7ORDER・諸星翔希、初単独ラジオを語る「聴いている人が明日からがんばろうと思える番組にしたい!」

音楽、演劇、アートなど多ジャンルでの活躍が話題の7人組アーティスト・7ORDER。2021年4月からメンバーの諸星翔希さんが東海ラジオでラジオパーソナリティを務める『7ORDER 諸星翔希の青春ファンク』がスタートしました。

番組は、AMラジオながら毎週サックスの音色が響く、愚痴&お悩み相談への親身な回答など、気になる要素が満載で注目度が上昇中! ラジコでは、パーソナリティを担当する諸星さんにインタビューを行い、ラジオ番組が決まった時の心境やジングル制作秘話、他局でラジオ番組を持つメンバーとの関係性などをお聞きしました。

また、今回のインタビューを記念した諸星さんのサイン入りスピーカーをプレゼントする企画もTwitterで実施中です。こちらもぜひチェックしてみてください(※企画は2021年7月14日(水)まで)。

萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希…7ORDERのメンバーが出演するラジオ番組

パーソナリティが決まって『BRUTUS』ラジオ特集を購入

――初の単独ラジオパーソナリティが決まった時のお気持ちは?

諸星:ラジオはひとりでやったことがなかったので、正直全然イメージできなかったです。毎日聴くようなタイプじゃなかったので、どうしていこうかなと。めちゃ嬉しくてワクワクするけど、できるのかな……って期待と不安が入り混じっていました。

――番組を担当することが決まってからは、どんな準備を?

諸星:まず、ラジオを特集していた雑誌『BRUTUS』(2021年3月15日号 No.934 「なにしろラジオ好きなもので③」)を買いました。もともと『BRUTUS』が好きで読んでいて、特集に載っていた福山雅治さんのラジオを聴いたりしましたね。あとは7ORDERのメンバーが担当していた番組も参考にしながらイメージを膨らませていきました。

「ラジオで何を学んだか、何を感じたか」…7ORDERラジオメンバーで情報交換

――7ORDERのメンバーは、萩谷慧悟さんがNACK5『7ORDER萩谷慧悟のNACK7』(『ラジオのアナ~ラジアナ まな板SHOW・TIME!』内、毎週火曜25時40分〜)、真田佑馬さんと森田美勇人さんがInterFM897『真田・森田のPIZZA WAVE』(毎週木曜23時〜24時)でパーソナリティを担当されています。

諸星:他のメンバーは僕のラジオを聴いてるのかな!?……わからないですけど(笑)。萩ちゃん(萩谷さん)担当のNACK5『NACK7』は、メンバーが毎週ひとりゲスト出演するので、その時の番組の進め方を聴いて参考にしてみようと思いましたね。また萩ちゃんからは「この企画を青春ファンクでもやってよ!」みたいな提案もありました。

InterFM897『真田・森田のPIZZA WAVE』チームからは、番組の企画で石川県の能登に行ってさまざまな体験をした話を聞きました。ラジオで何を学んだか、何を感じたか……経験したことをお互いに話すことはありますね。

「あ…久保田だ!」から完成させた渾身のジングル制作秘話

――番組で流れるジングルがかっこいいですよね。

諸星:それはマジでありがたいです! 最初の番組会議の時にノリで「ジングルとかいいですよね。作ってみます!」って言っちゃって……作ったことないのに(笑)。数日後、寝る前に急に「あ…久保田だ!」って思いついて。今まで聴いてきた久保田利伸さんの温度感と僕のサックスを組み合わせて、歌もちょっと入れてみるのがいいんじゃないかなって思って……寝たんですよ(笑)。

翌朝起きてすぐに「よし、絶対今やる!」と自宅で吹き込みました。歌の練習用に使っていた機材でハモリなどを入れて編集を重ねてデモを制作して、最終的にスタジオで仕上げたんです。今回のジングルを切り口に曲作りが出来るようになったら、自分の成長をもっと実感できるかもしれないですね。

リスナーの気分にマッチする曲を…「青春ファンク」プレイリストを作成

――番組が始まって、ラジオパーソナリティを担当してから意識するようになったことなど、ご自身の変化はありますか?

諸星:音楽の聴き方がすごく変わりましたね。今までは自分の観点だけで好きな音楽を選んで聴いてきました。ラジオが始まってからは、「〇〇な気分やシチュエーションに合う曲」というリクエストに答えられるように「青春ファンク」というプレイリストを作りました。いろいろな感情にマッチする曲を見つけてストックしています。

周りから「なんかいい曲ない?」って聞かれた時に答えられないと「おまえ、全然ファンク好きじゃないじゃん」ってツッコまれちゃうかなと思って(笑)。

実は自らを追い込み、すり減らしている!? 人気コーナー裏話

――お悩み&愚痴相談コーナー「スカッとファンク」も好評です。

諸星:ありがとうございます! たまにすごい角度からの相談が来ることもあるんですよ! そんな時は、いったい僕は何を言ってあげられるか、僕だったらどうするかを収録の直前まで考えていますね。実はめちゃくちゃ神経をすり減らしてます(笑)。

――毎週サックスを吹くコーナーはAMラジオでは珍しいですよね。

諸星:番組の内容を決める時に「毎回サックスを吹くのはどうかな?」っていうアイデアが出たんです。サックスを入れることで番組のカラーがわかりやすくなるし、僕にとっても1回1回の収録に対してプレッシャーがあったほうがいいんじゃないかなとも思ったんです。「もうすぐ収録あるじゃん!どうしよう!」という思いを持って臨んだ方が僕自身が締まるので。

演奏する曲はあまり計算せず、その時に演奏したい曲を選んでいます。練習は曲の難易度にもよるんですけど、1~2日くらいはガッツリやりますね。リクエストの中にもともと自分がやってみたかった曲があれば、サックスに歌も加えてアレンジすることもあります。将来やってみたいことに向けていろいろ試している感じはありますね。

奇跡の再会にドキドキの試練!感動吹き荒れるゲスト回

――番組にゲスト出演したロックバンド・BRADIOのメンバーの方と運命的な出会いをしたそうで。

諸星:たまたまメンバーと行ったフェスで聴いた、いい感じのファンキーな音楽が超楽しくてBRADIOのファンになりました。そのあと、偶然下北沢でアフロヘアの方を見かけてBRADIOの真行寺貴秋さんだと確信したんです。「ここで話しかけなかったら損するな」と、思い切って声を掛けたんですよ。それから、数年後にまさかラジオに出ていただけるなんて。あのときに声を掛けてよかったなと思いました。

――ゴスペラーズ・黒沢薫さんのゲスト回では、名曲「永遠に」をサックスで演奏されていましたね。

諸星:まさか黒沢さんの前で吹くことになるとは思っていなかったので本当に緊張しました。黒沢さんが腕を組んで目の前で聴いてるんですよ……試練でしたね(笑)。ゴスペラーズの「永遠に」が好き過ぎて、やばいやばいと思いながら吹きました。でも、黒沢さんがすごく優しい雰囲気で聴いてくれたのでうれしかったですね。

新婚夫婦からのメールを読んで感じたラジオの醍醐味

――毎週数多くのメールが寄せられていますが、印象に残っている内容はありますか?

諸星:結婚式を控えた男性の方から届いたメールですね。「式で流す曲のアドバイスをくれませんか?」という内容で、僕が大好きなBRADIOの曲を提案しました。そのあと奥さんの方からも、「ものすごく盛り上がった」と御礼のメールが届いたんです。そして、サプライズをしてくれた旦那さんのことも改めて素敵だと思ったとも書いてありました。

この時に少しずつですけど、ラジオを通してつながれているんだな、人の役に立てているのかなと感じましたね。「これがラジオの醍醐味なんだろうな」と、それと同時にラジオの楽しさと良さをものすごく痛感しました。月曜日から仕事や学校に行く人が多いじゃないですか。日曜日の夜に僕のラジオを聴いて、「明日からがんばろうと思える番組にしたい!」と思っています。

ラジオでファンクの神・久保田利伸に会いたい!

――今後ラジオでやりたいことや会いたい人は?

諸星:今までと変わらず、飾らずに等身大の自分で愚痴を聴いたり、相談に乗ったりしていきたいですね。もう26歳なので、出来るフリをしないで正直にリスナーの皆さんと向き合っていきたいなと(笑)。ちゃんと自分の核を見せながらつながっていくことで、ウソのない関係性になれるのかな。これから番組にゲスト出演して欲しい人も皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

お会いするのが本当に夢だったBRADIOの皆さんやゴスペラーズ・黒沢さんにご出演いただいて「好きなことは言っとけばいいんだな、言ったら叶うんだな」、そして「言霊ってあるんだな」って思いました。まだまだいっぱい夢はあるんですけど……やっぱり久保田利伸さんに会いたいですね。神ですから!

インタビュー記念!諸星翔希サイン入りスピーカーをプレゼント

今回のインタビューを記念して、諸星さんのサイン入りスピーカーを抽選で3名様にプレゼントします。

【応募方法】
・ラジコ公式Twitter(@radiko_jp
・7ORDER 諸星翔希の青春ファンク番組公式Twitter( @7ORDER1332
の両方をフォロー&該当ツイートをRT

【期間】
7月8日(木)〜7月14日(水)

【当選連絡】
当選者の方へはDMにてご連絡します。

諸星翔希出演 東海ラジオ『7ORDER 諸星翔希の青春ファンク』

『7ORDER 諸星翔希の青春ファンク』は、2021年4月にスタート。諸星翔希さんがパーソナリティを務め、ファンキーでソウルフルな30分をお届けします。

7ORDER諸星翔希の青春ファンク
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時30分~23時00分
出演者:諸星翔希(7ORDER)
公式Twitter

番組ハッシュタグは「#青春ファンク」

※放送情報は変更となる場合があります。

【7ORDERプロフィール】
安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人が2019年5月に始動させたプロジェクト。「Happyをみんなで作りあげていく」をモットーに、音楽、演劇、アート、ファッションなど、さまざまなジャンルの活動を通して、ファンと“かけがえのない瞬間” を共有していく。
2021年1月13日、1stアルバム『ONE』、LIVE DVD/Blu-ray『UNORDER』にてメジャーデビュー。デビュー日の日本武道館2daysを皮切りに行われた1stワンマンツアー『WE ARE ONE』全8公演を成功させた。
7月7日(水)にメジャー1stシングル『雨が始まりの合図 / SUMMER様様』、LIVE DVD/Blu-ray『WE ARE ONE』を同時リリース。7月23日(金)からは初の全国規模のツアー「7ORDER武者修行TOUR ~NICE “TWO” MEET YOU~」を開催する。

オフィシャルサイト

この記事を書いた人

高田りぶれ(たかだ・りぶれ)

山形県生まれ。ライターなど。放送作家のキャリアを生かし、テレビ・ラジオ番組のおもしろさを伝える解説文を年間150本以上執筆。趣味は観ること(プロレス、サッカー、相撲、ドラマ、お笑い、演劇)、遠征、料理。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ