木村洋二と明石英一郎はまだまだ突っ走る!フレッシュ女子も続々参戦「STVラジオ秋の改編」

木村学園長と明石隊長がヤバいぞ! ©STVラジオ

STVラジオはこの秋、ベテランとフレッシャーが融合した新番組やパーソナリティの変更で、来年の開局60周年に向けて新たなステージへ踏み出します。"一部の"リスナーから絶大なる支持を頂いた「洋二と明石の無口な二人」を発展的に終了。その木村洋二と明石英一郎の2人の大ベテランが若手たちを育みながら、新たな境地を切り開く番組を展開します。そして、音楽と情報を融合した「八幡淳の北海道ソムリエ」など、新たな顔ぶれも続々登場します。

【月~金13:40~】木村ヨウジ学園長が生徒会長の新人・油野純帆を教え育む"教育番組"…ということにして下さい

『聖ヨウジ学園』 月~金 ひる13:40~13:50(『まるごとエンタメ~ション』内)
出演:木村洋二、油野純帆(STVラジオ新人アナウンサー)
メール:ya@stv.jp

大ベテランアナの木村洋二と、この春に入社したばかりの油野純帆(あぶらの・すみほ)が、最新のトレンドやキーワードを始め、あらゆる角度から未来に必要な情報をぶつける、平日午後のミニ教育番組です…あくまで「教育番組」を自称する木村ヨウジ学園長であります。
 

【土曜13:00~】最後の昭和生まれの肉好き女子が、ベテラン明石を食べちゃうんでしょ?!

『明石のいいんでしょ大作戦』(毎週土曜 13:00~17:00)
出演:明石英一郎、加茂静夏(かも・しずか)
メール:aka@stv.jp

毎週土曜の午後、独自のレトロ路線で昭和を愛し、令和をディスりまくる『明石のいいんでしょ大作戦』。新たな明石のパートナーに、STVラジオの機動部隊「ランラン号」でキャスタードライバーを務めていた加茂静夏が参戦!。車からスタジオに居場所を替える加茂は、最後の昭和生まれ…ということで『いんでしょ大作戦』の申し子。好きなモノは肉!。これは、明石に立ち向かうには十分過ぎるスペック。昭和世代には"ハブとマングース"の戦いを見る気分で聴けること請け合い!

【日曜13:00~】仕切り役は沖縄生まれのナニワ育ち…イイ加減はアカンでぇ!

『イイ加減にしろっぷサンデー』(毎週日曜 13:00~17:00)
出演:しろっぷ(じゅんぺい、ひろし)、久保朱莉(STVアナウンサー)
メール:sp@stv.jp

北海道を中心に活躍するお笑いコンビ「しろっぷ」のじゅんぺいとひろしが繰り広げる『イイ加減にしろっぷサンデー』。春の番組スタートから半年…2人を放し飼いにし過ぎました。反省したSTVラジオ首脳陣は、しろっぷの"しつけ役"を投入することにしました。それが、STVアナウンサーの久保朱莉(くぼ・あかり)。表向きは番組アシスタントですが、特命任務はしろっぷの飼育係。沖縄生まれ・大阪育ちの久保朱莉が、北海道ドメスティックのしろっぷを2人に首輪をつけ、リードを離すこと無く、番組を導きます。より自由奔放で“わや”な番組へ…その手綱を握る久保朱莉としろっぷとの駆け引きをお楽しみに!

【土曜18:00~】スタジアムDJ・八幡淳が新境地へアーチを描く音楽と情報のフィールド

『八幡淳の北海道ソムリエ』(毎週土曜 18:00~18:30)
出演:八幡淳(やはた・じゅん)
メール:179@stv.jp

 北海道179市町村の魅力をラジオで再発見し、旅気分を味わう番組が『八幡淳の北海道ソムリエ』。番組をコーディネートする八幡は、STVラジオ『北海道ライブあさミミ!』の月・火も担当。北海道日本ハムファイターズのスタジアムDJやレバンガ北海道の会場MCを務める、スポーツファンにはちょっと知られたパーソナリティです。その47歳・八幡淳が、同世代40~50代のファミリー層に向けて、懐かしい曲とともにお届けする30分。ドライブ中にも最適な、旅気分にもなれる楽曲や、北海道の観光情報、旬の味覚、ローカルの話題を紹介します。さらに週末の北海道のプロスポーツや、ウインタースポーツ、2022年2月の北京冬季五輪に向けた道内選手の動向もお伝えしていきます。

 

【火~金19:00~】日本のポップスをノーカット&エピソードで堪能…今季も広島と一緒に

『MUSIC★J』(火~金 19:00~22:00)
出演:松崎真人(シンガーソングライター、選曲家)
メール:mj@stv.jp
 
 この秋~冬も、火~金の週4日の「シーズン6」のOAが決定!。スタートは10月26日(火)~。広島・RCCラジオと同時ネットです。70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に、フルコーラスを厳選掛け流しでお届けする3時間。滑舌のいまいちを補って余りある含蓄と蘊蓄に溢れた松崎真人のトークが、長い夜の心に刺さります。貴方の好きな曲、思い出の曲がきっと掛かる…それが『MUSIC★J』。
★10月22日(金)はプレシーズン『ナイタースペシャル MUSIC★J』(19:00~22:00)!RCCラジオ同時ネット。

【土曜17:00~】夕方にボンソワ~。メロディーメーカー・KANの真骨頂がここに!

『KANのロックボンソワ』(毎週土曜 17:00~18:00)
出演:KAN
メール:kan@stv.jp

放送時間が変わります。10月2日(土)から17:00~18:00と、これまでより7時間も早い時間のスタートとなります。コロナ禍にあっても、様々なミュージシャンとの配信ライブや、秦基博と仕組んだ"謝罪会見"と心打つ奇跡の合作「カサナルキセキ」など、音楽界に常に話題と新しいムーブメントを創り出すKAN。そのKANの魅力が詰まったSTVラジオの長寿番組『KANのロックボンソワ』は、この秋~冬、また新しい仕掛けを生み出してくれそうな予感です。ちなみに、KANは「ハロプロ」の弟分なのだそう。モーニング娘。’21やJuice=Juice、アンジュルムのファンのみなさんも、ぜひ聴いてみて下さい!。

木村洋二&油野純帆・久保朱莉が登壇!STVラジオ秋の改編記者会見

STVラジオ  ラジコURL/ https://radiko.jp/#!/live/STV

イイ加減にしろっぷサンデー
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~17時00分
出演者:しろっぷ(じゅんぺい、ひろし)、久保朱莉(STVアナウンサー)
番組ホームページ

【秋改編を代表して紹介】
札幌を中心に活躍するお笑いコンビ「しろっぷ」のじゅんぺいとひろしが繰り広げる4時間のトークワイドバラエティ。大阪育ちの久保朱莉アナが加わり、話題の幅が大きく昇華した日曜午後のひとときをお楽しみに!

※該当回の聴取期間は終了しました。

芝大輔、単独ライブ「穴掘り天国2」の構成について語る!『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』

文化放送超!A&G +にて毎週土曜日27:30から放送中の『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』。パーソナリティは、脚本家・放送作家の松原秀さんと、お笑い芸人「モグライダー」の芝大輔さん。

9月24日の放送では、モグライダー単独ライブ「穴掘り天国2〜芸能人大集合スペシャル〜」について語られました。

芝 我々単独ライブって数えるくらいしかやってないのね。
松原 うん。
 で、単独ライブにも2種類あるのよの。
松原 それも特殊だよね。2種類単独ライブのパターンがあるって。
 そう(笑)。昔、秀ちゃんに見に来てもらったやつは、準備とか着替えとかがあって本当に大変なのよ。
松原 どちらかというと、しっかり作りこまれてるというか。
 うん、そう!なんかね、いろいろ筋とか考えたりするのよ。
松原 うんうん。
 でも、この前やったやつは、俺たち何年か前にDVDを出してるんだけど(それと構成が同じで)、ネタをどれ入れるか迷うから、粗く候補出しといて、その場でリクエストしてもらったネタを披露しますっていうのをやったのね。
松原 うんうん。
 それが普段ライブとかでやってるやり方だから、それを入れちゃうのが一番いいんじゃない?っていうのを一回だけやったのよ。
松原 だって(今回のライブの)タイトルに「2」って書いてあるもんね。
 そう!1回目のDVDのタイトルが「穴掘り天国」なの。
松原 なるほどね!

また、芝さんたちは、1日に2公演行ったのが初めてだったそうで、昼と夜で内容を変えたのだとか。

 今回、ネタを16個くらい後ろに出しておいて、その中から(選んでもらったネタを)時間の許す限りやったのね。それだと自分たちも飽きないからって。
松原 うんうん。
 で、昼夜やれば、昼しかやらないネタ・夜しかやらないネタが出てくるから、必然的に内容が変わるしちょうどいいかなって思って。
松原 うん~!
 (選択肢の中に)新ネタを入れたんだけど、それは昼しかリクエストなかったの。
松原 そうなんだ。
 そう!でも、手応え的には夜の方が……。単純に最後だから「よっしゃあ!」ってやった感はある(笑)
松原 へえ~!
 昼は昼で全然よかったけどね。

松原さんは、芝さんに単独ライブの前夜について尋ねます。

松原 前日、地元帰ってない?
 そう!前日がこれ(『裏表』)よ。
松原 そうだ!前日がこれの収録して!
 そのまま最終の新幹線で地元帰ったね。
松原 浜松町で番組録って、そのまま愛媛に行ったもんね。
 そう。で、翌朝一番の飛行機乗って戻ってきて、単独ライブやったの。
松原 (笑)。すごいね!
 我ながらね(笑)。でも、そのやり方だったから行けたっていう話だけどね。

『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔 』第21回(9月24日放送分)はYouTube文化放送A&G 「裏表 松原秀とモグライダー芝大輔」チャンネルでアーカイブ配信中。

 

Facebook

ページトップへ