藤岡弘、が語る50年前の『仮面ライダー』撮影秘話とヒーロー像

冨士原圭希(左)・栗田善太郎(右) ©RKBラジオ

フリーのラジオDJ・栗田善太郎と、“平成生まれの昭和男”との異名をもつ、RKB毎日放送の冨士原圭希アナウンサーがパーソナリティを務める、RKBラジオのワイド番組『土曜 de R。』4月17日(土)は、同月3日に生誕50周年を迎えた『仮面ライダー』を特集しました。

クライマックスは『仮面ライダー1号』本郷猛を演じた俳優・藤岡弘、さんへの電話インタビュー。物心ついた時から仮面ライダーシリーズを繰り返し視聴し、幼い頃に藤岡さんに会ったときの記憶を「心の支え」としてきたという冨士原アナウンサー。かなりマニアックなところまで質問しましたが、藤岡さんもまるで昨日のことのように答えました。


冨士原:『仮⾯ライダー』撮影当時、いろいろとエピソードあると思うんですけれども、やはり私としては40話の復帰戦ですね。⼭⽥監督のときだと思うんですけれど、あのときの気持ちとしてはいかがでしたか?事故をなさった後で。

藤岡:恐怖と不安というか、バイク事故を起こしたそのままのバイクに乗れと⾔われましてね。すごく動揺しましたね。だけど、これに乗って⾛らなければ、もう絶対に未来はないという思いで、勇気を持って挑んだんです。

冨士原:当時まだ⾜にもパイプが残った状態だったそうですが。

藤岡:はい、もし失敗してそこに衝撃を与えて曲がってしまったら、もう不⾃由な状況だぞと⾔われてはいたんですが、アクシデントがあって、(撮影後に)⼿を⼊れたら⾎がにじんでいましたね。スタッフにわからないように洗⾯所に行って⾒たら、(傷の)縫い⽬が裂けていたんですね。これはいかんと思ってガムテープでぐるぐる巻きにして⽌⾎して、何もなかったような顔をしてまた現場に戻って撮影を続⾏しました。

冨士原:2号役の佐々⽊剛さんともその時のお話をされたんですか?


藤岡:そのときは彼との共演でね、嬉しかったですね。同じ劇団の同期だったんで、私のために彼にも協⼒してもらって、本当に助かりました。仮⾯ライダー2号ということで、佐々⽊さんは私が帰ってくるまでの間、引き受けるということでやっていただいて、その厚意に⾮常に感動してですね、感謝しております。


冨士原:共演というところで⾔いますと、立花藤兵衛役の小林昭二さんとか、死神博⼠役の天本英世さん、地獄大使役の潮健児さん、先輩方との思い出といいますと。


藤岡:ああいう、いわゆる悪役的なことやってらっしゃいますけど、本当に⼈間的にできた方、皆さん⾮常に思いやりのある、優しい⽅でね、いろんなアドバイスや助⾔をいただきましたね。ちょっとした⼀⾔なんですが、⼤事なポイントをついてるというか、なるほどなっていう。緊張していてもほぐしてくれるような、そういう会話をしてくれて、とにかく思いやりありましたね。


冨士原:悪役というところで⾔いますと、ショッカー戦闘員の中に⼊っていた⼤野剣友会の皆さん。

藤岡:彼たちがいたからこそ仮⾯ライダーを引き⽴てられたというか、裏で⽀えた彼らが称えられていいヒーローですよ。皆さん真剣に私を支えようという気持ちで必死になって、命がけでやってきたんでね。私はもう彼たちを本当の戦友というかな、今でも感謝の気持ちは忘れません。


このほかにも、俳優としての不安を抱える自分自身と本郷猛との重なる部分や、自分自身が仮面ライダーのスーツを着てアクションをしていたとき、視界が狭く身動きがとりにくかったといったエピソードなどを披露。最後に、仮面ライダーを演じた役者として、あるべきヒーロー像について熱く語りました。


藤岡:ヒーローものに影響を受けた子供たちっていうのはね、⼼の中にいろいろと強烈な印象が残っていると思うんですよ。善悪を伝えるものだったし、ヒーローっていうのは⼦供にとっての⼀つの夢というか希望というか、そういうものが全世界の⼦供達もあると思うんですよね。だから願ってやまないヒーロー像っていうのは、⼦供たちの心の中のともしびとして、燃え続けていると思うんですね。子供たちは未来を作る⼤事な⼈類の宝と⾔ってもいいと思うんですね。ヒーローっていうのは、多⼤な影響を持って子供たちの未来を築き上げていくと。(中略)そういう流れの中でね、これからの未来を作る⼦供たちに私たちは何を託し、何を委ね、何を残すかと考えると、やっぱりこの仮⾯ライダーってのは、⼤きな影響を与えたと思うんですね。(中略)⼦供の番組であろうとも、そこをよく考えてやらなきゃいけないなと、改めてこの50周年でね、私は何か重い荷をまた背負わされたようなを思いです。仮⾯ライダーをやったことによって、⾃分はこれからも己を律しながら、⼦供を失望させてはいけない、夢を壊してはいけないということを肝に銘じて、これから仮⾯ライダーをしよう、っていうヒーローたちはぜひこの気持ちを持って進んでもらいたいと思いますね。


インタビューを終えた冨士原アナウンサーは「人は本当に感動すると無口になるんですね。一言一句聞き漏らすまいと必死でした。でも、20年越しに感謝を伝えることができました」と感無量の様子でした。

土曜 de R。
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週土曜 13時00分~17時00分
出演者:栗田善太郎、冨士原圭希、藤岡弘、
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ