8月の名目賃金が2ヵ月連続減少~景気後退と言わざるを得ない現状

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月9日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。8月の毎月勤労統計調査の名目賃金が2ヵ月連続で減少したニュースについて解説した。

コンビニエンスストアに貼られた、キャッシュレス決済でのポイント還元を知らせるポスター=2019年10月1日未明、東京都品川区 写真提供:産経新聞社

8月の毎月勤労統計調査、名目賃金が2ヵ月連続で減少

厚生労働省が8月の毎月勤労統計調査の速報値を発表した。基本給や残業代などを合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は、前月7月と比べ0.2%少ない27万6296円で、2ヵ月連続で減少している。

飯田)現金給与総額は、ある意味で実感の部分というか、額面でわかるという。

高橋)景気がよくないのですよ。毎勤統計の前にも、先月(9月)末に鉱工業生産が出ましたが、それも悪い数字でした。今月(10月)頭に出た日銀短観も悪い数字です。7日に出た景気動向指数もよくなかった。それでこの毎勤統計です。同時に出た景気ウォッチャー調査は、先行きを見ると当たるのですが、先行きも悪いですね。

飯田)そうですよね。この景気ウォッチャー調査は9月分だから、足元のところは2ヵ月連続で改善したと書いてありますが。

高橋)あれは違いますね、先行きだけだから。現状の方は景気動向指数で見るのです。先行きはウォッチャー調査が当たるので、それを見ます。景気判断は景気動向指数でしています。機械的なところで言うと、4ヵ月ぶりに悪化ということで、景気後退と言わざるを得ない状態です。

飯田)これが月例経済報告と正反対になっているということですね。

今月中には月例経済報告でも「景気が悪い」と言わなくてはならない

高橋)景気動向指数は機械的にやっているから、毎月いつ発表か決まっています。月例経済報告は閣議があって、少し政治的です。だからやる日は決まっておらず、今月中にやればいいのですが、今月中には言わざるを得ないのです。そこで景気判断を悪く言わないと大変でしょう。2~3ヵ月前に、景気が悪いということは言ってもよかったのです。でも選挙や消費増税の前だったから、政治的に言えなかった。消費増税や選挙もやったので、月例経済報告で「景気が悪い」と言うでしょう。言い訳が苦しくなっている状況だと思います。私が先ほど経済指標をたくさん並べましたが、みんな悪いでしょう。これで景気がいいと言ったら、みんな「えっ!」となりますよ。

飯田)そうですね。肌感覚とあまりにも違いすぎるし。

高橋)景気対策をやるのを覚悟して、「悪い」と言った方がいいですよ。麻生さんは景気対策は必要ないと言っていますが、景気対策をやらないで済むはずがないと思います。

飯田)景気対策の予算を通したとしても、すぐに効くわけではなく、タイムラグがありますよね。

景気対策をしなくてはならないタイミング

高橋)世界経済は悪い。米中は当分収束しない。ブレグジットもあります。ホルムズ海峡も危ない、日韓も危ういということは、いい話がないではないですか。

飯田)消費増税で、内需も痛めつけているわけですよね。

高橋)最悪ですよ。景気対策をやらなければいけないタイミングです。

飯田)消費増税は間違いだというメールもいただいております。金沢区の84歳、“まさたか”さん。「莫大な対応資金を投入して下支えして、民間にも多大な負担を強いて混乱を起こし、何もいいことがないではないか。困るのは低所得者、高齢者、弱者切り捨ての構図ではないかと。私案ですけれども、消費税を5%に引き下げた方が、無駄な資金を使わずに内需や税収も上がる。長い目で見たらいい政策だと思うのですけれども」といただいております。

いちばん簡単なポイント還元対策はデビットカードを使うこと

高橋)5%まで引き下げると大変だから、とりあえず全品目で軽減税率を適用とかね。軽減税率の税率を下げる方が簡単です。でもポイント還元があるので、せっかくだから活用した方がいいですよ。私はキャッシュレスだから、知らない間にポイント還元されているのですが。いままで現金の人は、これを機にやった方がいいかもしれないです。

飯田)それに関しては、使えるものは使っておけと。

高橋)いちばん簡単なのは、銀行預金の口座を持っていれば、ただでデビットカードがもらえます。

飯田)一時期は流行りましたよね。

高橋)デビットカードを使うと、還元率が普通の交通系より高いのです。スマホが苦手な人は、デビットカードを使うのがいちばんお手軽だと思います。

飯田)なるほど。対応店舗が限られるかもしれませんが。

高橋)インターネットを使って登録するとか、面倒くさいでしょう。文句があるのはわかりますが、ふんだくってあげると思ってデビットカードを使うべきだと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ