元中日ドラゴンズ松田亘哲 4年間の選手生活を振り返る

TOKAI RADIO『C.A.M.P.BASKET』(日17:00~19:00 DJ小島一宏)12月3日の放送に、今シーズンで現役を引退した中日ドラゴンズの松田亘哲(ひろあき 26歳)さんがゲスト出演した。松田さんは、2019年のドラフトで育成選手として指名されドラゴンズに入団。左腕投手で背番号は207。1軍公式戦での登板はなし。在籍期間は4年だった。

松田さんが注目されたのは、その経歴。地元愛知県出身で、小学生で野球を始めたが、高校時代はバレーボール部に所属。名古屋大学に入学し再び野球部に。学生時代の活躍が話題となり、2019年のドラフト会議で、ドラゴンズから育成選手1位指名を受けた。名古屋大学からドラフト指名された初の選手となったが、この秋、戦力外通告を受けて、現役を引退した。

ドラゴンズの4年間をどう振り返る?

「はじめは、どの球団に行けてもうれしいだろうなと思っていたが、今、振り返ってみると、やっぱりドラゴンズに入れたことは光栄で、自分にとってすごくよかったなと思う。地元(愛知)で生まれ育って、自分にかかわるみなさんが試合を見に来られたのは大きかった。両親や周りの方々に、自分がプロになってドラゴンズのユニフォームを着て投げた姿を見てもらえたのは大きかったと思う」

プロの世界に入ってみてどうだった?

「知らないことも多かったが、2年目以降は、怪我なく投げられたというのは、自分の中で、やりきった感につながっているかなと思う。1年目に怪我をしたから、気づけたこともあるし、新しい自分にも気づいたことがある。最初はがむしゃらに行ってしまった。自分はドラフトの中で(育成選手は)ひとりだけだったので、ほかの人とは差があるので、それを埋めるために、これまでは練習量が足らないと思っていたので、それが怪我につながってしまった」

「1軍を目指してやっている中で、結果が出ないまま、年齢を重ねていくと、どんどん終わりが近づいてくるので、そういう点では、後半の2年は焦りがあった。その時は結構、苦しかった」

4年間は野球漬けの毎日だった?

「入団してすぐにコロナで、外出も制限された中で、野球に向き合わざるを得ない状況だったので、どちらかというと、24時間、野球のことを考えていたと思う。でも、野球のことを考えれば考えるほど、それは、あまりよくないことだと自分は思った。やっぱり、練習は練習、休むときは休む。メリハリが必要」

「プロの世界に入って、野球以外のことをしなくていいというと変だが、食事の心配もしなくていい。通勤時間もない。自分の時間をすべて野球に使える。自分で決めて、それをやったら休憩、リラックスの時間を持つ。そう考えられるようになったのは、結構、後になったからだった。張りつめているばかりでは、発揮できないものがあるのかなということを、やってみて初めて思った」

本当はまだまだユニフォームを着ていたかった?

「結果を残したかったし、最後の年は、自分の中でスタイルチェンジしたシーズンだったので、覚悟はできていたが、自分でできることは、まだまだ、やりたかったとは思う。(育成選手の契約は3年でいったん切れる。)3年目は、ある程度覚悟してやった上で、もう1年いただけるとなったので(残念)」

さあ、これからどうする?

「今、就活中。自分と向き合う時間も長くて、いろいろ考えることができたので、もしかしたら、この4年間を今後の人生に生かせるんじゃないかなと思う。最近、いろんな方のお話を聞いて、やっと、そう思えるようになった。野球で学んだことのひとつは、その場において必要じゃないことを考えないということ。この1球をどう投げるかに集中できるかどうか。今、どうするかにフォーカスできたら、もっとシンプルになるということ」

最後にDJ小島一宏は「1年2年たってから、もう1回話したい」と提案し、松田さんも快諾していた。今後の活躍に期待して注目したい。

C.A.M.P. BASKET
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週日曜 17時00分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ