「自腹で”銀メダル”を全員に配った」コンサドーレ三上GMが明かすリベンジの決意

来週も三上GMが出演します。 ©STVラジオ

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』に、サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の三上大勝GMが出演。今シーズンの上位進出に掛ける決意の背景にあるものとして、一昨年の「ルヴァン杯準優勝」の際の裏側を明かします。”臥薪嘗胆”を地で行くようなエピソードに、吉川アナも驚きを隠しません。

3月12日の横浜F.マリノス戦では、後半50分のアディショナルタイム、まさにラスト・ワンプレーで、マリノスにゴールを決められ、痛恨のドロー。チーム100勝目と、その3日後にチェアマンに就任する野々村会長の”ラストゲーム”を勝利で飾ることが出来ませんでした。この悔しい結果を受け、話は2020年のルヴァン杯決勝で川崎フロンターレにPKの末に敗れ、準優勝に終わった”悔しい結果”に移りました。
 
吉川:あの悔しさがあるから、絶対もう一度、獲りに行くという次へのエネルギーになることもありますよね。

三上:当時の銀メダルって、わざと当時、選手・スタッフ全員に配ったんです。これは「よくやった」ではなくて、常に「この悔しさを忘れるな」と。本当は、あれ(銀メダル)はJリーグから選手分しか贈呈されないんですけど、僕の方でJリーグにわがままを言って、「製造費はプラス分、払うので、当時かかわった選手・スタッフ全員分、作って欲しい」と。

三上:それはホントに「よくやったな。俺ら準優勝したんだぞ」ではなくて「もう一回、この舞台に立つ」。「この銀メダルを常に持ってろ」と。「あの悔しさを忘れるな」と言う意味、メッセージを込めて全員に、クラブとしてお金をかけてでもJリーグにプラスで作ってもらって、それをみんなに渡してる。それをいま持ってる選手が数多くいるんで、そういう悔しさを次につなげたいなと思ってます。

三上:あのルヴァンの決勝がいま語られて、それがあるから今があるように、今シーズン、この「悔しさ」を、「これがあったから、こうなったよね」って言えるように頑張って行きたいなと思ってます。

今でもサッカーファンの間では名勝負のひとつに数えられる2020年のルヴァン杯決勝。コンサドーレは敗れましたが、その裏で「悔しい銀メダル」が全員に配られていたという秘話。それを明かした三上GMの心には、野々村チェアマンを継いで、コンサドーレを「新しい景色」へ導く強い決意があることを感じます。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

4月2日(土)からは、その名も『ノノさんの朝ごはん』。”チェアマン”がレギュラー出演!

4月からも土曜の朝はノノさんで! ©STVラジオ

土曜日のあさ7:30は、4月2日から装いも新た(?)に新番組がスタートします。タイトルは『ノノさんの朝ごはん』。Jリーグチェアマンに就任した野々村芳和・元コンサドーレ札幌会長が、引き続きSTVラジオの週末のキックオフに登場です。

これまでの『GO!GO!コンサドーレ』と同様に、ノノさんのグルメ話が満載!。「半年でJリーグ58チームのホームに行く」と公言している野々村チェアマン、全国各地のご当地グルメの話が聴けるでしょうか?!。もちろんチェマンとしての視点で、サッカーのこと、Jリーグのことも話してくれることでしょう。

”サッカー番組のようでサッカー番組でない”という、これまでのスタイルは変わることなく、サッカーファンでなくとも楽しめる番組です。

現職のJリーグチェアマンがレギュラー出演する『ノノさんの朝ごはん』。お相手は引き続き、吉川のりおアナです。…ちなみに、番組タイトルはノノさん自身が「こんな感じがいいんじゃない?」と提案してくださったそのまんまです。

STVラジオ『ノノさんの朝ごはん』(4月2日スタート! 毎週土曜あさ7:30~8:00)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:三上大勝(北海道コンサドーレ札幌取締役・GM)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

北海道コンサドーレ札幌の元会長・野々村芳和さんがチェアマンとして巣立った後をしっかり守るのが、三上大勝GM。ノノサンと長年、二人三脚でコンサドーレを司って来た三上GMが、コンサドーレ情報をたっぷりお伝えします。もちろん”ノノさん路線”のグルメ話も盛りだくさんです!

メール:hcs@stv.jp
Twitterハッシュタグ:#GOGOコンサドーレ

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ