中村一義ニューアルバムは「10曲全部自分で演奏してみました」

Ready Steady George!! ©InterFM897

3月6日のInterFM897『Ready Steady George!!』(DJs: George Williams, Shaula)は、ニューアルバム「十」をリリースした中村一義がゲスト出演。

ニューアルバムは「10曲全部演奏してみました」

George Williams(以下、George):久しぶり!

中村一義(以下、中村):お久しぶりです。

George:先月アルバムリリースしたじゃないですか。どんなアルバムになりました?

中村:自分で全ての楽器を演奏したんですよ。ファーストの時もそんなイメージだと思うんですけど、あの時は、高野寛さんにギター弾いてもらったりしたので厳密には1人じゃないんですよ。

George:そうなんだ。じゃあ今回は完全に1人でやってるんだ。

中村:今回だけです。

George:どうでした?どうしてこのタイミングで1人でやろうと思いました?

中村:デジタルな音楽が多い時代なので、音の「体温」みたいなものを感じられるアルバムがいいなと思って。じゃあ全部、楽器演奏しないとな、と。10曲全部演奏してみました。

George:デビューから23年でスキルは上がってるじゃないですか。めちゃくちゃ少人数でアルバム作ることになって、スキルが上がったから楽勝だったとか、逆に苦労したとか、どうでした?

中村:長いことやってると音楽的知識とかリズム感みたいなものは成長していくんですけど、どんどん身体がついていかなくなるんですよ。歳を取るので。ドラムとかも叩けなくなってるんですよ。

George:身を削りながらのレコーディング。出来上がったものについてどう感じてますか?

中村:一ヶ月ぐらい練習してからやったので、ちゃんとしたものが出来たかなと思ってます。

George:レコーディングが台風の時で大変だったみたいですね。

中村:江戸川区に住んでるんですけど。世界でも類を見ないような多雨風がきちゃって。ウチも水がくるって言われちゃったんですよ。それを知ったのが台風の2日前で。その時もレコーディング佳境だったので。マイクのセッティングとか楽器がそのままなんですよ。そういうのを全部バラして地下のスタジオから3階まで運んで。最後には卓を運んだんですよ。車一台買えるくらいのがあるんですけど。階段を一段一段上げて。

George:家は大丈夫だったんですか?

中村:大丈夫でした。でも台風が長野に行っちゃって。その時に長野行きたいなあって思って今回のツアーで松本に行く予定だったんですけど、コロナでまたダメになって。

George:今、飲食店、舞台とか大変ですよね。最近は、CDの売り上げがあてにならないっていうじゃないですか。だからライブこなして物販してってやるけど、それすらもできなくなってる。どうするんですか?

中村:本当にね。ぶっつぶれますよ。

George:早く状況良くなってほしいって祈るしかないですよね。最近聴いている曲を教えてもらってるんですけど。Neil Young。この曲(The Needle and the Damage Done: 1972年のアルバム「ハーヴェスト」より、邦題「ダメージ・ダン」)のどこが好き?

中村:空虚感。明るくも暗くもないけど、根底に空なものが漂っているというか。

George:改めてすごい曲だね。Neil Youngのドラッグで亡くなった友達について歌ってて。僕はあなたのことを愛してるから歌ってるんだよっていう。悲しさもあるけど、愛情も感じるし。この曲のどこに惹かれた?

中村:実際には失くしてるものなのかもしてないけど、繋がってる感じというか。それをアコギ一本でやってるっていうのが、ああ歌だなって感じがしますね。

George:次がOasisの「Live Forever」。どうして?

中村:海賊ってバンドをやってまして。ヨースケ@HOMEっていうやつがメンバーだったんですけど、いつも笑ってるようなやつで。そいつが亡くなりまして。起きたら死んでたっていう。そいつに向けての曲も今回のアルバムに入ってるんですけど、僕ら世代として青春としてはOasisだったりするので、そこら辺を意識して書いたんですけど。そのルーツとなる、タイトルもタイトルなので。

George:曲と思い出って合体しちゃうじゃないですか。この曲聴いて、どういう思い出が蘇ってきますか?

中村:デビュー前夜だったり。

George:時間が経つほど大切になるバンドってあるんじゃないですか。

中村:Oasisは大好きです。自分の中に残っていくんでそれだけ好きなんだなと思いますね。

George:早く兄弟仲直りしてよ。Liam(Gallagher)がもうすぐOasisを見る日は近いとか言ってるんですけど、Noelは、それについて何も言ってないから。

中村:Liamはお兄ちゃん(Noel)大好きですもんね(笑)。

George:ツアーが始まるじゃないですか。バンドセットのライブで自分で演奏したのを他の人にやってもらうのって、どんな気持ちですか?

中村:好きにやって、ですよ。デモテープ作っといたんでって感じです。みんなの方が大変なんじゃないですかね。

George:また近々会いましょう!

中村:是非是非!

Ready Steady George!!
放送局:interfm
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分
出演者:George Williams、 Shaula
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

宮世琉弥 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ東京ドーム公演を回顧「テンション爆上げ」「すごく至福の時間でした」

俳優、シンガーソングライターの宮世琉弥(みやせ・りゅうび)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 宮世LOCKS!」(毎週水曜23:08頃~)。6月19日(水)の放送では、生徒(リスナー)から寄せられた「梅雨を吹き飛ばす楽曲」を紹介する「りゅビビビMusic!」をお届けしました。この記事では、宮世がオススメの楽曲を語ったパートを紹介します。


パーソナリティの宮世琉弥



――「梅雨を吹き飛ばしたいときに聴いてみてください」

宮世:今日はみんなから梅雨を吹き飛ばす楽曲をいろいろと教えてもらいましたけど、最後は僕からみんなに梅雨を吹き飛ばす楽曲を届けたいと思います!

◆レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「Around The World」


実は僕、(今年5月に開催された)レッド・ホット・チリ・ペッパーズさんの東京ドーム公演に行かせていただきまして、すごく至福の時間でした!

(来日公演1日目・5月18日(土)のセットリスト同様に)1曲目が「Can't Stop」かと思いきや、(来日2日目の5月20日(月)は)「Around The World」からでテンションが爆上げでした。

「Around The World」って歌詞がすごくいいんですよ。ポジティブな歌詞なので、ぜひ梅雨を吹き飛ばしたいとき、元気がないときに聴いてみてください。

番組では他にも、リスナーから届いた宇多田ヒカル、ブルーノ・マーズ、ELLEGARDENなどの楽曲を紹介する場面もありました。

----------------------------------------------------
6月19日(水)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月27日(木)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ