使い終えたランドセルが大変身…思い出がずっと残る逸品

©HBC

街で話題になっている新商品や便利なアイテムを紹介するHBCラジオ「朝刊さくらい」(月‐金 午前 6:30~9:00)のコーナー「ネクストフォーカス」。 今回は、お子さんのランドセルを“大変身”させる裏技を紹介します。

 

4月に入って、お子さんが、進級・進学を迎えたご家庭も多いと思います。中には「子どもが使い終えたランドセルどうしよう?」などとお困りの家庭もあるのではないでしょうか?そんな方にご紹介したいのが、「そのまんまランドセル・アルバム」です。その名の通り、ランドセルを“写真アルバム”に変身させます。

 

 「そのまんまランドセル・アルバム」は、新潟県の革製品加工会社、カナーズ・ジャパンが行う加工サービス。4人の職人が、ひとつずつ手作業で、ランドセルの形をそのまま残しつつ、アルバムに変えていきます。ランドセルの“カブセ”と呼ばれるフタの部分を開けると、そこにアルバムの“表紙”が現れます。反対側の背あてのクッション部分は“裏表紙”です。中をめくるとアルバムの台紙が登場。台紙は全10ページで、1ページにつき最大10枚の写真が貼り付けられます。写真が増えたら台紙を追加することも可能です。

 

できあがったアルバムは、元のランドセルの3分の1程のすっきりとした厚みになります。ですから、ランドセルの背あての“壁掛けフック”を使って、アルバムを“壁に飾る”なんて使い方もできるのです。

 

完成品を手にした「朝刊さくらい」の佐藤彩アナウンサーは、「小学校入学から卒業までの写真を貼ったら、ずっと宝物として使えそう」と話しています。なお、ランドセルはアルバム以外にも、お好みで財布やバッグなどにも加工可能です。

 

「そのまんまランドセル・アルバム」のオーダー料は、税込17,280円(ランドセル代は含まれません)。カナーズ・ジャパンのホームページから注文できます。手作業のため、商品完成までに少々時間がかかりますので、ご了承ください。アルバムを注文した方には、あわせて革製小銭入れがプレゼントされます。

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ