがとう(笑)。

「今日はいつもの4倍くらいのパワーで叩いた」という布川さんは気合いが入り過ぎてしまい、ネタの受け具合を見てつかみの回数を増やしたそうです。

布川:M-1の借りは岡-1でしか返せませんからね。

昴生:そんな事ないねん。ほんまにそんな事ないねん。全然リンクしてないねん。

みちお:M-1の準々決勝で落ちた恨み、全部ここでぶつけましたからね。

岡村:いや、ほんまにぶつけてくれてる感じがした。

昴生:全然ぶつけるとこ間違えてるって……。

矢部:このモチベーションで来てほしいよね、やっぱり。昴生とか堤下に。

岡村:昴生なんて、トム・ブラウン観てる時にめっちゃ笑うてるやん!

矢部:お前、ゲラやな?

昴生:僕、トム・ブラウンさんめちゃくちゃ好きなんです……。

岡村:めちゃくちゃ笑うてるやんか!

昴生:笑うてもいいでしょ! だって別にそんな。

岡村:ネタ終わったら急にグッと顔戻すからやなあ。

矢部:笑った後文句言うから。

昴生:いやあ、もう1本くらいやってくれへんかなあ……。

布川:一応、あの……別に2本目も全然できますけど。

昴生:違うねん。そんなん違うねん。

その後、岡-1のラストを飾った敗者復活枠はまさかの人物が…!? 今年最後の放送にふさわしい盛り上がりを見せました。

ナインティナインのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之) ★出場者:堤下敦(インパルス)/昴生(ミキ)/トム・ブラウン/ぼる塾/敗者復活・特別推薦枠?
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#ナインティナインann」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

「節分行事」やりますか? 豆まき、恵方巻、柊鰯…アンケート発表!

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜6:00~9:00)。今回の放送では、TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施。2月3日(金)の放送は、この日の節分にちなんで「節分行事、やりますか?」というテーマでアンケートをおこないました。果たして、その結果は……?


2月3日は節分です。節分とは、各季節の節目(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言います。一般的にイメージする節分として行事をおこなうのは、立春(毎年2月4日頃)の前日の節分です。

立春は、厳しい寒さを乗り越えて春を迎えられる日です。特にめでたいとされているため、伝統的におこなわれる風習がいくつかあります。

1つは豆まき。エネルギー源である豆をまくことで、病や災いをはらい、豆を食べることで力をもらえると考えられています。

そして恵方巻。こちらは巻き寿司で、その年の演技の良い方角・恵方を向いて食べるのが一般的です。ちなみに2023年の恵方は「南南東」です。

そして、柊鰯(ひいらぎいわし)。鬼は生臭いニオイと柊のトゲが苦手ということで、柊の枝にイワシの頭を刺したものを玄関に飾ることで、鬼が入ってこないようにするというもの。地域によって違いはありますが、節分にはこういった風習行事がおこなわれます。

この話題を受けて設定された今回のアンケートテーマはコチラ!

Q. 節分行事、やりますか?
・やる……52%
・やらない…48%

この結果にパーソナリティのユージは「半々くらいに分かれたね~! でも、『やらない』が48%もいるんだね」とコメント。

同じくパーソナリティの吉田が「(豆まきをした後は)1ヵ月後ぐらいにベッドの横から出てきたりしますもんね」と話すと、ユージも「ある! なんかガリッって音が聞こえて、見たら粉々になった大豆が……(笑)。でも、それもちょっと風情あって良いけどね。『豆まきやったなぁ~。もう3ヵ月も経つのか』と思い出したりね」と話していました。

最後に吉田は「5歳以下の子は奥歯などがしっかり生えていないので、食べさせないように、という(消費者庁からの)お知らせがありました」と紹介。


あらためて「みなさんも、のどに詰まらせないように注意してくださいね」と呼びかけました。

パーソナリティの吉田明世、ユージ



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年2月11日(土) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ