東海オンエア・としみつは彼女ができて落ち着いたのか?

今週の『東海オンエアラジオ』(東海ラジオ 毎週日曜日 22:00~22:30放送)は、としみつ、虫眼鏡、ゆめまるの3人で放送。としみつの彼女についての質問も多く寄せられた。

やっぱりアポなし電話は打率が低い

今週のメーン企画は、以前てつやの出演回で実施したリスナーアポなし電話。収録が祝日の午前中であったため多くのリスナーにつながる事が期待されたが、結果つながったのは1人だけだった。唯一電話に出たのがラジオネーム「あやまるさーーーん」も突然の電話に「え?やばっ!?」と驚きを隠せない様子だった。妊娠中だという「あやまるさーーーん」に向けて3人からもエールが送られた。

としみつは彼女ができて落ち着いた?

ふつおたのコーナーには、としみつに彼女ができたことに関する質問が多数寄せられた。中でも「彼女ができたことで変化したことは?としみつさん最近落ち着いた、カッコよさが増したと思う。」とのお便りにとしみつは、「彼女できたから落ち着いたとか言うのはない!俺は、何も変わらない。みんながそう見ているだけ!」と語気を強めた。これには、虫眼鏡も「僕にも逆の事が起こっている。『彼女と別れてから、なんかおかしい』といわれる。そんな事ないよと思う。」と同調した。「彼女に作ってもらってうれしい料理は?」との質問には「自分の母親作ってくれておいしかった料理をおいしく作ってくれるとうれしい。肉じゃがとか、子供っぽいご飯が好き。」と語った。まだ、彼女に作ってもらったことは無いそう。

としみつ、酔っ払うと彼女に電話しちゃう。

彼女とののろけ話を求められたとしみつは、「のろけ話はない」と一言。これにゆめまるは「え~。タピオカ飲んだんじゃないの?」と追求。としみつは「なにものんでませ~ん。」と照れを隠しながら答えた。その上で、「俺、酔っ払うと電話しちゃう。」「通話つないだまま、寝ちゃって朝起きてもつながったままとか。」「高校生みたい。」と幸せそうな一面を暴露した。終始スタジオはしあわせムードが漂っていた。来週11月3日の放送も、としみつが登場予定。彼女とのエピソードがさらに語られるのかにも期待したい。

東海オンエアラジオ
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:東海オンエア
番組ホームページ
公式Twitter

人気YouTuber東海オンエアのレギュラー番組。動画では見られない彼らの一面が聞けるのはこの番組。

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ