東海オンエア・てつや、自身の番組で結婚についての質問攻めに!

東海ラジオ『東海オンエアラジオ』(日22:00~22:30)8月21日の放送は「てつや結婚おめでとうスペシャル!」先日、峯岸みなみとの結婚を発表したてつやに、ゆめまる、虫眼鏡が、手荒い祝福?トークを浴びせて、番組を盛り上げた。

番組が200回を迎えるのに合わせたかのように、てつやの結婚が発表され、番組冒頭では、特別に制作された記念Tシャツがスタジオに持ち込まれ、メンバーたちのテンションも一気に上がった。Tシャツには、交際報道時のてつやのコメント「応援よろしくお願いします。あと愛してる」の文字が。

ゆめまる、虫眼鏡から、改めて「おめでとう」と祝福され、また、結婚報道後、地元・岡崎でのロケのときには、集まった住民から、多くの「おめでとう」の言葉が掛けられたそうだ。てつやは「2クラス分ぐらいの拍手・おめでとうだった」と話し、虫眼鏡は「ファンと推しとの結婚は、あこがれで、その賞賛もあったのでは」と続けた。

この日の番組のメインは、結婚についての質問に、てつやが答えるというもの。まず「プロポーズのシチュエーションと言葉を教えて」には「夜の出来事で、白のタキシードを着ていた。そして、そのとき、いったい何をしたのか?何と言ったのか?は、9月1発売、峯岸みなみスタイルブックに記載されている。そちらをお買い求めください」と答えた。

これには、ゆめまる、虫眼鏡から強烈なツッコミが入ったが、てつやは「彼女もテレビの生放送で発言を控えていたので、自分が先にいうのはアレかな、ということ。夫婦のネタには限りがあるので」と説明した。ゆめまる、虫眼鏡は、内容を聞かされて知っているので「ちなみに、ちゃんとおもしろい内容なので(スタイルブックを)見たほうがいいですよ」と推薦していた。

続いての質問は「初デートの場所は?」てつやは「出会って初めて食事に行ったのは(共通の友人を含め)3人だった。結婚発表の前にもいろいろ質問されたが、結婚も視野に入れながら、簡単に情報を出したりしないようにしようと思っていた。デートというと家デート。映画を見たりしていた」そうだ。そして「(交際が)バレてから最初に行ったデートは、岡崎めぐりかな」と明かした。

ここで、番組では、改めて、てつやの結婚発表の文章が、虫眼鏡によって読み上げられ、てつやは「ちゃんと読まれるの、ハズッ!」と照れていた。続いての質問「普段、お互いにどう呼び合っているか?」については「みーちゃん。てっちゃん」と答え、ゆめまるから「おじいちゃん、おばあちゃんになっても、ニックネームで呼び合ってほしい」と要望されていた。

さらに、結婚のきっかけについては「昔から、付き合うときには、結婚を意識していた。じゃないと付き合えないところがあった。今回も、付き合うときから結婚は頭にあって(結婚までが)早すぎると世間的にもよくないんじゃないかと思ったから、付き合ってきた歴が追い付いてきたなというところで決めた。気持ち的には、すぐにでもよかった」

「相手の親への挨拶は緊張した?」という質問には「緊張した。そのときの話の内容は、他愛もないものだった。結婚を決める前の、付き合っている彼氏の立場のときだったが、あとで、彼女のお母さんが『みなみが幸せそうな顔をしていて、うれしかった』と言ってくれた。それで、認めてもらえたのかなと思った」と話した。

最後に「今の気持ちを5・7・5で表すと」と聞かれ「ああうれし 結婚できたよ まじ、やった」と答えた。そして、番組の最後には「みなみー!」と叫んで、幸せな気持ちを全身で表していた。

東海オンエアラジオ
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

北朝鮮の衛星打ち上げに佐藤優「解決策は、金正恩と友達になるしかない」

北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、金正恩朝鮮労働党総書記が兵器開発を担う兵器開発を担う国防科学院で演説し、偵察衛星が発射後のエンジン異常により自爆したと明らかにした上で、宇宙偵察能力の保有が国家防衛のための優先課題だと述べたことを報じた。

野村邦丸アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂』(文化放送・月曜日~金曜日9〜13時)5月29日の放送は、元外務省主任分析官で作家の佐藤優が週替わりパートナーを務め、このニュースを解説し、日本は「日朝国交正常化を目指すべき」だと述べた。

野村邦丸(パーソナリティ)「北朝鮮のニュースは、日中韓首脳会談が大きく関係しているというのが、佐藤さんの見立てです」

佐藤優「日中韓首脳会談で朝鮮半島の非核化が重要であると言ったら、北朝鮮はものすごく反発したんですね。“絶対に核は手放さない、核は使ってやるからな”という脅しですよね。しかも、北朝鮮は失敗を認めたでしょ」

邦丸「いち早く認めました」

佐藤「ということは自信があるということなんです。機械ですから実験をして失敗するのは当たり前。失敗をすぐ認めてるのは、絶対に核は手放さない、逆に成功の目途が立っている。けっこう怖い話ですよね。それと、今年に入ってから北朝鮮は変わってきてます」

邦丸「変わってきているというのは?」

佐藤「今まで韓国は友達だったんです。ところが、今は、韓国は第一の敵。自分たちの仇をなすなら核兵器を使う。かなり北朝鮮の考え方は変わってきている。ですから緊張しているということを押さえなければいけない」

邦丸「では、どうしたらいいですか?」

佐藤「アメリカのトランプ氏の発想は単純だけど、意外と正しい。彼の発想は、“意思×能力”。能力というのは、北朝鮮が持ってる核兵器とミサイル。この能力を潰すために、どうすればいいか?戦争をするとコストがかかるから、能力は消去できない。だから、意思を消化すればいい。トランプ氏の発想は、金正恩総書記と友達になるということ。友達になれば、意思を極小化できる。そうすれば、アメリカにミサイルは飛んでこない。こういう発想ですね」

邦丸「日本の場合はどうしたらいいですか?」

佐藤「トランプ氏の公式通り、友達になるしかない。そのために一番良い方法は、日朝国交正常化。外交関係がある国というのは、お互いに侵略をしないという約束をする。もちろん約束は守らないかもしれない。でも、約束があるかないかはだいぶ違う。今、そういう状況にきてるから、北朝鮮と対話しないといけない」

Facebook

ページトップへ