人気ワイド番組からアイドル、人生相談、サウナの番組まで!石川県のおすすめラジオ番組

都道府県別にラジオ番組を紹介するシリーズ。今回は石川県の民放ラジオ局(MROラジオ・エフエム石川)の番組の中から紹介します。

MROラジオ

『あさ*ダッシュ!』

平日朝の看板ワイド番組。リスナーから寄せられるメールを軸に地元の話題を楽しく伝えます。

「今日は何の日」ではその日の記念日にまつわる話のネタをじっくりと提供。夕食のヒントになりそうな食材の話題を提供する「今夜の一品」、おしゃべりが楽しい中継コーナー「外の様子はどうじゃいな」(火曜〜金曜)、まるちゃん(丸一都美)が素敵なものを紹介する「外で見つけた丸一つ」(金曜)、リスナーからのリクエストにこたえる「ランチリクエスト」、「玉州の来週の運勢」(金曜)のコーナーなどもあります。その中でも変わっているのは「北陸ネット3県ポン」(月曜)で、同じ時間に放送している『良ーいドン!!』(FBCラジオ)、『とれたてワイド 朝生!』(KNBラジオ)と繋いでワイワイ話します。

パーソナリティーは、月・火曜を『石橋弘崇のハイスクールNow!!』(日曜17時15分〜17時30分)も務める石橋弘崇さん&登山が大好きな冨優香子さん。水・木曜は「ツエーゲンの応援番組をつくりたい!」と企画書を書いて『ツエーゲン金沢 全力応援!ウシサカ!』(金曜 16時20分〜16時35分)を立ち上げた牛田和希さん&イベントの司会やセミナーでも活躍している原田幸子さん。金曜は鉄道ファンでもある西川章久さん&元客室乗務員でラジオカーレポートなども担当している入江美寿々さんです。

あさ*ダッシュ!
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週月曜~火曜 8時30分~10時00分
出演者:石橋弘崇 / 冨優香子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

あさ*ダッシュ!
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週水曜~木曜 8時30分~10時00分
出演者:牛田和希 / 原田幸子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

あさ*ダッシュ!
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週金曜 8時30分~10時00分
出演者:西川章久 / 入江美寿々
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『おいね☆どいね』

「おいね」、「どいね」は生活の何気ない会話からうまれた金沢の方言。ラジオを通じてリスナーが、ついつい「おいね」と共感したくなるというコンセプトで、各パーソナリティーのオープニングのフリートークもポイントです。

パーソナリティーは、火曜は鉄道や旅の情報に詳しい谷川恵一さん&眠れない時は起き上がってケーキを焼くという川瀬裕子さん。水曜はスポーツ実況が得意な加藤裕さん&川瀬裕子さん。木曜は『8時に夢中!まさひこベース~ウチこない?~』(月曜20時〜21時)のパーソナリティーも務める大平まさひこさん&アニメが大好きで『あにまにあ』(日曜23時〜23時30分)でもおなじみの西尾知亜紀さん。金曜は一度聞くとなぜか耳から離れない「阿部寛のものまね」でおなじみのハナシテノモリさん&西尾知亜紀さんです。

石川の話題はもちろん、深刻ではない内容のメール募集して谷川アナ&川瀬アナが面白おかしく料理する「ふわっとした話」(火曜)、「いとをかし おいね川柳 数珠つなぎ」(木曜)ほか、バラエティ企画にも注目。また金曜は、ハナシテノモリと西尾アナの“本番では話したりない2人”が「アフタートーク」を動画で配信しています。

おいね☆どいね
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週火曜 13時00分~15時00分
出演者:谷川恵一 / 川瀬裕子
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

おいね☆どいね
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週水曜 13時00分~15時00分
出演者:加藤裕 / 川瀬裕子
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

おいね☆どいね
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週木曜 13時00分~15時00分
出演者:大平まさひこ / 西尾知亜紀
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

おいね☆どいね
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週金曜 13時00分~15時00分
出演者:ハナシテノモリ / 西尾知亜紀
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『竜香の人生相談』

霊感占い師・月竜香さんの番組。竜香さんはMRO北陸放送で50年にわたり人生相談を行い、相談者の悩みをしっかりと聞いてズバズバとアドバイスを贈ります。相談者本人の悩み以外に家族に関する相談も多く、息子(娘)の仕事に関する心配事や、結婚しようとしない息子(娘)に関する相談なども幅広く受け付けています。パートナーは西川章久さんです。

竜香の人生相談
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週月曜 13時00分~15時00分
出演者:月竜香 / 西川章久
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『マグ万平ののちほどサウナで』

サウナブームの前から放送されている番組。番組開始当初の「果たしてサウナの話だけで番組がもつのだろうか?」という心配はどこへやら……今ではブームに乗ってますます注目されるようになりました。サウナが好きな人やサウナ関係者をゲストに展開し、テレビで特別番組も放送され、フィンランドとタイのサウナを訪れたこともあります。

番組でおなじみ、サウナが大好きな清水みさとさんは、同じくサウナが好きなサバンナ・高橋茂雄さんと結婚。マグ万平さんの人あたりの良さもあり、聴きごたえのある番組になっています。

マグ万平ののちほどサウナで
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週火曜 20時00分~20時30分
出演者:マグ万平
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、松任中学校の同級生が学校の休み時間のように自由に喋る『ぶんぶんボウルの休み時間』(水曜21時〜22時)、ゲーム大好きアナウンサー“くぼしゅう”こと久保田修平アナウンサーと、ほくりくアイドル部がパーソナリティーを務めるゲーム情報発信番組『くぼしゅう・ほくりくアイドル部のめざせゲームマスター!』(日曜17時〜17時15分)なども、おすすめです。

エフエム石川

『Sunset Express MOVE』

エフエム石川の月曜から木曜の夕方を彩るワイド番組。パーソナリティーは1990年の開局以来、マイクの前に向かっている木村雅幸さん。ポイントはマイルドな木村さんの声ととっておきの選曲は、仕事を終えた人も「もうひと頑張り」という人も「これからが大変」という人も気持ちを整えるのにピッタリです。音楽の解説も丁寧で、しりとり形式で音楽をかける企画のほか、地元にまつわる話題が豊富。香林坊ラモーダにある「まちなかスタジオ」から放送されています。

毎週水曜18時35分からは「西金沢少女団の西プリRadio」が放送され、西金沢少女団が地元の商店街「西金プリンスロード」を紹介。地元にゆかりのある人を中心に迎えて、楽しくおしゃべりします。第4火曜18時からは「けんせつ一番星☆」では、石川の建設業界で活躍する若い人にクローズアップ。そのほかプロ野球独立リーグ・日本海オセアンリーグ(NOL)に所属する石川県のプロ野球チーム「石川ミリオンスターズ」のコーナー(火曜)もあります。

-Sunset Express- MOVE
放送局:HELLO FIVE エフエム石川
放送日時:毎週月曜~木曜 16時30分~19時00分
出演者:木村 雅幸
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#move805fm」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『Flyin'Pop』

金曜午後に週末の入口の気分を高めてくれる番組。パーソナリティーは金沢出身の南早苗さんです。南さんは防災士、和菓子ソムリエでもあり、猫も大好き。ほっこりする日常の話や素敵な音楽を提供します。

理想の新築住宅を叶えるために知っておくべき知識や情報を解りやすく伝える「ひまわりほーむ Make Up New Home ~住まいを開く~」(第1、2、4、5週)や、金沢にある小松弥助の寿司職人、森田一夫さんが大切にしている言葉を贈る「小松弥助 森田一夫 僕の心」(第2、4週)のコーナーもあります。

Flyin' Pop
放送局:HELLO FIVE エフエム石川
放送日時:毎週金曜 13時30分~15時55分
出演者:南 早苗
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#fp805fm」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『ほくりくアイドル部 放課後ホリデイ muspop RADIO♪』

全国の舞台でも通用する「北陸地方発信のスター」を見出し育成する一大プロジェクト「ほくりくアイドル部」は、音楽(Music)/応援(Yell)/成長(Grow)をテーマに活躍中。番組では放課後の部室の会話を彷彿とさせる朗らかなトークのほか、気になるトピックスの取材、石川で活躍するスポーツ選手へのインタビューなどをお届けします。週によって変わる“自己紹介のひとこと”にも注目です。

ほくりくアイドル部 放課後ホリデイ muspop RADIO♪
放送局:HELLO FIVE エフエム石川
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
出演者:ほくりくアイドル部

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

『宮崎由加の Pinky Friday』

宮崎由加さんは、石川県かほく市出身で「いしかわ観光特使」、「かほく市ふるさと大使」を務めています。ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juiceの結成メンバーで、2013年から2019年まで初代リーダーを務めました。

『Pinky Friday』は、宮崎さんのお便りの読み方が丁寧で、リスナーとじっくりと向き合います。金沢に関するクイズにこたえるコーナーや、地元の魅力に迫るコーナーもあり、美味しい食べ物を嬉しそうに食べます。ハロプロに関する話題が飛び出すこともあります。

宮崎由加のPinky Friday
放送局:HELLO FIVE エフエム石川
放送日時:毎週金曜 18時00分~18時30分
出演者:宮崎 由加
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#pinky805」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、今を懸命に生きている人を紹介する『山本美鈴のHAPPY SMILE』(土曜9時25分〜9時30分)は、金沢市のお知らせが満載。冨優香子さんがお届けする『PEOPLE & CITY I ♡ KANAZAWA』(日曜18時30分〜18時55分)、石川の隠れたスポットやグルメ、人、話題を朱彌(あや)さんが紹介する『おもしろ石川倶楽部』(土曜9時55分〜10時)など、さまざまな番組が放送されています。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

朝ドラ「ブギウギ」大阪弁指導担当・一木美貴子 主演の趣里は「大阪弁が天才的だった」

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」(毎週日曜15:00~15:50)。5月12日(日)の放送は、女優で大阪ことば指導者の一木美貴子(いちき・みきこ)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)小山薫堂、一木美貴子さん、宇賀なつみ



◆「ブギウギ」主演・趣里の大阪弁は「天才的だった」

一木さんは女優として活動する傍ら、NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」をはじめ、「カムカムエヴリバディ」や「マッサン」など、これまで数多くのドラマで大阪弁の方言指導を担当しています。

そこで一木さんに、「ブギウギ」で主人公・福来スズ子役を演じた趣里さんへの方言指導について尋ねてみると、「趣里さんは(東京都出身なのに)天才的だったので、(撮影が)始まる前に3時間のあいだに5回くらいガーッとお稽古をして、その後は特別に何もしていないです。音源をお渡しするだけでした」と明かします。

厳密にいえば、大阪弁と関西弁でも異なり、「関西弁は関西全域ですね」と一木さん。また、大阪と神戸でも違いがあり、「神戸は『~してる?』のことを『~しとう?』とか言わはるんです。京都は『~してはんの?』。大阪は『何してんの?』とストレートですね」と例を挙げます。

それを聞いた東京都出身の宇賀が「近いのにそれぞれ違うんですね」と驚いていると、一木さんは「地域性でしょうね。大阪はやっぱり商人の町ですし、神戸は港があるので外国に文化が入ってきていて、わりと異文化にも強いですね。おしゃれやしね。大阪の人は『自分、神戸違うん?』とか言われると、ちょっと嬉しなるらしいです(笑)」と解説します。

また、一木さんいわく、大阪弁だけでも大きく4つくらいに分類され「摂津とか泉南、河内。あとは船場。船場は商人の町で100年くらい続いているんですけど、社員教育として言葉教育があったんです。例えば、丹波篠山とか播州のほうから出てくると、『ほうやんけ』とか、語尾に『け』が付くのをお客さんには失礼だ、ということで『そうだすなあ』とかにしっかり直されるんです。私の説ですけど、船場の教育が大阪弁をわりと残しているのではないか」と推察します。

ここで小山からは、「今まで一木さんがドラマの方言を指導したなかで、役柄がどの地域から来ているかによって微妙に変えていたりするんですか?」との質問が。一木さんは、「台本をいただいたら、まずは時代ですよね。明治や昭和のはじめでだいぶ違うし、どこ出身で、どんな生活環境やったんかとか、全部そういったことを聞いて『こんな言葉にしましょうか』って言うて、ディレクターとかプロデューサーと相談して決めていきます」と答えます。

ドラマで大阪弁の方言指導を担当する際、実際に撮影現場に足を運び、その場で演者に指導をすることもあるという一木さん。そこでこの日スタジオでは、「ブギウギ」の台本をもとに、小山と宇賀が方言指導を受けてみることに。

小山は、柳葉敏郎さんが演じた花田梅吉役、宇賀は、水川あさみさんが演じた花田ツヤ役になりきります。2人で読み合わせをし、一木さんから方言指導を受けた小山は「これ、パニックになりますね。そもそものセリフも覚えなきゃいけないのに、イントネーションばっかり考えていると、セリフが飛びますね」と感想を語ります。

一木さんが、2人が演じたシーンをお手本として1人で読み上げると、宇賀は「高低が全然違う」と感心しきり。一木さんは「大阪弁は『ジェットコースターみたい』って皆、言わはりますね」と話していました。

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

Facebook

ページトップへ