J-WAVEが厳選! 「いま聴くべき」おすすめソング8選(5月後編)【SONAR TRAX】

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)が選ぶ今聴くべきネクストカマーの最新楽曲「J-WAVE SONAR TRAX」。2022年5月は、全18曲が選出された。

「SONAR TRAX」は、『SONAR MUSIC』(月~木 22:00~24:00)や、『PIA SONAR MUSIC FRIDAY』(金 22:30~23:00)で、毎日1曲をピックアップして詳しく紹介。そのほかの各ワイド番組でも、おすすめの楽曲を毎日オンエアしている。

【前回記事】https://news.j-wave.co.jp/2022/05/j-wave10-5sonar-trax.html

ここでは、5月後半の「SONAR TRAX」から8曲を紹介しよう。

1. りりあ。「じゃあね、またね。」



りりあ。は、Z世代から支持を集める、SNS総フォロワー数170万人以上のシンガーソングライター。2019年春頃からTikTokやYouTubeで顔出しなしの弾き語り投稿を始め、初オリジナル楽曲「浮気されたけどまだ好きって曲。」は1200万回超えの再生回数を記録した。「じゃあね、またね。」は、2022年公開のアニメ映画『バブル』のEDテーマで、ヒロイン・ウタの心情とリンクする、儚くも切ない楽曲。りりあ。は、その映画でヒロイン役として、声優デビューも果たす。

2. MONO NO AWARE「味見」



MONO NO AWARE(モノ ノ アワレ)は、東京都八丈島出身のVo.&Gt.玉置周啓、Gt.加藤成順と、彼らが大学で出会ったBa.竹田綾子、Dr.柳澤豊による4人組バンド。言葉遊びに長けた歌詞と多彩なバックグラウンドを匂わすサウンドが人気を博し、FUJI ROCK FESTIVAL ‘16 “ROOKIE A GO-GO”から、翌年は投票でメインステージに出演した。「味見」は、ドラマ『"シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。』(BS-TBS)のエンディング主題歌にも採用され、料理と人生を照らし合わせた歌詞とロックバンドならではの鋭いギター&ベースラインが魅力のグルメソングになっている。

3. Mega Shinnosuke「未来時代」



Mega Shinnosuke(メガ シンノスケ)は、2000年生まれの21歳。作詞、作曲、編曲に加え、アートワークや映像制作にも携わるなど、セルフプロデュースを行う新世代のクリエイター。2017年秋よりオリジナル楽曲の制作をスタートし、2021年にリリースした1stフルアルバムの1曲「甲州街道をとばして」はSONAR TRAXにセレクトされるなど、注目を集めた。「未来時代」について、Mega Shinnosukeは「『未来時代』を前向きに好きなことをジブンらしくやっていけるように、軽快にダンサブルにカマしていけるナンバーを作りました」とコメントしている。

4. Sano ibuki「プラチナ」



Sano ibuki(サノイブキ)は、2017年から本格的なライブ活動を開始したシンガーソングライター。2019年には、構想に約2年かけて空想の物語の主題歌を収録したデビューアルバム『STORY TELLER』をリリースした。「プラチナ」は、遠く離れてしまった人との決別を錆びることのないプラチナに重ねて描いた楽曲。MVはSano ibuki自身が監督/編集を行っている。

5. ペペッターズ「レガートでもう一度」



ペペッターズは、神戸にて結成し、2015年から本格的な活動を始めた3ピースバンド。「レガートでもう一度」は、5ヶ月連続シングルの第1弾。 レトロなゲーム音楽のようなエレクトロサウンド、ペペッターズらしさが光る変拍子の応酬、それらをポップにまとめあげるボーカルによって、中毒性のある楽曲に仕上がっている。

6. BREIMEN「D・T・F」



BREIMEN(ブレイメン)は、5人組ミクスチャーファンクバンド。メンバーそれぞれが数多くのアーティストのサポートアクトを務めており、セッションを軸としたサウンドセンスで多くの人を魅了している。2021年にリリースした2ndアルバム『TITY』は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文による私設賞「Apple Vinegar Award」に選出された。「D・T・F」は、“Don’t Think, Feel”をテーマに、考えるより先に音を感じることの大切さが描かれた1曲。

7. Sophia Bel「I Won't Bite」



Sophia Bel(ソフィア・ベル)は、カナダ・モントリオールを拠点に活動するポップシンガー。「I Won't Bite」は、今年4月にリリースした1stフルアルバム『Anxious Avoidant』に収録されており、アルバムから「I Won't Bite」含む3曲はYouTubeでMVも公開されている。

8. Palmaria「Chameleon」



Palmaria(パルマリア)は、イタリア出身、ロンドンを拠点に活動するポップデュオ。今年4月にリリースした「Chameleon」は、2021年のEP『Crystallize』以来のシングルとなっている。

(文=J-WAVE WACODES 8期 日比楽那)
タグ

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ