『鬼滅ラヂヲ』ニッポン放送でスタート!初回放送はLiSA、Aimer、沢城みゆきのコメントも

テレビアニメ「鬼滅の刃」の魅力や情報を発信する『テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』』が10月9日(土)からスタート。

初回放送では、パーソナリティを務める花江夏樹さんと下野紘さんが意気込みを語り、主題歌を担当するLiSAさんや、Aimerさん、新キャストである沢城みゆきさんのコメントを紹介しました。(ニッポン放送『テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』』10月9日(土)放送分)

花江夏樹、下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏、早見沙織、鈴村健一…『鬼滅の刃』出演声優のラジオ番組

花江夏樹&下野紘、番組への意気込みを語る!

『鬼滅ラヂヲ』は、2019年9月にテレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎立志編の放送とともに公式WEBラジオとしてスタート。今回約9ヶ月ぶりに、ニッポン放送でのレギュラー放送として再開します。花江さんと下野さんは、2021年6月17日(木)にニッポン放送『『鬼滅の刃』のオールナイトニッポンGOLD』も担当。当時を振り返りつつ、番組への意気込みを語りました。

花江:2020年10月16日公開の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」から、なんと、もう1年経ってるんですよ。

下野;そうか!

花江:その間にも、『鬼滅ラヂヲ』としては『オールナイトニッポンGOLD』をやらせていただきましたね。もうね、緊張した。いつもの『鬼滅ラヂヲ』でいいんだろうか。果たしてあのテンションが通用するのだろうか。でも気にするな、これが『鬼滅ラヂヲ』だということで。全力でやった結果、なのかわかりませんが、今回からレギュラー放送開始ということです!

下野:どういうことなんだ(笑)。大丈夫なのかな。

花江:でも下野さん、お昼の放送です。

下野:じゃあ問題ないね。夜の大人タイムにそぐう感じじゃなかったもんね、ワッショイワッショイ感が(笑)。

花江:会議とかあったんでしょうね、夜じゃなくて昼っていう(笑)。

また、初回放送ということで2人は緊張している様子も……。

花江:オープニングで大声出したじゃないですか、初回なので、ちょっとだけ抑えました。

下野;あはは。俺は逆だったね。初回で、ちょっとやり過ぎたなって。途中からマイク外れたもん(笑)。2人ともまだバランスが取れてないね。

花江:さらにはいつものスタッフさんプラス、偉い方々が……(笑)。

下野:そう。若干緊張するんですよ(笑)。

LiSA、Aimer、沢城みゆきのコメントを紹介!

10月10日(日)放送開始の『鬼滅の刃』無限列車編、12月25日(日)から放送予定の遊郭編は、新たな主題歌とともに放送されます。無限列車編ではLiSAさんによる「明け星(あけぼし)」と「白銀(しろがね)」、遊郭編ではAimerさんによる「残響散歌」、「朝が来る」がそれぞれオープニング・エンディング曲として決定。さらに、遊郭編で登場する上弦の陸の鬼・堕姫(だき)役が沢城みゆきさんであることも発表され、YouTubeで公開されている公式プロモーションリールでは、音楽やキャストボイスを視聴することができます。今回の放送では、LiSAさん、Aimerさん、沢城さんからコメントが届きました。

LiSA:テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編のオープニング・エンディングを担当します。「紅蓮華」、「from the edge」から「炎」をつなぐ、新たな言葉と音を、大切なものを守るための刃を、梶浦由記さんに託していただきました。煉獄さんの想いとともに、テレビ放送、楽曲をお楽しみ頂けますように。

花江;これはもうね、贅沢ですよね。

下野:贅沢でございます。

花江:新しく書き下ろすっていうのはね。

下野:これもまた、聴いているだけで涙が出そうになるっていうね。

花江:出ますねえ。早く映像と合わせて観たいね!

Aimer:テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編、オープニング・エンディングを担当させていただきます。本当に嬉しく、光栄です。愛憎渦巻く夜の街・遊郭を舞台に、ますます熱を帯びる彼らの物語。毎週少しでも派手に彩れたら嬉しいです。「残響散歌」、「朝が来る」、2曲ともによろしくお願いいたします。

花江:僕は毎日のように口ずさんでますよ。

下野;もう既に!

花江:「残響散歌」、プロモーションリール流れてましたよね。かっこよくないすか! 最後のキメの「残響っ!」っていう。

下野:あはは。

花江:めちゃめちゃかっこよくないですか、下野さん! Aimerさんの歌声がですよ、遊郭の持つ夜のきらびやかな雰囲気にめちゃめちゃ合っていて……。感動しましたよ!

下野;ふふ(笑)。なるほどね!

沢城みゆき:遊郭にいる鬼、上弦の陸・堕姫を演じさせていただくことになりました。声の入った彼女も愛していただけるよう、全力を尽くします。テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編にどうぞご並走ください。

花江:合いすぎてる! 待ってました、という感じですよね。

下野;ですねえ。一つ言えることは、我々アフレコ後にいつも「ハアハア」してた記憶がある……(笑)。

花江:ははは。いろんな意味で「ハアハア」してた(笑)。

コーナー「本編途中のこそこそ話」

番組では『鬼滅の刃』にちなんだテーマから、花江さん、下野さんの2人が「こそこそ」とトークを行うコーナー「本編途中のこそこそ話」を実施。今回のテーマは、主人公・竈門炭治郎の使う呼吸術にちなんだ「水の泡となる」という慣用句。「努力がすべて無駄になる」という意味の慣用句から、2人が失敗エピソードを展開しました。

下野;我々の業界にね、「コメント」っていうものがあって。出演作品についての感想、意気込みを書いていくというものなんだけど。それの締め切りが近いとき、頑張って書かなきゃって書くんですよ。でも書くのが寝る直前とか、そういうタイミングが多くて。気がついたらパパッとボタンを誤操作していて、消しちゃってることがある。

花江:ハー! 水の泡!

下野;締め切り明日だけど、書くのやーめたって、それで放置……。花江くんは?

花江;僕は子供の頃にね、シールを集めて応募しようみたいなキャンペーンあるじゃないですか。それを集めるのが楽しくて。集めたシールを家の柱に貼っていたんですよ。でも途中から、応募するのが目的なんだけど、集めることが目的になっちゃった。応募するのもったいないなって。結局応募しなかったっていう。なんでもない、変なシールなのにですよ。

下野;ははは(笑)

花江;柱にバババって貼ってあるのがね、気持ちよかったんでしょうね。

下野;子供ってシール貼りがちよね。

花江:『鬼滅の刃』もシールいっぱいありますからね。

下野;そういう話につながるんですか(笑)。

花江:まさに柱に貼ってほしいですよね。柱に「柱」のシールを貼るっていう、どうですか。したらお母さんも許してくれるんじゃないですか。「柱だもんね」って。

下野:ふふふ(笑)。

初回放送を終え、ハイテンションを反省…?

初回放送をハイテンションで走りきった2人。番組の最後に、放送を振り返りました。

花江:やっぱり喋りたいことがたくさんありますね。

下野:思いが溢れ過ぎて、みんな若干引いてねえかなって(笑)。

花江:大丈夫です。これが『鬼滅ラヂヲ』ですから。散々やってきましたから。ニッポン放送でこれから聴き始めるよっていう皆さんも、これはしょうがないんです。変えられないんで、慣れてください(笑)。

下野:申し訳ないんですけれども、我慢していただいて……。

花江:そんな、苦痛じゃないでしょうよ(笑)。

下野:次回以降はね、テンションが下がる可能性がございます(笑)。

花江:調整がね、あるかもしれません(笑)。

下野:そのへんも含めてね、皆さんどうぞよろしくお願いいたします!

テレビアニメ「鬼滅の刃」公式ラジオ『鬼滅ラヂヲ』
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 15時00分~15時30分
出演者:花江夏樹、下野紘
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#鬼滅ラヂヲ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ