城南海 15周年コンサートは奄美の『ウタアシビ』でみんなが繋がる

TOKAI RADIO『bre:eze』(ブリーズ 月~金15:00~17:00 DJイレーネ)2月22日(木)の放送に、鹿児島・奄美大島出身の歌手、城南海(きずき みなみ)がゲスト出演した。デビュー15周年の城(きずき)は、先月1月14日に、記念アルバム『浪漫(ろまん)』をリリースしている。

新アルバム『浪漫』について

「今回のアルバムには、奄美の民謡、島唄特有の歌い方は入っていない。自分の中から出てくる本来の声の響き、その表現が出ているかなと思う。(アルバムに収録されている)去年配信の3曲は、愛のうた3部作。それに加えて、自分の内面を見つめるような曲が多い。大事な故郷・奄美の景色とか、周りの大切な人への感謝の気持ちとか」

「届けたいという気持ちで、こぶしをいっぱい入れて歌い上げるというより、自分を見つめながら、内に向けて歌っているような曲が多い。わりと身近なテーマでもあるし、普遍的なものでもあって、みなさんの日常の中で、重ね合わせながら、聴いていただけるアルバムかなと思う」

歌い方は変わってきたか?

「内面を出したいという思いが強くなってきたのが、大きな転機で言うと、コロナ禍の2020年。森山直太朗さんが『産声(うぶごえ)』という曲を書いてくださった。そのとき、直太朗さんが『これまでの歌い方も、もちろん素敵なんだけど、それを一旦置いておいて、自分がベッドにいて、キッチンに立っているお母さんだけに聴こえるような、そんな距離感の歌い方ってどうかな』というので、そういう歌い方にチャレンジしてみた」

「今、ここにいる自分というだけで出てくる声、それを感じたときに、これまでは、民謡を歌いたいとか、広めたいとか、語り部みたいな気持ちで歌っていた。自分の中から出てくるものも大事だなと思って、それが自分らしさに繋がるのかなと思って歌った。そこから、歌い方が変わってきたかな」

アルバムのジャケット写真がきれい

「奄美の大浜海浜公園で、たまたま、きれいな夕日を見ることができた。海も空も真っ赤に染まっていた。マネージャーが撮った写真が、そのまま、ジャケット写真に採用された」

コンサートツアーが間もなくスタート

『ウタアシビ2024~浪漫~』が、4月14日にスタートする。東海エリアは、4月29日(月・祝)名古屋・今池のボトムラインで開催。城は「新しい曲、これまでの曲、織り交ぜて構成するのは結構大変だが、みなさんが心地よく、すっと、その世界に入っていけるようなライブにしたい。歌い方も、それぞれの曲で、楽しんでもらえたら」

故郷・奄美でのコンサートも

ツアーに先駆け、3月16日には、地元・奄美で、15周年記念コンサートが行われる。城は「奄美の人たちともコラボしながら、民謡も織り交ぜながら、みなさんと『ウタアシビ』したいと言っている。コンサートのタイトルにも付けている『ウタアシビ』は、歌って遊ぶこと」

「奄美の民謡は、みんなで集まったときに、セッション、会話するように歌い合う。みなさんと一緒にウタアシビができたらいいなという思いで付けたタイトル。奄美のコンサートと並行して、ファンクラブツアーも開催する。島外からも何十人といらっしゃる。みんなで島のコンサートを楽しみたい」

これからの抱負を

「コロナ禍で歌えない期間も大変だったりしたので、これからは、国内外、たくさんのところに、ウタアシビに行って、みなさんと繋がっていきたいと思うし、自分の中から出てくるもの、自分で曲を作るとか、絡めていきたい」と話し、新アルバムの中から、タイトルチューンの『浪漫』(作詞作曲:笹川美和)をオンエアした。

bre:eze
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 15時00分~17時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ