横浜DeNAベイスターズ・佐野恵太選手の目指す姿とは?

佐野恵太選手

2023年セリーグで打率3割を超えたバッターは宮崎敏郎、西川龍馬、サンタナの3人だけ。2割台がほとんどであるにもかかわら3割打っていないと打撃不振と言われてしまう、それが横浜DeNAベイスターズの安打製造機、佐野恵太選手だ。そんな首位打者も獲った佐野選手にドラフト9位での入団について伺うのは少し失礼だったかもしれないが、佐野選手のあくなき向上心の源を知りたいと、質問した。

はたして佐野選手は、ドラフト会議の日の待ち時間が長かった事、そして「あの時の自分に『何年か後に首位打者獲れるよ』って言っても信じないだろうな。」と、偽らざる気持ちを語ってくれた。そこにあったのは押しも押されぬベイスターズの中軸となった今も佐野選手の中にある謙虚さと危機感だと思った。

佐野選手は入団後、筒香選手と宮崎選手、左右の球界を代表するバッターである先輩にバッティングをずっと聞きに行ったという。「先輩2人に本当バッティングのことをずっと聞きにいってました。何かひとつでもふたつでも、本当些細なことでも、どうやって打席立ってるのかとか、どんなこと練習しているのかとか、全部聞きにいきましたね。」

そして危機感はバッティングフォーム改造につながっていた。「危機感は常に持っています。毎年NPBは入ってくる選手と同じ数、辞めていってるわけですから。」佐野選手の代名詞、クローズドスタンスをスクエアスタンスに変えることに迷いはなかった。「フォームを変えたいなっていうのは、昨シーズンの途中ぐらいから思ってはいたんですけど、なかなかシーズン中だったので大きくガラッとという風には難しかったので、最後ケガもありましたし、オフシーズンの間に見つめ直してみようかなと思いました。」

佐野選手が目指すのはダイエーや西武、阪神で活躍した実の伯父さん、佐々木誠さん。佐野選手同様、首位打者、最多安打のタイトルを獲得した元プロ野球選手だ。おじさん越えには、長くトップ選手として活躍すること。そして、おじさん同様、自身の活躍でチームの優勝に貢献することも必須になってくる。「個人としてはキャリアハイ、チームでは優勝したい。」佐野選手は燃えていた。頑張れ、佐野恵太選手!

日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 15時30分~16時00分
出演者:モリタニブンペイ、安藤咲良
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ