藤岡弘、が語る50年前の『仮面ライダー』撮影秘話とヒーロー像

冨士原圭希(左)・栗田善太郎(右) ©RKBラジオ

フリーのラジオDJ・栗田善太郎と、“平成生まれの昭和男”との異名をもつ、RKB毎日放送の冨士原圭希アナウンサーがパーソナリティを務める、RKBラジオのワイド番組『土曜 de R。』4月17日(土)は、同月3日に生誕50周年を迎えた『仮面ライダー』を特集しました。

クライマックスは『仮面ライダー1号』本郷猛を演じた俳優・藤岡弘、さんへの電話インタビュー。物心ついた時から仮面ライダーシリーズを繰り返し視聴し、幼い頃に藤岡さんに会ったときの記憶を「心の支え」としてきたという冨士原アナウンサー。かなりマニアックなところまで質問しましたが、藤岡さんもまるで昨日のことのように答えました。


冨士原:『仮⾯ライダー』撮影当時、いろいろとエピソードあると思うんですけれども、やはり私としては40話の復帰戦ですね。⼭⽥監督のときだと思うんですけれど、あのときの気持ちとしてはいかがでしたか?事故をなさった後で。

藤岡:恐怖と不安というか、バイク事故を起こしたそのままのバイクに乗れと⾔われましてね。すごく動揺しましたね。だけど、これに乗って⾛らなければ、もう絶対に未来はないという思いで、勇気を持って挑んだんです。

冨士原:当時まだ⾜にもパイプが残った状態だったそうですが。

藤岡:はい、もし失敗してそこに衝撃を与えて曲がってしまったら、もう不⾃由な状況だぞと⾔われてはいたんですが、アクシデントがあって、(撮影後に)⼿を⼊れたら⾎がにじんでいましたね。スタッフにわからないように洗⾯所に行って⾒たら、(傷の)縫い⽬が裂けていたんですね。これはいかんと思ってガムテープでぐるぐる巻きにして⽌⾎して、何もなかったような顔をしてまた現場に戻って撮影を続⾏しました。

冨士原:2号役の佐々⽊剛さんともその時のお話をされたんですか?


藤岡:そのときは彼との共演でね、嬉しかったですね。同じ劇団の同期だったんで、私のために彼にも協⼒してもらって、本当に助かりました。仮⾯ライダー2号ということで、佐々⽊さんは私が帰ってくるまでの間、引き受けるということでやっていただいて、その厚意に⾮常に感動してですね、感謝しております。


冨士原:共演というところで⾔いますと、立花藤兵衛役の小林昭二さんとか、死神博⼠役の天本英世さん、地獄大使役の潮健児さん、先輩方との思い出といいますと。


藤岡:ああいう、いわゆる悪役的なことやってらっしゃいますけど、本当に⼈間的にできた方、皆さん⾮常に思いやりのある、優しい⽅でね、いろんなアドバイスや助⾔をいただきましたね。ちょっとした⼀⾔なんですが、⼤事なポイントをついてるというか、なるほどなっていう。緊張していてもほぐしてくれるような、そういう会話をしてくれて、とにかく思いやりありましたね。


冨士原:悪役というところで⾔いますと、ショッカー戦闘員の中に⼊っていた⼤野剣友会の皆さん。

藤岡:彼たちがいたからこそ仮⾯ライダーを引き⽴てられたというか、裏で⽀えた彼らが称えられていいヒーローですよ。皆さん真剣に私を支えようという気持ちで必死になって、命がけでやってきたんでね。私はもう彼たちを本当の戦友というかな、今でも感謝の気持ちは忘れません。


このほかにも、俳優としての不安を抱える自分自身と本郷猛との重なる部分や、自分自身が仮面ライダーのスーツを着てアクションをしていたとき、視界が狭く身動きがとりにくかったといったエピソードなどを披露。最後に、仮面ライダーを演じた役者として、あるべきヒーロー像について熱く語りました。


藤岡:ヒーローものに影響を受けた子供たちっていうのはね、⼼の中にいろいろと強烈な印象が残っていると思うんですよ。善悪を伝えるものだったし、ヒーローっていうのは⼦供にとっての⼀つの夢というか希望というか、そういうものが全世界の⼦供達もあると思うんですよね。だから願ってやまないヒーロー像っていうのは、⼦供たちの心の中のともしびとして、燃え続けていると思うんですね。子供たちは未来を作る⼤事な⼈類の宝と⾔ってもいいと思うんですね。ヒーローっていうのは、多⼤な影響を持って子供たちの未来を築き上げていくと。(中略)そういう流れの中でね、これからの未来を作る⼦供たちに私たちは何を託し、何を委ね、何を残すかと考えると、やっぱりこの仮⾯ライダーってのは、⼤きな影響を与えたと思うんですね。(中略)⼦供の番組であろうとも、そこをよく考えてやらなきゃいけないなと、改めてこの50周年でね、私は何か重い荷をまた背負わされたようなを思いです。仮⾯ライダーをやったことによって、⾃分はこれからも己を律しながら、⼦供を失望させてはいけない、夢を壊してはいけないということを肝に銘じて、これから仮⾯ライダーをしよう、っていうヒーローたちはぜひこの気持ちを持って進んでもらいたいと思いますね。


インタビューを終えた冨士原アナウンサーは「人は本当に感動すると無口になるんですね。一言一句聞き漏らすまいと必死でした。でも、20年越しに感謝を伝えることができました」と感無量の様子でした。

土曜 de R。
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週土曜 13時00分~17時00分
出演者:栗田善太郎、冨士原圭希、藤岡弘、
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

研究者に転身の日テレ・桝太一アナ 「『最大の脅威』と羽鳥慎一さんが絶賛」と明かす橋下徹

元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が1月24日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。日本テレビを他社して研究者へ転身することを発表した桝太一アナウンサーについて、辛坊とともに語った。

【映画「竜とそばかすの姫」大ヒット御礼舞台挨拶】 司会を務める、日本テレビの桝太一アナウンサー =東京・日比谷 撮影日:2021年09月11日 ©産経新聞社

辛坊)(桝アナの日テレの)先輩で羽鳥(慎一)くんというのがいるのですよ。羽鳥くんは一緒に番組をやっていましたよね。

橋下)一緒にやっていました。

辛坊)親しいよね。あのクラスは、何というか、非常に性格がいい人が多いのですよ。フリーになる人はなんとなく性格悪そうなイメージがあるのだけれども、羽鳥も性格がいいし、桝くんは直接の接点はないのだけれど、噂を聞くといい人みたいですよ。

橋下)羽鳥さんが絶賛していて、何年か前なのですけれども「最大の脅威は桝さんだ」と羽鳥さんが言っていました。

辛坊)桝くんがうまいなと思うのは、日テレのいまの給与事情から見ると、あの年であれだけ頑張っている人が日テレの給料でやっているのは理不尽だなと思うので、たとえフリーになると言っても私などは応援したいと思うのです。でも世間の受け止め方は、なんか「金が欲しくてフリーになったのか?」みたいなイメージが付きまとうのですよ。ところが彼は助教。助教というと、一昔前でいう助手なのですね。研究者のヒエラルキーのなかでは一番底辺なのだけれども、そんなことは世間にはわからないわけです。そうすると「研究員になります」と言っても助教では絶対に食えないから、たぶんタレント活動を継続されると思うのです。そういう意味では、フリーでアナウンサーをやるということより、研究員になるのだという印象が先行するというこのやり方は、桝はすごいです。やはり。

橋下)いや、そんな腹黒いことは考えていないです(笑)。純粋に研究をしたいという。

橋下徹、増山さやかアナウンサー、辛坊治郎

橋下)でも、アナウンサーの人が独立してフリーになるという事情がなんとなく分かったのは、この間辛坊さんの読売テレビの後輩の女性アナウンサーが、私と古市(憲寿)さんのイベントの司会をやるということで挨拶しに来てくれたのです。以前だったらそういうイベント業のギャラというのは全部自分でもらってたいたのでしょう。だからそういうものは読売テレビに「辛坊ルール」というのがあるはずなので?、全部(ギャラを)自分で取れるのではないですか?と聞いたら、いまはできないと。

辛坊)もう全然。もうもうだいぶ前からですよ。だから私は会社を辞める直前ぐらいからものすごく厳しくなっていて、本もだめです。私が読売テレビ時代に出した本は、言っては何だけど、自分で書いていますから、印税はだいたい10%なのですよ。ところがそれ以降というか、いまは確か、本人に1%くらいで、全体の印税の9割くらいは会社が持っていきます。

橋下)結婚式の司会もだめなのですか。

辛坊)結婚式の司会などをやっている人はいないのではないかな。

橋下)いまは会社への届け出とか、そういうものが全部自分の○○と。辛坊さんの時代などは税金も払っていなかったでしょう(笑)?

辛坊)税金はフルで払っています。何てことを言うのだ! 自慢じゃないけれども、節税は一切やっていませんから。これは何回も言っていますけれども、US-2は買えないです。あれは150億円しますから。だけど小型飛行機3機ぐらい買えるだけの納税はしているから。

橋下)私は税務署ではないから大丈夫です(笑)

辛坊)本当だって。何てことを言うのだ!

増山)納税しているということです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ