劇団ひとり『ナイナイANN』にゲスト出演! 深夜に"たけし節"が炸裂

ナインティナインがパーソナリティを務める『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)。10月19 日(木)の放送は、劇団ひとりさんがゲスト出演しました。(ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』2023年10月19日放送分)

ナインティナインのラジオ番組はこちらでチェック!

劇団ひとりのラジオ番組はこちらでチェック!

ナイナイ×劇団ひとり 深夜ならではのディープなトーク

スペシャルウィークの10月19日(木)は、劇団ひとりさんをゲストに迎えての特別企画「こんなエロは絶対にイヤだ!2023!」を放送。『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(以下:『岡村隆史ANN』)時代に2度(2018年8月、2019年9月)ゲスト出演しているひとりさんは、『ナイナイANN』では初のゲスト出演です。

スタジオに登場して早々、矢部さんに物申すひとりさん。2022年12月に『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の名物企画「ゴチになります!」で共演したにも関わらず、放送前に矢部さんから数年ぶりに会ったような言い方で挨拶をされたことに不満の様子を見せました。

矢部さんは「俺が絡んでるときの劇団ひとりは、すごく変な人のイメージなの」、「いろんな顔を持ってる劇団ひとりが好きなんですよ」と述べた上で、「ゴチになります!」でのひとりさんは「VIPチャレンジャーのタレントさん、川島さん」と、自身のイメージに合った人物ではなかったことを口にします。ひとりさんは、時間帯や番組に合わせたキャラクターで仕事していることを主張し、「「ゴチ」のときの僕は?」と矢部さんに聞き返しますが、「タレントさんです」と即答されてしまい、「失礼しちゃうわ!」と呆れてしまうのでした。

「劇団ひとり登場」を3分お試しで今すぐ聴く↓

今回の特別企画「こんなエロは絶対にイヤだ!2023!」は、ひとりさんが『岡村隆史ANN』にゲスト出演した際にも行われ、リスナーから募集したネタをもとに深夜ラジオらしいディープなエロトークを展開。ビートたけしさん出演のテレビ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系、1985年4月~96年10月)の人気コーナー「たけしメモ」の形式で、たけしさんの物真似をしながらネタを次々と紹介していきます。『岡村隆史ANN』では「ビートたかしのこんな○○は絶対にイヤだ!」としてレギュラー化もされました。

ひとりさんは、家族にも言えない「最近のエロ事情」や「好みのジャンル」をぶっちゃけまくり、矢部さんに「まだ、世に出てない芸人みたいやな」とツッコミを入れられます。「最近のエロ事情」に関するトークがあまりに盛り上がってしまい、放送開始から1時間が過ぎたところでようやく、リスナーのネタハガキを読み始めました。

たけしさんの物真似は久しぶりと言いながらも、本家さながらの"たけし節"で軽快にネタを読み上げていくひとりさん。たけしさんと共演した今年の『27時間テレビ』(フジテレビ系、7月22日・23日放送)にも触れ、たけしさんから「昨日よぉ、朝青龍から電話あってよぉ。『浅草キッド』面白いって言ってたよ」と言われたエピソードを語りました。岡村さんも『出川と爆問田中と岡村のスモール3』(2023年9月30日放送)で共演した際、たけしさんが描いた画がプリントされたTシャツをプレゼントされたことを明かしました。

「ビートたけしとの共演」を3分お試しで今すぐ聴く↓

ひとりさんは、自身が脚本・監督を務めた映画『浅草キッド』(Netflix)の撮影中、元北京ゲンジ・無法松さんから本物の「たけしメモ」を見せてもらったエピソードを披露。初舞台のビデオが事務所に記録用で残っていると語り、「完全にツービートでした」と振り返りました。対するナイナイも、最初のネタは「一番近場で漫才の上手い人」から事務所の2期先輩コンビ・ベイブルースを参考に作ったことを語るなど、お互いの原点にまつわる思い出話に花が咲きました。

「笑いの原点」を3分お試しで今すぐ聴く↓

ナインティナインのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之) ゲスト:劇団ひとり
番組ホームページ
公式Twitter

X(旧:Twitter)ハッシュタグは「#ナインティナインANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

アーチェリー女子・野田紗月選手 チアアップソングはUVERworldの楽曲「自分を励ましてくれる歌詞が多いので、けっこう好きな曲が多いですね」

2024年パリオリンピックでの活躍が期待されるアスリートが熱い想いを語るTOKYO FMのラジオ番組「Cheer Up Station~route de paris~」。

5月26日(日)の放送では、「アーチェリー女子」の競技に注目。野田紗月(のだ・さつき)選手が、オリンピックでのアーチェリー競技の見どころを語ってくれました。

野田紗月選手



◆野田紗月選手が思うアーチェリー競技の見どころ

アーチェリー女子日本代表の野田紗月選手は、2023年8月の世界アーチェリー選手権で女子リカーブ個人で日本勢初の銅メダルを獲得。パリ五輪の内定が決定し、自身初となるオリンピックに挑みます。

オリンピックでのアーチェリー競技の見どころについて「(的の)10点に矢が集まるところです。普段の練習でやっていることがいつも通りにできると、本番の試合でも真ん中を射抜くことができるので達成感があります」「アーチェリーは“対人”ではなく“対的”の競技になってくる」と野田選手は言います。「10点に入っている本数とか相手との点差をしっかり見ていくと競技が面白く見えるんじゃないかなと思います」と語りました。

番組では、野田選手のチアアップソングの1つとして、UVERworldの「One stroke for freedom」をオンエアしました。好きなポイントとして、歌詞の「才能だけじゃ努力に勝てない 努力なんかじゃ楽しむ奴には勝てない」を挙げます。

「努力しないと才能って続かないと思いますし、楽しみながらできないと勝てないと自分でも思っているので、そういう意味で好きな曲です。UVERworldの楽曲は自分を励ましてくれるような歌詞が多いので、それでけっこう好きな曲が多いですね」とコメントしました。



----------------------------------------------------
5月26日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月3日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Cheer Up Station~route de paris~
放送日時:毎週日曜8:55~9:00
パーソナリティ:TOKYO FMアナウンサー
番組サイト:https://audee.jp/voice/show/83072

Facebook

ページトップへ