大出世したハガキ職人に「嬉しいねぇ」今田耕司、東野幸治「Come on FUNKY Lips!」23年ぶり復活

2022年3月31日、文化放送は開局70周年を迎えた。それに伴って3月28日から4月3日までを「開局70周年ウィーク」とし、70時間特番が編成されている。その中で3月31日の深夜1時から3時まで、1994年4月から1999年9月まで放送されていた「今田耕司・東野幸治のCome on FUNKY Lips!」が復活した。
あこがれの東野幸治が「無感情な目」で…

この番組を復活させるにあたり、過去の本放送時の関係者にアンケートを取った。常連リスナーの「ハガキ職人」からは、最前線で活躍する放送作家も多く輩出している。

放送作家の大井洋一さんから寄せられたコメントには「『今田耕司・東野幸治のCome on FUNKY Lips!』が始まったのは僕が高校1年生の時でした。当時深夜ラジオにハガキとFAXを送っていた僕は、この番組にもメッセージを送り、高校・浪人・大学と青春と呼べる時期をこのラジオを聞き込み、過ごしてきました」と番組への思いが込められており、今田さんと東野さんは「これは嬉しいねぇ!」と感嘆。「メッセージが採用されたことで自分の感性に自信を持ち、放送作家を目指すことにしました」と振り返る。

さらに「それから10数年が経ち、若手放送作家として東野さんの深夜番組に参加する機会がありました。番組のプロデューサーが気を利かせてくれ、僕を東野さんの打ち合わせに呼んでくれました。プロデューサーが東野さんに『彼、Come on FUNKY Lipsの大ファンだったんですよ』と紹介してくれたのです。東野さんは『あぁ、そうですか…』と僕を一瞥し、そのまま黙って台本を読み続けました。僕の『FUNKY Lips』の思い出はそこで止まってしまっています。今回復活するというニュースを見て、あの時の東野さんの無感情な目が克明に蘇り、身が引き締まりました」と今田さんが笑いながらメッセージを読み上げた。

東野さんはメッセージの後半に被せるように「そりゃそうですよ! プロやねんから! 大井くんにとってそれは良かったんじゃないかな。遊びやないねんから仕事は。過去のそんな感傷の話をしてる場合やあらへんで!」と必死に過去の自分をフォローした。

この他、紅白歌合戦のファンとしても知られる放送作家・寺坂直毅さんも、この番組の「職人」で、今回の特番にコメントを寄せていた。

タグ

いよいよ日本で発売されたライカ製カメラ搭載の「Xiaomi 14 Ultra」の実力を探る『石川温のスマホNo.1メディア』

『石川温のスマホNo.1メディア』は、スマートフォンに関する、最新情報や役に立つ情報を、スマホ/ケータイジャーナリストの第一人者である石川温さんをパーソナリティとしてお届けしている、ラジオNIKKEIの人気番組。

5月30日(木)のゲストは、XiaomiJapan株式会社・プロダクトプランニング本部・本部長の安達晃彦さん。

5月9日に日本における新製品発表会を開催したXiaomi。なかでも注目されたのが、フラッグシップモデルの「Xiaomi 14 Ultra」。ライカ製のカメラを搭載したこのモデルは、これまでのXiaomiファンやガジェット好きはもちろん、カメラ好きな人などにも高評価を得るなど、幅広いユーザーから興味を集めています。その他、新しいミッドレンジモデルの「Redmi Note 13 Pro 5G」「Redmi Note 13 Pro+ 5G」や、渋谷PARCOに期間限定で出店しているポップアップストアなどの日本市場戦略について、「Xiaomi 14 Ultra」に興味津々だった石川さんが鋭く聞いています。

Facebook

ページトップへ