「サマソニ」史上最速SOLD OUT!クリエイティブマン清水社長が語る舞台裏

サマソニ史上最速で東京、大阪会場の全券種が完売となった「SUMMER SONIC 2023」。 ZOZOマリンスタジアム外周特設ラジオブースで行った「Sonic Radio~Music Stream for Summer Sonic 2023 produced by interfm」にゲスト出演した主催者のクリエイティブマンプロダクション代表取締役社長、清水直樹さんは、DJのジョージ・ウィリアムズのインタビューに答え、成功の理由と舞台裏を明かしました。

ジョージ 東京、大阪 SOLD OUT! 

清水社長 ありがとうございます。史上最速で。

ジョージ 完売になった速さ。びっくりしました。

清水社長 サマソニはバランスだと思うんですよ。洋楽中心だったのは最初だけど、いまは邦楽も多くなり、アジアのアーティストも増えてきた。ごった煮だけど、それがいまのフェスらしさ、サマソニらしさを出してるんじゃないかと思って、それが受け入れられたのが今年かなと分析しています。

ジョージ 今年のヘッドライナーは、ブラーとケンドリック・ラマー。どうアプローチしたんですか?

清水社長 ブラーは、去年のいまくらいに「復活する」とエージェントから聞いていたんです。だから絶対に呼びたいっていうので、相思相愛で、結構早いうちからもう出るって言うことをある程度確約しながら話を進めてたんで、去年の今頃はすごい気持ちが楽だった。ケンドリックは苗場には2回出てるけど、サマソニには1回も出てないんで、これはもう1回出てもらいたいなっていうので、ストレートに1本でアプローチしたんで、そこがもうバシッとはまってっていうのが今年だったよね 。 

ジョージ どのタイミングで正式にOKとなったんですか?

清水社長 完全にブラーのOKをもらったのは、去年のサマソニが終わった9月くらいかな。ケンドリックは、「今年中に決めたい」と思っていて去年の12月に決まって。サマソニってちょうど1月の末ぐらいがアナウンス なんですよ。 それに間に合わせるには、1月頭には絶対決めたいから、ギリギリな感じ。かなり プロモーション的にも良かったです。

ジョージ 交渉ってどう進めるんですか?

清水社長 細かいことは後で決めていくんですよ。楽屋に何が欲しいとか、シャンパンほしいとかいろんなことあるじゃない。決まると細かくいろんな人が動き出すんだけど、基本は 日程とギャランティ、そこだよね。 ヘッドライナーは金額感が全てっていう感じです。

インタビューでは、細かい条件を出してきた有名アーティストのエピソードも。このインタビューの模様は、『interfm SUMMER FES. RADIO』【8月31日(木)16:30‐18:27】でオンエア。番組では、クリエイティブマンプロダクション清水社長のほか、サマソニ出演アーティスト、Camilo、Nova Twins、The Snuts、Umi、yonawoのインタビューもお届けします。

interfm SUMMER FES. RADIO!
放送局:interfm
放送日時:2023年8月31日 木曜日 16時30分~18時27分

※該当回の聴取期間は終了しました。

【特別公開】テリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光の3人に、小池百合子都知事からメッセージが届く!

ニッポン放送は、開局70周年を迎えることを記念して、開局記念日の7月15日(月・祝)に17時間の大型特別番組『ニッポン放送開局70周年特別番組 笑顔にナーレ!』を放送。

(前列左から)笑福亭鶴光、テリー伊藤(後列左から)辛坊治郎、増山さやか

13時から15時に放送された『のってけゴールデンズーム』では、冒頭からパーソナリティのテリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光の3人による、予定通りに行かない同時喋りが止まらない中、番組アシスタントの増山さやかアナウンサーが思わずカットイン。この番組に特別に宛てられた、小池百合子東京都知事からのメッセージを紹介した。

 

増山アナウンサーが最後まで読み上げると、3人は驚きながらも感激している様子だった。その後は「ニッポン放送に初めて来た日」などをテーマに2時間喋り倒し、未来への目標を語って番組を締めくくった。

【番組概要】
■番組タイトル『ニッポン放送開局70周年特別番組「笑顔にナーレ! のってけゴールデンズーム」』
■放送日時:2024年7月15日(月・祝)13時~15時
■出演:テリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光、田中美和子、増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)
■番組ハッシュタグ:#笑顔にナーレ

Facebook

ページトップへ