SIRUP「愛ってマジで使い方」 仲のいい友人とケンカをして学んだこと

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月21日(土)のオンエアでは、シンガーソングライターのSIRUPがゲストに登場。SIRUPの音楽遍歴を紐解きながら、幼い頃の音楽体験や影響を受けたアーティストなどを訊いた。

同番組ではビールを飲みながら、リラックスしてトークを繰り広げる。SIRUPはお酒が好きだといい、クリスと乾杯をしたあとは「口角がぐいっと上がったね!」と指摘され、「あはは! (お酒が)好きなんです」と盛り上がった。

この番組をラジコで聴く



■Sadeが胎教音楽だった?

SIRUPは大阪生まれ大阪育ち。幼い頃はパソコンで絵を描くことや、映画を観ることが好きだったという。音楽は、小学生の低学年頃から、近藤真彦『ミッドナイト・シャッフル』やLe Couple、Mr.Childrenを聴いていた。その後、コブクロやaiko、ゆずなども聴いたと当時を振り返る。はじめて買ったCDは宇多田ヒカル『First Love』。

SIRUP:その頃は、このCDが売れまくっていたので、店舗にない感じだったので、毎日通って「CD入荷しましたか?」って訊いていました。
クリス:当時、宇多田ヒカルの他にもR&Bテイストのアーティストはハマったの?
SIRUP:ハマってなかったですね。でも、もともとSheryl CrowとかEric Claptonとかが好きだった母が、僕がお腹にいるときだけSadeを聴いていたらしいんですよ。母ってSade以外はそういう音楽にハマってなかったみたいなんですけど、その影響が僕の音楽に影響があるんじゃないかって最近母から聞きました。
クリス:胎教がSadeなんてカッコいいね。

音楽への熱は中学時代から高まっていき、高校生の頃に「本格的にハマった」そうだ。

SIRUP:中学から遊び半分で吹奏楽をやっていて、高校から本気でやりはじめました。吹いていたのは、バストロンボーンです。地元がレゲエの盛んな地域だったので、レゲエの音楽をやる先輩とか出てきたり、歌を本格的にやっている人が近くにいたりしたので、歌にも興味を持ちはじめました。16歳くらいから音楽を意識し出したと思います。


■Stevie WonderやAlicia Keysが「僕の二大巨頭」

高校生くらいからStevie WonderやAlicia Keysを聴き出したSIRUP。この2人のアーティストに大きな影響を受けたという。

SIRUP:Stevie Wonderはアルバム『Ballad Collection』って入りました。とにかく全曲を聴いた感じで、『You And I』って曲がすごく好きでカラオケで歌ったりもしましたね。
クリス:歌い手だからバラードが好きなんだね。
SIRUP:ちょっとボイストレーニングに行っていた時期に、『Lately』を歌えるようになりましょうってこともありました。
クリス:一方で、Alicia Keysも影響を受けたってことだけど、Stevie Wonderと全然違わない?
SIRUP:当時はAlicia Keysの人気が出て来ていたときで。そのときにR&Bのシンガーをクラブでやっている吹奏楽部のOBが、Alicia Keys とStevie Wondeの声が合いそうだから聴いてみたら、と2人のCDを渡されたんです。そこで同時に聴き出し、この2人が僕の二大巨頭になりました。Alicia Keysの『If I Ain't Got You』をはじめて聴いたときの感動は、いまだに覚えていますね。


■SIRUPに名前を変えて「今すごく潤っている」

以前、SIRUPは「KYOtaro」名義でシンガーソングライターとして活動していた。

SIRUP:KYOtaroの活動10年目くらいで、好きなことをもう一度しようと。別に好きなことをやっていたんですけど、もっと自分の心を解放させてもらえるチャンスがあったときに、ヒップホップを聴くようにもなったので、オリジナルを作っていくうえでラップみたいなスタイルが入ってきて、それが自分の中でフィットしたタイミングでした。同時に、10年のタイミングだし名前を変えようかって時期も重なったのでSIRUPという名前に変えました。

SIRUPは、Sing & Rapからなる造語だ。

クリス:SIRUPになって全然変わったって感じ?
SIRUP:曲作りの考え方とか自分の体感は変わってないんですけど、環境が変わりましたね。いろんな人に知ってもらえたり、KYOtaroの10年で経験してないことをこの2年で全部経験させてもらったりとか。まだまだなんですけど、ミュージシャン的には今すごく潤ってるというか。
クリス:KYOtaroとSIRUPはどこがいちばん違うの?
SIRUP:いちばん違うのは細かい譜割りをあまりしない部分かもしれないですね。SIRUPはラップなので『Do Well』とかもずっと連打で歌っている感じなんですけど、KYOtaroはもうちょっとゆったりしたリズムの譜割りで歌っていたりとか、歌でどうもっていくかみたいなところに重きを置いていたりしていましたね。たとえばフェイクをどこにいれるか、高いキーをどの曲で入れるか、ソウルであるかどうか、R&Bであるかどうか、そういうことをすごく考えていました。でも、SIRUPになってからはそういうことを全て取り払ったことが、アーティストとしていちばん変わったことかもしれないですね。
クリス:もうちょっと本能的になったってこと?
SIRUP:そうですね。


■注目のアーティストはKyle DionとLucky Day

SIRUPが最近、注目しているアーティストは、Kyle DionとLucky Dayeだ。

SIRUP:僕が今R&Bとかソウルとかをすごくやりたいって気持ちが湧いていることもあって、Kyle Dionは地でPrinceみたいなことをしているアーティストです。メッシュのシャツとか着て面白いスタイルでやっていますね。ファルセットで攻めたりしてわかりやすい感じです。Lucky DayeはMusiq(Musiq Soulchild)に近いバイブスを感じる音楽で、なんとなくフェリーな雰囲気があります。Kyle DionとLucky Dayeは若くて地でいっている感じですね。


■愛に対する考えが深まった1年

SIRUPの新EP『CIY』は、初めてテーマをもって作ったという。

SIRUP:「愛」を大きなテーマにしています。愛ってすごくあたたかくて優しいものって前提はあるんですけど、それだけではないとすごく考えました。イヤなやつとか、なんでこんなことをしたんだろうってことは必ず愛が関与しているなって思って。仲の良い友だちとケンカをしたときに、「なんでそんなこと言ったんだろう」と思ったけど、その友だちは自分たちの仲間を守りたいから俺にこういうことを言ったんだなとか、そういうことを考えると、それってみんなが仲間に対する愛を持っているからなんです。それを意識すると、僕はそこまで友だちを責められなくて。そういう体験をしたことをずっと忘れられなくて、愛ってマジで使い方だし、面と向かってる相手がどういうつもりでそれを言っているのかを意識して、みんな同じ人間だなって思えるだけで、無駄な感情を省ける。そんな、罪を憎んで人を憎まずみたいな感情を去年1年で学んだり感じたりしたので、それを細かくいろんな風に切って、歌いました。

最後に、SIRUPはこれからの目標について「自分自身の性格や音楽性がいろんな部分でジャンルレスだったりするので、国境を越えてボーダーレスに活動しながら、それが自然であるアーティストになりたい」と語った。

『SAPPORO BEER OTOAJITO』では、毎週さまざまなゲストを迎えてお酒を飲みながら音楽トークを繰り広げる。放送は毎週土曜18時から。お聴き逃しなく。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/
タグ

夏川椎菜「最難関を更新した1枚」ニューシングル『シャドウボクサー』に込めた想い!


声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
4月13日のゲストは夏川椎菜さん!
ニューシングル『シャドウボクサー』について伺いました。

「シャドウボクサー」は夏川さんの名前にちなんで毎年イベントを開催している「417の日」、4月17日に発売!作曲はUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんです。「今まで私と田淵さんで作ったものよりも、ちょっと攻撃的だったり、皮肉が効いた感じの曲にしたいとお願いしたんです。エッジのある曲が来るのは予想していました」

歌詞は夏川さんが書いています。「自分で書いて良かったと思うことの方が多かったですね。自分で歌いながら歌詞をつけるから歌いやすい母音と子音の並びに自然にするんですけど、 人に書いてもらっていたらちょっと覚えるの遅かっただろうなと。最終的には自分が歌いやすい並びになっています。作詞する時はなるべく外に出て、人の雑踏とかちょっとした雑音が聞こえる場所でやると1番集中出来る。ちょっとざわざわしてるぐらい」

かなり早口で歌い続ける『シャドウボクサー』、レコーディングはどうだったのかというと「何度も何度もブツブツ言いながらカフェで歌詞を書いていたので、改めて練習ということもなく、作詞をして流れるようにレコーディングみたいな感じでした。歌入れも最近はお任せ頂けるというか、1回考えてきたことを録音して、それを基準に膨らまして録っていくような感じです。レコーディングはスッと行きました」

ただスンナリと行かない部分もあったようです。「仮歌を自分の家で録ったんですけど、スタジオで歌った時に“ちょっとここ口が回らないな”とか“逆の方が意味的にいいな”と思ったりして、修正したりしました」

MVは夏川さんの想いを反映して、予定していたストーリーから変更されていました。「最初にアイデアを頂いた時は、勝てないから努力してどんどん強くなってって、最後強くなって勝ちますというストーリーになっていたんですけど、“勝ちたくない、最後まで負けたい”と思って変更してもらいました。『シャドウボクサー』は負け犬に対しての応援歌というか、手応えなくたっていい、ブザマな姿を晒しても挑戦し続けることに意味があるということを一番伝えたかったので、勝ってしまうとそこで終わっちゃう、それ以上ない感じがしたので“負けたい”と言ったんです」

カップリングの『労働奉音』は「ふざけました!メタルなのかなというくらいダークな印象。ライブを想定して書いた曲です。私のバックバンドを“ひよこ労働組合”と呼んでいて、バンドのテーマソングみたいになればいいなと思って。音に奉公をするために労働するという意味でタイトルを付けました。ぜひクラップなどで参加して頂きたいですね」

自分が担当していたラジオ番組に雨宮天さんから「あらやまみそ」というラジオネームでメールを送られたことがある夏川椎菜さん。ニューシングル『シャドウボクサー』は夏川椎菜さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「どちらも最難関を更新した曲、1枚になったと思っております。この2曲をうまく乗りこなせる、そんなアーティストになれたらいいなと思っております!」

Facebook

ページトップへ