木村カエラさんやメイプル超合金がナビゲーター!秋スタートの新番組まとめ

9月の終わり頃から10月の始まりにかけて、ラジオ各局では様々な新番組がスタートしましたね。今回はその中から特にオススメの新番組をピックアップしました。

夜活にオススメの音楽をお届け!

TBSラジオ『TOKYO JUKEBOX』

TBS

「夜空を見ながら口説くときに聴かせる曲」「夜、悩み相談してきた後輩にアドバイスと共に贈る曲」など、夜活にちなんだテーマを設定して夜のサポートミュージックをお送りします。

■放送日時:毎週火曜日~金曜日 17時50分~22時
■パーソナリティー:マキタスポーツ、篠原ともえ、やついいちろう、蟹江一平

自由な2人が台本なしで語り合う1時間

文化放送『いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン!』

不定期で放送されてきた『いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン! 』がついにレギュラー番組としてスタートしました。自由な2人が台本なしであらゆる話題について語り合います。

■放送日時:毎週土曜日 19時~20時
■パーソナリティ:いとうせいこう、みうらじゅん

メイプル超合金がラジオ初レギュラー!

ニッポン放送『新発見!有楽町合金』

メイプル超合金がラジオのレギュラーパーソナリティに初挑戦します。メイプル超合金らしさ溢れるトークに、コーナー企画やリスナーとのコミュニケーションも予定しています!

■放送日時:毎週土曜日 18時~20時
■パーソナリティ:メイプル超合金 (カズレーサー、安藤なつ)

木村カエラさんと“cosmic”のように無限につながる30分

TOKYO FM『木村カエラcosmic☆radio』


人気女性アーティストの木村カエラさんが約7年ぶりに全国ネットのFMラジオでレギュラーパーソナリティを務めます。木村カエラさんの近況や、意外な素顔にも出会えるかもしれません!

■放送日時:毎週日曜日 15時~15時30分
■パーソナリティ:木村カエラ

日替わりの出演者で送る新しい音楽プログラム

J-WAVE『SONAR MUSIC』

いま聴くべきフレッシュな音楽を発掘していく新しい音楽プログラム! 話題のアーティストからネクストブレイク間違いなしのニューカマーまでいち早くチェックします。

■放送時間:月曜日~木曜日の23時30分~25時
■ナビゲーター:藤田琢己
■日替わりの出演者
月曜日:emma、火曜日:DAOKO、水曜日:Licaxxx、木曜日:水野良樹(いきものがかり)

頑張る女性を応援する爽やかなプログラム

ラジオ日本『Hello!I,Radio-ハロー!アイレディオ-』

この番組を聴いて気持ちのいい一日に!をコンセプトに仕事、グルメ、ファッション、お金、恋愛など身の回りの話題や情報を素敵な音楽とともに、落ち着いた女性目線でお伝えします。

■放送日時:月曜日~木曜日 9時~11時30分
■パーソナリティ:栗原美季、夏江紘実、瀧口俊介

柴田阿弥さんがSKE48卒業後、初メインのラジオレギュラーに!

MBSラジオ『ザ・ヒットスタジオ 火曜日』

SKE48を卒業後、初メインのラジオレギュラー番組となる柴田阿弥さんとセントフォース関西所属の伊東紗冶子さんが、90年代ソングから最新ソングまでヒット曲満載でお届けする音楽番組です。

■放送日時:毎週火曜日 25時~26時
■パーソナリティ:柴田阿弥、伊東紗冶子

作品が生まれた時代背景や創作についてインタビュー

FM COCOLO『SPARXグループ RADIO EUTOPIA』

ミュージックシーンの最前線で長きにわたって活躍する、日本の音楽プロデューサーやアーティストがマンスリー・ゲストで登場。10月は藤井フミヤさんをお迎えしてお届けします!

■放送日時:毎週土曜日 19時~20時
■パーソナリティ:加藤美樹

 

聴き逃した新番組の初回放送もradikoのタイムシフト機能を使えば聴くことができますよ!

▼radiko.jp ホームページ
http://radiko.jp/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、今まで聴けなかったラジオ局の番組も聴くことができます。

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

▼radiko.jp 「タイムフリー聴取機能」の情報はこちら
http://radiko.jp/rg/timefree/

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ