GLAY・BUCK-TICK・他BOOWYへのリスペクトで繋いでいく「Marionette -マリオネット-」への道

『9の音粋』 ©bayfm

毎週、最後にかける曲を先に発表し、その曲へ向かって選曲していく企画「音楽道」をお送りしている水曜『9の音粋』。

5月4日(水)は、BOØWY『Marionette -マリオネット-』への道。

前半は、同名タイトルの、チャゲ&飛鳥「マリオネット」や、サビ頭の歌詞「鏡の中の」がタイトルに登場する、同じレコード会社、同じマネージメント会社だった、中原めいこ「鏡の中のアクトレス」、布袋寅泰、氷室京介がソロになってからのライブ定番曲などを繋いでいく構成。

後半は、BUCK-TICK、GLAYといった、BOØWYを愛してやまないバンドの楽曲を紹介しながら進んでいく1時間。

そのスタイルやサウンドを継承するバンドが今も数多く存在する伝説のバンド、BOØWYのリアルタイム知らなくても楽しめる、水曜「9の音粋」ぜひ聞いてみてください。

9の音粋
放送局:bayfm78
放送日時:毎週月曜~金曜 21時00分~23時00分
出演者:藤田太郎、
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ