初の平成生まれ代議士・馬場雄基「福島の復興は自分たちの代で成し遂げる」

馬場雄基衆議院議員

去年10月の衆院選・比例東北ブロックで初当選した馬場雄基衆院議員は、初の平成生まれ・全国最年少29歳の国会議員として注目を集めた。通常国会が17日に開幕するのを前に、RKBラジオ『櫻井浩二インサイト』に出演した馬場氏は「責任を持つ世代として、なんとしても自分たちの代で福島の復興を成し遂げる」と決意を語った。

櫻井浩二アナウンサー(以下、櫻井):そもそも馬場さんが国会議員を目指した理由は何ですか。

馬場雄基衆院議員(以下、馬場):出身地である福島の復興を何が何でも実現していきたいという思いで(出馬しました)。議員になる前は、松下政経塾で政治と経営を学びながら「福島の復興をなんとしてもやりたい、まずは現場から」と訴えていました。今回、(出馬の)要請をありがたくいただき、政治の方から変えていこうという思いです。

櫻井:福島の復興について「変えていきたい」とはどんなことですか?

馬場:いろいろあります。まずは海洋放出の問題。そのあとには、2045年に節目を迎える中間貯蔵施設の問題もありますし、さらに燃料デブリの問題もあります。どれか一つというわけではなくて、関係した方々が1日でも早く、昨日よりも今日、今日よりも明日をしっかりと歩み続けることのできる環境を、政治的に作っていかなければいけないという思いです。

櫻井:汚染水の海洋放出に関しては、地元の漁業関係者は本当に不安でしょうからね。

馬場:そういう声もたくさん伺いますし、一方で貯まり続けるタンクを不安視する声もたくさん伺っています。何よりも大切なのは対話と、そして適切な情報公開。この2つをしっかりと両面セットで進めていかなくてはならないと思っています。ただ、対話といっても、具体的に相手は誰なのか。関係者、縁がある人といっても、福島から離れている方々もたくさんいらっしゃるわけで、さらに言うと、風評被害は福島1か所だけの問題ではなく、複数の自治体にまたがって影響します。「この場所だけがいい」ということで済まないのが、復興の難しさを表しているのではないかなと思っています。

櫻井:最後に、馬場さんが将来目指すところは?

馬場:復興は長くかかる問題ですから、責任を持って取り組める場所にずっといたいと思っていますし、志高く、皆さんと一緒に挑めるような環境を自分なりに作っていきたいと思っています。

櫻井:大臣を目指すとか、総理になりたいというのは?

馬場:志は高くいたいですがまずは復興に携わりたいと思っています。絶対に次の代には誤ったあり方で受け渡したくないので、しっかりと責任を持つ世代として取り組んでいきたいと思っています。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

櫻井浩二インサイト
放送局:RKBラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:櫻井浩二、本田奈也花、馬場雄基
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

FUJI ROCK FESTIVAL’22まであと3週間!今年の見どころは

ラジオ日本で放送中の『MUSIC DELIGHT』(毎週木曜日24時~24時30分)は、7月7日の放送で、FUJI ROCK FESTIVALを主宰する株式会社スマッシュの広報・ブッキング担当の高崎亮さんをゲストに迎える。

ラジオ日本『MUSIC DELIGHT』は、DJ・岡村有里子がトレンド情報を交えながら最新の洋楽、邦楽を中心にお届けしている音楽番組。また、大の「台湾通」でもある岡村が、今注目が集まる台湾の音楽シーンについても紹介している。

日本の夏の風物詩とも言えるFUJI ROCK FESTIVAL、通称フジロック。2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受け延期、2021年は国内アーティストのみでの開催となった。今年は25周年の節目の年、3年ぶりに海外アーティストを迎え、本来のフジロックの形を取り戻しつつ新たなフェーズに挑戦する。開催期間は7月29日(金)から7月31日(日)までの3日間。

広報担当の高崎さんは、今年の出演者のブッキングについて色々な制約があり難航したと語る。その中でも、これぞフジロック!と言えるアーティストや、新風を吹かせるアーティストなど幅広い豪華出演者が揃った。放送では、高崎さんが特に注目するアーティストや今年の見どころを伺うほか、開催に至るまでの取り組みなど、普段なかなか聞くことができないフジロックを陰で支える人たちの話も盛り沢山でお送りする。

フジロックに出会い人生が変わった高崎さんが語る、今年のフジロックの魅力をお楽しみに!

Facebook

ページトップへ