話題の最新作から往年の名作まで!映画情報が楽しめるおすすめラジオ番組

全国各地のラジオ局には映画を題材にしたコーナーを設けている番組も多く、最新の映画から往年の作品紹介、話題作の批評など映画に関する情報をいち早くチェックできます。

今回は、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』や広島FM『シネマ☆ボックス』、ラジオNIKKEI第1『シネマ 銀幕の夜』など、映画の情報が楽しめるラジオ番組をご紹介します。

TBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』(火曜)

『赤江珠緒 たまむすび』の毎週火曜15時台には、アメリカ在住の映画評論家・町山智浩さんによる最新映画コラム「アメリカ流れ者」を放送しています。2018年4月には、過去の傑作コラムを書籍化した『町山智浩の「アメリカ流れ者」』(スモール出版)も発売されました。

町山さんによる映画解説やドラマ、そしてハリウッドの裏事情など、本編が見たくなる内容が満載です。

赤江珠緒 たまむすび
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週火曜 13時00分~15時30分
出演者:赤江珠緒、山里亮太
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#tama954」

※放送情報は変更となる場合があります。

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』(金曜)

『アフター6ジャンクション』の毎週金曜18時30分頃からは、映画評論コーナー「週間映画時評 ムービーウォッチメン」を放送中。前進番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』から続く大人気コーナーです。

毎週ランダムに決まった最新映画を宇多丸さんが自腹で観賞し、翌週の放送で評論を行います。年末には1年で扱ってきた映画のからトップ10を紹介する「シネマランキング」も恒例となっており、宇多丸さん独自の映画評論を存分に楽しめます。

アフター6ジャンクション
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週金曜 18時00分~21時00分
出演者:ライムスター宇多丸
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#utamaru」

※放送情報は変更となる場合があります。

ニッポン放送『ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町』

ニッポン放送・ひろたみゆ紀アナウンサーがおすすめの最新映画を紹介するコーナー「サンデー早起きキネマ」では、毎週2〜3本の作品を特集。物語の大まかなあらすじやキャスト・監督たちのコメントなどをお届けします。映画観賞券のプレゼントも毎週行っています。

ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週日曜 5時00分~7時00分
出演者:ひろたみゆ紀
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

FMヨコハマ『SUNSTAR STARLIGHT HARBOUR』(金曜)

声優・酒巻光宏さんがDJを担当する10分間の情報番組。健康や音楽、映画など日替わりでさまざまなトピックスをお届けします。毎週金曜は最新映画をテーマに、酒巻さんが映画の見どころを解説します。

SUNSTAR STARLIGHT HARBOUR
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週金曜 21時50分~22時00分
出演者:酒巻光宏
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#スターライトハーバー」

※放送情報は変更となる場合があります。

FMヨコハマ『Winning Parade』

スティーヴン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』の出演で知られ、映画『蜜蜂と遠雷』のマサル役で「第43回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した歌手・俳優の森崎ウィンさんの番組。森崎さんにとって、同局の「E★K radio『MAXで行こう!』」を6年間担当後、ソロ初レギュラー番組となりました。

番組内コーナー「WIN WINのオススメエンタメ」では、映画・演劇観賞が好きな森崎さんが実際に観たおすすめのエンタメ作品を紹介します。

Winning Parade
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週金曜 22時00分~22時30分
出演者:森崎ウィン
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#WP847」

※放送情報は変更となる場合があります。

FMヨコハマ『SORASHIGE BOOK』

NEWS・加藤シゲアキさんのソロレギュラー番組。番組は通称「シゲ部」と呼ばれ、多趣味な加藤さんの好みを反映した写真部やお笑い部といった部活に見立てたコーナーがあります。

「映画部」のコーナーでは、月に10本以上の映画を観る加藤さんがリスナーにおすすめの作品を紹介します。

SORASHIGE BOOK
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 23時00分~23時30分
出演者:加藤シゲアキ(NEWS)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#SORASHIGEBOOK」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM FUJI 『Bumpy』(月曜)

2021年4月にスタートした平日昼のワイド番組です。日替わりパーソナリティ4人がシェアしたくなる情報や音楽、言葉をリスナーにお届けします。

鈴木ダイさんが担当する月曜は、15時頃から「アラキンのMOVIE CATCHER NEO!!」を放送。元ラジオ日本プロデューサーで映画評論家の荒木久文さんを迎え、映画情報や最新映画の見どころについて語ります。

Bumpy
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週月曜 13時00分~18時50分
出演者:鈴木ダイ
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

RCCラジオ『平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま』(金曜)

広島はもちろん、他県のリスナーも多いRCCラジオの看板番組。スポーツにクイズ、ラジオショッピングと番組コーナーも満載です。

RCCアナウンサーの横山雄二さん・河村綾奈さんのコンビでお届けする金曜は「映画音楽コーナー」と題して、2人が選んだ作品を紹介し、DVDでレンタル可能な往年のヒット映画を取り上げます。

平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま
放送局:RCCラジオ
放送日時:毎週金曜 9時00分~11時40分
出演者:横山雄二、河村綾奈
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

広島FM『シネマ☆ボックス』

広島を拠点に活動するラジオDJ・大窪シゲキさんが映画について語り尽くす30分番組です。年間200本の映画をスクリーンで観る大窪さんがおすすめの映画を紹介します。

映画の主演俳優や監督をゲストに招いてインタビューを行ったり、広島の映画文化を支える映画館支配人や映画祭の仕掛人が続々登場したりと、映画愛あふれる内容をお届けします。

シネマ☆ボックス
放送局:HFM 広島エフエム
放送日時:毎週土曜 21時00分~21時30分
出演者:大窪シゲキ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオNIKKEI第1『シネマ 銀幕の夜』

ラジオたんぱ(ラジオNIKKEIの旧名称)時代、"たんぱ3人娘"として人気を博した斉藤洋美さんと映画コメンテーター・矢間敏彦さんが最新の映画情報や往年の映画音楽をお届けします。

番組では公開中・近日公開の映画作品から2〜3本をピックアップ。「シネマエッセイ」のコーナーでは、往年の名作や映画関係者にスポットを当てます。また紹介した作品の関連グッズやペア映画鑑賞券のプレゼントも実施中です。

シネマ 銀幕の夜
放送局:ラジオNIKKEI第1
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
出演者:斉藤洋美(ラジオパーソナリティ)、矢間敏彦(映画コメンテーター)
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ