『鬼滅ラヂヲ』ニッポン放送でスタート!初回放送はLiSA、Aimer、沢城みゆきのコメントも

テレビアニメ「鬼滅の刃」の魅力や情報を発信する『テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』』が10月9日(土)からスタート。

初回放送では、パーソナリティを務める花江夏樹さんと下野紘さんが意気込みを語り、主題歌を担当するLiSAさんや、Aimerさん、新キャストである沢城みゆきさんのコメントを紹介しました。(ニッポン放送『テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』』10月9日(土)放送分)

花江夏樹、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、早見沙織、鈴村健一…『鬼滅の刃』出演声優のラジオ番組

花江夏樹&下野紘、番組への意気込みを語る!

『鬼滅ラヂヲ』は、2019年9月にテレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎立志編の放送とともに公式WEBラジオとしてスタート。今回約9ヶ月ぶりに、ニッポン放送でのレギュラー放送として再開します。花江さんと下野さんは、2021年6月17日(木)にニッポン放送『『鬼滅の刃』のオールナイトニッポンGOLD』も担当。当時を振り返りつつ、番組への意気込みを語りました。

花江:2020年10月16日公開の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」から、なんと、もう1年経ってるんですよ。

下野;そうか!

花江:その間にも、『鬼滅ラヂヲ』としては『オールナイトニッポンGOLD』をやらせていただきましたね。もうね、緊張した。いつもの『鬼滅ラヂヲ』でいいんだろうか。果たしてあのテンションが通用するのだろうか。でも気にするな、これが『鬼滅ラヂヲ』だということで。全力でやった結果、なのかわかりませんが、今回からレギュラー放送開始ということです!

下野:どういうことなんだ(笑)。大丈夫なのかな。

花江:でも下野さん、お昼の放送です。

下野:じゃあ問題ないね。夜の大人タイムにそぐう感じじゃなかったもんね、ワッショイワッショイ感が(笑)。

花江:会議とかあったんでしょうね、夜じゃなくて昼っていう(笑)。

また、初回放送ということで2人は緊張している様子も……。

花江:オープニングで大声出したじゃないですか、初回なので、ちょっとだけ抑えました。

下野;あはは。俺は逆だったね。初回で、ちょっとやり過ぎたなって。途中からマイク外れたもん(笑)。2人ともまだバランスが取れてないね。

花江:さらにはいつものスタッフさんプラス、偉い方々が……(笑)。

下野:そう。若干緊張するんですよ(笑)。

LiSA、Aimer、沢城みゆきのコメントを紹介!

10月10日(日)放送開始の『鬼滅の刃』無限列車編、12月25日(日)から放送予定の遊郭編は、新たな主題歌とともに放送されます。無限列車編ではLiSAさんによる「明け星(あけぼし)」と「白銀(しろがね)」、遊郭編ではAimerさんによる「残響散歌」、「朝が来る」がそれぞれオープニング・エンディング曲として決定。さらに、遊郭編で登場する上弦の陸の鬼・堕姫(だき)役が沢城みゆきさんであることも発表され、YouTubeで公開されている公式プロモーションリールでは、音楽やキャストボイスを視聴することができます。今回の放送では、LiSAさん、Aimerさん、沢城さんからコメントが届きました。

LiSA:テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編のオープニング・エンディングを担当します。「紅蓮華」、「from the edge」から「炎」をつなぐ、新たな言葉と音を、大切なものを守るための刃を、梶浦由記さんに託していただきました。煉獄さんの想いとともに、テレビ放送、楽曲をお楽しみ頂けますように。

花江;これはもうね、贅沢ですよね。

下野:贅沢でございます。

花江:新しく書き下ろすっていうのはね。

下野:これもまた、聴いているだけで涙が出そうになるっていうね。

花江:出ますねえ。早く映像と合わせて観たいね!

Aimer:テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編、オープニング・エンディングを担当させていただきます。本当に嬉しく、光栄です。愛憎渦巻く夜の街・遊郭を舞台に、ますます熱を帯びる彼らの物語。毎週少しでも派手に彩れたら嬉しいです。「残響散歌」、「朝が来る」、2曲ともによろしくお願いいたします。

花江:僕は毎日のように口ずさんでますよ。

下野;もう既に!

花江:「残響散歌」、プロモーションリール流れてましたよね。かっこよくないすか! 最後のキメの「残響っ!」っていう。

下野:あはは。

花江:めちゃめちゃかっこよくないですか、下野さん! Aimerさんの歌声がですよ、遊郭の持つ夜のきらびやかな雰囲気にめちゃめちゃ合っていて……。感動しましたよ!

下野;ふふ(笑)。なるほどね!

沢城みゆき:遊郭にいる鬼、上弦の陸・堕姫を演じさせていただくことになりました。声の入った彼女も愛していただけるよう、全力を尽くします。テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編にどうぞご並走ください。

花江:合いすぎてる! 待ってました、という感じですよね。

下野;ですねえ。一つ言えることは、我々アフレコ後にいつも「ハアハア」してた記憶がある……(笑)。

花江:ははは。いろんな意味で「ハアハア」してた(笑)。

コーナー「本編途中のこそこそ話」

番組では『鬼滅の刃』にちなんだテーマから、花江さん、下野さんの2人が「こそこそ」とトークを行うコーナー「本編途中のこそこそ話」を実施。今回のテーマは、主人公・竈門炭治郎の使う呼吸術にちなんだ「水の泡となる」という慣用句。「努力がすべて無駄になる」という意味の慣用句から、2人が失敗エピソードを展開しました。

下野;我々の業界にね、「コメント」っていうものがあって。出演作品についての感想、意気込みを書いていくというものなんだけど。それの締め切りが近いとき、頑張って書かなきゃって書くんですよ。でも書くのが寝る直前とか、そういうタイミングが多くて。気がついたらパパッとボタンを誤操作していて、消しちゃってることがある。

花江:ハー! 水の泡!

下野;締め切り明日だけど、書くのやーめたって、それで放置……。花江くんは?

花江;僕は子供の頃にね、シールを集めて応募しようみたいなキャンペーンあるじゃないですか。それを集めるのが楽しくて。集めたシールを家の柱に貼っていたんですよ。でも途中から、応募するのが目的なんだけど、集めることが目的になっちゃった。応募するのもったいないなって。結局応募しなかったっていう。なんでもない、変なシールなのにですよ。

下野;ははは(笑)

花江;柱にバババって貼ってあるのがね、気持ちよかったんでしょうね。

下野;子供ってシール貼りがちよね。

花江:『鬼滅の刃』もシールいっぱいありますからね。

下野;そういう話につながるんですか(笑)。

花江:まさに柱に貼ってほしいですよね。柱に「柱」のシールを貼るっていう、どうですか。したらお母さんも許してくれるんじゃないですか。「柱だもんね」って。

下野:ふふふ(笑)。

初回放送を終え、ハイテンションを反省…?

初回放送をハイテンションで走りきった2人。番組の最後に、放送を振り返りました。

花江:やっぱり喋りたいことがたくさんありますね。

下野:思いが溢れ過ぎて、みんな若干引いてねえかなって(笑)。

花江:大丈夫です。これが『鬼滅ラヂヲ』ですから。散々やってきましたから。ニッポン放送でこれから聴き始めるよっていう皆さんも、これはしょうがないんです。変えられないんで、慣れてください(笑)。

下野:申し訳ないんですけれども、我慢していただいて……。

花江:そんな、苦痛じゃないでしょうよ(笑)。

下野:次回以降はね、テンションが下がる可能性がございます(笑)。

花江:調整がね、あるかもしれません(笑)。

下野:そのへんも含めてね、皆さんどうぞよろしくお願いいたします!

テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 15時00分~15時30分
出演者:花江夏樹、下野紘
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#鬼滅ラヂヲ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ