渋谷天外、新型コロナ復帰後初舞台は、夏の京都で注目子役と共演

渋谷天外(中央)、パーソナリティ 河島あみる(左)、川田一輝

ラジオ大阪(OBC)が毎週土曜の昼に放送する『あみるのママで』。6月5日はスタジオに松竹新喜劇代表 3代目 渋谷天外が登場し、来月10日から始まる「松竹新喜劇 夏まつり特別公演」をPRしました。

「あと3年で70の声を聞く」という天外は、今年1月に新型コロナウイルスに感染。当時、40.0°を示した体温計を見て「一番に思ったのは『これは体温計がつぶれとる(壊れている)!』」だったと豪快に笑いますが、その後のPCR検査で陽性。すぐに入院を指示され、いきなりICU(集中治療室)に入ることになったといいます。「なんで?」と自覚のない天外は「あなた重症なんですよ!」と言われ「この3~4日が山」という言葉に驚いたと話します。自身の症状について「咳は1時間に1回くらい「ゴホン」って。でも知らん間に肺が真っ白(になっていた)」といい、その頃の血中酸素飽和度は、呼吸不全の目安である90%を下回っていたといいます。気付かないうちに症状が進行していた経験から「とりあえず、指先に付けるヤツ(パルスオキシメータ)、買いはったほうがいい。ええやつ買わなあきません」と持論を述べました。

新型コロナからの復帰後、初舞台となる「松竹新喜劇 夏まつり特別公演」は7月10日から18日まで、京都南座で開かれます。演目は、新作喜劇「一休さん」と、名作「愛の小荷物」。「一休さん」は藤山扇治郎が主演する一休宗純の青年期の物語で、松竹新喜劇版の新しい一休像を作り上げるといいます。

「一休さん」には、NHK朝ドラ『おちょやん』で注目を集めた子役 毎田暖乃が出演。毎田について「(取材会で)10歳でこんだけのことしゃべれるか(と驚いた)。しっかりしてるし、かわいいし…。(芸能界は)子役と動物と一緒に出たら食われるというのが定説。『全力で君のことつぶすからな』って言った(笑)。そのくらいの気持ちでいかんとホント持っていかれるもん。芝居もうまいしな」と激励し、同じ役者として正面からぶつかる気持ちを示しました。

渋谷天外(右)とパーソナリティ 河島あみる(左)

『おちょやん』では、鶴亀撮影所の守衛を演じた天外。ドラマの主要人物である喜劇界のプリンス 天海一平は自身の父 二代目 渋谷天外がモデルです。「お父様の生きざまが朝ドラになって、毎朝全国で(放送されるというのは)…」と河島から聞かれると、「いっぺんも観なかった。ムカつきますがな、自分の親が最低の男として描かれて、悪く言われて。ネットでボロくそに書かれたりね」と複雑な思いを吐露しながら「でも、30%くらいは事実」と笑いました。

「朝ドラファンとしても、この新喜劇をやはり見たくなる」という河島の言葉に、天外は「あんさん、うまいことまとめはりますな」と笑い、「夏の京都。ぜひ観に来てください。新型コロナ対策もしっかりしてます。うちの芝居は熱いから、余計暑くなるかもしれんけど」と自信を見せ、笑いで新型コロナに打ち勝とうと呼びかけました。

「松竹新喜劇 夏まつり特別公演」について、詳しくは「松竹新喜劇」のホームページでご確認ください。

「松竹新喜劇 夏まつり特別公演」

松竹新喜劇 夏まつり特別公演
あみるのママで
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週土曜 13時00分~14時30分
出演者:河島あみる、川田一輝
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

研究者に転身の日テレ・桝太一アナ 「『最大の脅威』と羽鳥慎一さんが絶賛」と明かす橋下徹

元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が1月24日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。日本テレビを他社して研究者へ転身することを発表した桝太一アナウンサーについて、辛坊とともに語った。

【映画「竜とそばかすの姫」大ヒット御礼舞台挨拶】 司会を務める、日本テレビの桝太一アナウンサー =東京・日比谷 撮影日:2021年09月11日 ©産経新聞社

辛坊)(桝アナの日テレの)先輩で羽鳥(慎一)くんというのがいるのですよ。羽鳥くんは一緒に番組をやっていましたよね。

橋下)一緒にやっていました。

辛坊)親しいよね。あのクラスは、何というか、非常に性格がいい人が多いのですよ。フリーになる人はなんとなく性格悪そうなイメージがあるのだけれども、羽鳥も性格がいいし、桝くんは直接の接点はないのだけれど、噂を聞くといい人みたいですよ。

橋下)羽鳥さんが絶賛していて、何年か前なのですけれども「最大の脅威は桝さんだ」と羽鳥さんが言っていました。

辛坊)桝くんがうまいなと思うのは、日テレのいまの給与事情から見ると、あの年であれだけ頑張っている人が日テレの給料でやっているのは理不尽だなと思うので、たとえフリーになると言っても私などは応援したいと思うのです。でも世間の受け止め方は、なんか「金が欲しくてフリーになったのか?」みたいなイメージが付きまとうのですよ。ところが彼は助教。助教というと、一昔前でいう助手なのですね。研究者のヒエラルキーのなかでは一番底辺なのだけれども、そんなことは世間にはわからないわけです。そうすると「研究員になります」と言っても助教では絶対に食えないから、たぶんタレント活動を継続されると思うのです。そういう意味では、フリーでアナウンサーをやるということより、研究員になるのだという印象が先行するというこのやり方は、桝はすごいです。やはり。

橋下)いや、そんな腹黒いことは考えていないです(笑)。純粋に研究をしたいという。

橋下徹、増山さやかアナウンサー、辛坊治郎

橋下)でも、アナウンサーの人が独立してフリーになるという事情がなんとなく分かったのは、この間辛坊さんの読売テレビの後輩の女性アナウンサーが、私と古市(憲寿)さんのイベントの司会をやるということで挨拶しに来てくれたのです。以前だったらそういうイベント業のギャラというのは全部自分でもらってたいたのでしょう。だからそういうものは読売テレビに「辛坊ルール」というのがあるはずなので?、全部(ギャラを)自分で取れるのではないですか?と聞いたら、いまはできないと。

辛坊)もう全然。もうもうだいぶ前からですよ。だから私は会社を辞める直前ぐらいからものすごく厳しくなっていて、本もだめです。私が読売テレビ時代に出した本は、言っては何だけど、自分で書いていますから、印税はだいたい10%なのですよ。ところがそれ以降というか、いまは確か、本人に1%くらいで、全体の印税の9割くらいは会社が持っていきます。

橋下)結婚式の司会もだめなのですか。

辛坊)結婚式の司会などをやっている人はいないのではないかな。

橋下)いまは会社への届け出とか、そういうものが全部自分の○○と。辛坊さんの時代などは税金も払っていなかったでしょう(笑)?

辛坊)税金はフルで払っています。何てことを言うのだ! 自慢じゃないけれども、節税は一切やっていませんから。これは何回も言っていますけれども、US-2は買えないです。あれは150億円しますから。だけど小型飛行機3機ぐらい買えるだけの納税はしているから。

橋下)私は税務署ではないから大丈夫です(笑)

辛坊)本当だって。何てことを言うのだ!

増山)納税しているということです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ